タグ:花・野草 ( 192 ) タグの人気記事

京都西山 川久保からポンポン山

5月5日に、川久保からポンポン山を経て、水無瀬方面へ歩いてきました。
今回は、川久保からポンポン山まで。

高槻市駅からバスで、川久保で下車。
川久保渓谷沿いの、ポンポン山林道を歩きます。

渓谷入り口付近に咲いていたシャガ。
e0035757_22272815.jpg
なんか顔にも見える?

花は咲いていませんでしたが、ユキノシタも。
e0035757_22281359.jpg
薬用にも使われるユキノシタの葉は、天ぷらにしても美味しいらしい。

進んで行くと、全国水源の森百選の記念碑がありました。
道沿いには、ゼンマイの胞子葉や、
e0035757_22283711.jpg
ナンテンショウの仲間の仏炎苞が見られます。
e0035757_22284821.jpg
岩場に生えていたのは、チャセンシダかな?
e0035757_22290093.jpg
川向うに咲いていた、フジの花。
e0035757_22291139.jpg
川久保バス停近くでも、フジの花は見られました。

散策している地元の方に合いました。
話を聞くと、野鳥の渡りを観察に、川久保渓谷に来る人も多いようです。

山道への分岐にまで来ると、クリンソウがさいていました。
さらに登ると、休憩所があり、ここもクリンソウが咲いています。
e0035757_22295123.jpg
上の方は、まだツボミ。
e0035757_22300903.jpg
クリンソウの近くには、ムサシアブミが。
e0035757_22304068.jpg
ナンテンショウ属のムサシアブミ。
e0035757_22305187.jpg
見るのは初めてかも。

他に、ミヤコアオイの花や、
e0035757_22311069.jpg
ヤブレガサ。
e0035757_22312358.jpg
ヤブレガサの花は秋に咲きます。

山道をどんどん登ると、崖側にサンショウの木に花が咲いていました。
e0035757_22313679.jpg
我が家の庭にも、植えた覚えもないのに、サンショウの小さな木が生えています。
たぶん小鳥が運んでくるのでしょう。

谷筋を登り終え、尾根へ出る辺りで、マツの木に小さな影が下から上へ走りました。
何だろう、影になって見えずらい。

最近目が見えずらい事がよくあります。
リスかも、と思い写真を撮って、画像を見てみると。
e0035757_22321090.jpg
二ホンリスです。
西山を歩いていると、たまに森のエビフライが落ちていて、リスがいるのはわかっていました。

今までリスの写真を撮ろうと思っても、ブレたり、ピンボケばかり。
ようやく、ましな写真が撮れましたよ。

山道を進むと、ポンポン山山頂に到着。
多くの人で賑わっていました。
[PR]
by kou_shino | 2018-05-13 22:35 | 京都西山(23頁) | Comments(0)

大阪府 茨木市 北山自然歩道 4月下旬

茨木市の北山自然歩道周辺は、自然が残る里山があり、気に入っている場所です。
今回も、例の野草を見るために、4月22日の日曜日に訪れました。

阪急茨木市駅からバスに乗り、忍頂寺経由で長谷口のバス停で下車。
長谷口のバス停から、飲料水を買いに見山の郷という施設に寄ると、施設の壁にツバメが巣を作りに飛び回っていました。
e0035757_23195367.jpg
横の田んぼの畦には、カンサイタンポポがたくさん咲いている。
e0035757_23201625.jpg
川沿いにはカワトンボの仲間が多く見られます。
e0035757_23211028.jpg
e0035757_23212920.jpg
長谷の棚田を過ぎて林道を進むと、ネコノメソウが種を付けていました。
e0035757_23215208.jpg
道沿いにはマムシグサも多い。
e0035757_23220855.jpg
道端に飛んできたシリアゲムシ。
e0035757_23222531.jpg
ため池に近ずくと、ドボン、ドボン、と水音がします。
ウシガエルが人の気配を感じて、池に飛び込んでいるもよう。
e0035757_23225127.jpg
クサガメも甲羅干し中。
e0035757_23230944.jpg
かなり大きく、近づいても逃げませんね。

こちらのカメは、頭部を見ると、イシガメかな、と思いましたが、甲羅のキールがクサガメっぽい。
e0035757_23232819.jpg
ウンキュウなのかな?

山の中の集落を過ぎて、下音羽川沿いの道へ進むと、アケビの花がたくさん咲いています。
e0035757_23293556.jpg
フジの花はまだツボミが多い。
e0035757_23295774.jpg
さらに進むと、江戸時代に提灯測量で造られた深山水路へ。
水路沿いの遊歩道を進むと車作のバス停へ。
バスの時間が変更されているようで、少し不便になったもよう。

ルート近くにある、例の野草、シュンランの咲いていた場所に行くと、前回見た場所には痕跡もありません。
盗掘されたのか、環境の変化で枯れたのかな、と思いつつ、周辺を探して見ました。

花が咲いていないシュンランらしき植物はありました。
今回はダメかな、と思いつつ諦めて先に進もうと思ったら、咲いていましたよシュンランが。
e0035757_23311599.jpg
別の所にも咲いています。
e0035757_23313271.jpg
花の色が葉っぱと同じ色なので、少しわかりにくい。

シュンランが咲く里山、いつもでも残したい場所です。
[PR]
by kou_shino | 2018-04-29 23:35 | 大阪府(82頁) | Comments(0)

奈良県 葛城山麓の道

古い山渓の雑誌を見ていたら、葛城山麓の道が載っていたので見てみると、以前歩いた葛城古道の続きでした。

葛城古道は、風の森峠から、高天彦神社、一言主神社を経て六地蔵までのルート。
続きは、六地蔵から笛吹神社、葛城山麓公園を経て、綿弓塚から竹内街道へのルートです。

名称は葛城古道ではなく、葛城山麓の道となっていました。
気になったのは、地図が古い事。南阪奈道路がまだありません。

4月1日の日曜日に、葛城山麓の古道を歩いてきました。
近鉄御所駅から六地蔵を目指します。

前回も帰りに寄った、崇道神社へ。
境内に生えている、幹廻り4m以上のムクノキやムクロジの巨木。
e0035757_22483240.jpg
巨大なムクロジ。
e0035757_22484782.jpg
御所市観光ガイドのサイトでは、幹廻り4.25mとあります。

さらに進めば、大きなカヤが見えて来たら、鴨山口神社。
鳥居横のサクラは満開。
e0035757_22490619.jpg
道路を越えれば、巨岩に6体の地蔵が刻まれた六地蔵へ。
ここからが前回の続きに。

猿目橋を過ぎて、上りが続く葛城ロープウェイへの道路を進むと、サクラ並木が見えてきた。
サクラの木が生えている斜面は、かなり広い一帯をゲートで囲い何か生き物を放牧しているらしい。
e0035757_22492990.jpg
どうやらヒツジのようです。

大きな水車がある所から、山麓の道へ。
振り返ると、先ほどのヒツジ放牧場の斜面が見えました。
e0035757_22494581.jpg
サクラの右下にヒツジがいます。
山麓の道を進むと、田んぼの畦には、ツクシが終わり、カンサイタンポポが咲いています。
e0035757_22510046.jpg
あちこちで、キジの鳴き声が聞こえますが、道はずっと舗装されています。
地図のルートがはっきり分からないので、グーグルマップと近畿自然歩道を見ながら笛吹神社へ。

円形の柱で造られたシンプルな神明鳥居が見えたら笛吹神社。
正式な名前は、葛木坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)
e0035757_22513060.jpg
境内にはイチイガシが群生し、奈良県の天然記念物に指定されています。
階段を上がると、境内に大砲が。
e0035757_22524979.jpg
日露戦争の記念に政府から奉献されたロシア製「加農攻守城砲」との事。

神社を後にして、山麓公園を目指します。
サクラ越しの葛城山。
e0035757_22530635.jpg
葛城山麓公園の近くに気になる看板が。
e0035757_22532031.jpg
マムシは分かりますが、ハビが何のことか分かりません。
ハビっ何?

気になりながら公園の入り口まで来ると、今度は。
e0035757_22533585.jpg
ハブ居るの?奈良県に。

あとで、調べてみると、マムシの事を方言でハビとかハブという地域があるらようだ。
ハビとかハブは、食べるという意味の「食む(ハム)」に由来するらしい。

葛城山麓公園は、桜の名所になっているらしく、満開の今、訪れる人がとても多い。
周囲の駐車場は全て満車です。

公園に行くのをやめました。

道標頼りに進んでいくと、何かおかしい。
あるべき道がなく、進んでいくと広い車道にでました。

南阪奈道路が横切って、ルートが変わってしまったんでしょうか。
よくわかりません。

しかし綿弓塚への標識があったので、何とか芭蕉ゆかりの綿弓塚に到着。
この辺りは竹内(たけのうち)という土地で、竹内街道が通り、昔は宿屋や茶店が多かったらしい。

松尾芭蕉が、のざらし紀行の旅に出た時に同行した、俳人千里の郷里。
千里が芭蕉を郷里に案内し、千里の家で10日ほど滞在したもよう。

「わた弓や琵琶になぐさむ竹のおく」芭蕉

綿弓は、秋の季語、「綿打ち弓」ともいい、種を取り除いた綿をはじき打って精製する弓のような道具。
打つ時に、ヴューン、ヴュ-ンと琵琶のような音がでます。

芭蕉の資料が展示してある、休憩所に置いてあった綿弓。
e0035757_22545709.jpg
思ったより大きかった。
[PR]
by kou_shino | 2018-04-15 22:56 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

京都西山 西山古道散策

料理をやり始めて、約1年。
最初に購入した、テフロン加工のフライパンの底に傷が目立ち始めました。

テフロン加工のフライパンは、コーティングが剥がれてくると買い替えなければいけないので、この際に鉄のフライパンを買うことに。
いろいろ考慮した結果、リバーライトの極・炒め鍋28㎝を購入。

極・炒め鍋は、深型の鉄フライパンですが、錆びにくく手入れが簡単な中華鍋。
最初は油慣らしをして、調理の前に油返しをする必要があります。

最初に作った料理は、ラム肉のスパイスカレー。
なんか嬉しくなってしまって、アマゾンでバスマティ米も購入してしまいました。

バスマティ米はインドのお米で、インディカ米の一種。
タイ米(ジャスミン米)より細長い感じ。

バスマティ米を買ってから知ったのですが、炊飯器で炊く他に、湯通しという炊き方があります。
湯通しは、パスタのように、たっぷりのお湯で米を茹でて、お湯をきったあと、蒸すというやり方。

湯通しで作ったバスマティライスは、そのまま食べても、あまりおいしくありません。
カレーと混ぜたり、炒飯にしたりすると、普通に食べられます。
さらに栽培キットで、香菜(パクチー)を栽培し始めた、今日この頃。

3月11日に京都西山 西山古道を歩いてきました。
ここしばらく、山道を歩いていないので、足慣らしを兼ねての散策。

バスで善峯寺下車、善峯寺横の坂道を進んで、西山古道へ。

登り始めの古道沿いに生えているタマゴケ。
e0035757_23592842.jpg
フサフサしたコケに小さな風船のような朔。
見てるだけで癒されます。

進んでいくと、石の上に森のエビフライがありました。
e0035757_23594646.jpg
この石はホンドリスの食卓のようですね。
周りにも松ぼっくりを食べ散らかした跡があります。

しばらく歩くと白糸の滝へ。
e0035757_00000752.jpg
滝の周りには、まだ早いのか春の花は見当たりません。
しかし、しゃがんでよく見ると、ネコノメソウの仲間が小さな花を咲かせていました。
e0035757_00002393.jpg
スギ林に入ると、山道にもスギの葉がたくさん落ちています。
その中に花粉をたっぷり含んだスギの雄花が。
e0035757_00003684.jpg
白っぽいのは、触った時に飛び散ったスギ花粉です。
ちなみにスギの雌花はこちら。
e0035757_00005259.jpg
スギは雄雌同株です。

沢近くには、クリンソウの小さな芽が出ています。
e0035757_00010410.jpg
沢沿いの道を下山していくと、今までなかった柵が作られています。
なんとなく雰囲気が違うなぁと思いながら下っていきます。

道沿いに生えていたシダ植物のウラジロの群生。
e0035757_00012050.jpg
ツバキの花もチラホラ見られます。
e0035757_00013929.jpg
歩いているとき、沢沿いを歩いているはずなのに、沢の音が聞こえないことに気づきました。
おかしいな、下山道もなんか違う、どうやら柵が作られていた辺りから、道を間違えたようです。

少し戻って、沢の音を探していると、ようやくしっかりした山道に出ました。
しかし、新しく作られたような道が見え、なんか雰囲気が違うような気がします。

下山道には間違いないようなので、進んでいくと、前に歩いたルートに間違いないようです。
途中の鬱蒼としたところが、無くなったような気がします。
気のせいかな?

山道から林道に出て、しばらく歩くと、タチツボスミレが咲いていました。
e0035757_00020824.jpg
近くにはタンポポも。
e0035757_00021983.jpg
額が返っていないので、カンサイタンポポだと思います。

帰りに長岡天満宮によると、梅が満開でした。
e0035757_00024509.jpg

[PR]
by kou_shino | 2018-03-22 00:03 | 京都西山(23頁) | Comments(2)

大阪府 滝谷不動から下赤坂の棚田 晩秋

10月は、前半良い天気でしたが、突発的な雑事に追われ、後半は台風が二週続けてやってきて、結局どこにも行けず。
ようやく11月5日の日曜部に出かけることが出来ました。

今回は河内ふるさとのみち、2回目です。
前回は初夏でした。

近鉄滝谷不動駅から滝谷不動へ進み、民家の間の細い道へ。
台風の影響か、あちこち崖が崩れたり、道に水が流れ込んだりしている所もあります。

田畑の周りの竹の柵にアカトンボがいました。
e0035757_21003432.jpg
何故か、柵の所々にイノシシの皮が掛かっています。
イノシシ除けかな?

畦にはアキノタムラソウの花。
e0035757_21012773.jpg
田畑沿いの道からログハウスが横の舗装道路の登坂へ。

木の実もたくさん見られました。
紫色の実はコムラサキ。
e0035757_21021403.jpg
赤い実はサネカズラです。
e0035757_21023266.jpg
カラスウリもぶら下がっていました。
e0035757_21024693.jpg
舗装道路を登りきると、ミカン畑が広がります。
多くの人たちがミカン狩りを楽しんでいるもよう。

舗装道路を下り、再び田んぼ沿いの地道へ。
田んぼの畦に、ゼニゴケがびっしり。
e0035757_21030946.jpg
ゼニゴケの雌株です。

前回立ち寄らなかった楠妣庵観音寺(なんぴあんかんのんじ)へ。
楠妣庵観音寺への道も、一部左側の崖が崩れたようで、右側の田んぼに流れ落ちた土砂が残っています。

楠妣庵観音寺の入り口付近に咲いていたシュウカイドウの花。
e0035757_21034121.jpg
階段を上ると、富田林市の保存樹木に指定されたケヤキがあります。
e0035757_21035722.jpg
幹周2.4m、高さ30m。

境内に入ると、こちらも保存樹木に指定されたイチョウが。
e0035757_21041369.jpg
幹周2.2m、高さ27m。

紅葉も有名らしくモミジが色づいていますが、まだ早い。
e0035757_21042858.jpg
楠妣庵観音寺を出て、千早赤坂村のグラウンド横から、棚田へ続く尾根道へ。
コウヤボウキにクマバチがいました。
e0035757_21045482.jpg
尾根道を進むと、棚田がちらほら見えてきます。
尾根道横の切り株に生えていたキノコ。
e0035757_21051542.jpg
土砂の修復をしている分岐を過ぎると、下赤坂の棚田です。
e0035757_21054270.jpg
稲刈りはほとんど終了していて、最後の後片付けかな。
e0035757_21055696.jpg
棚田が見られる休憩所横の舗装道路も、亀裂が入り立ち入り禁止に。
台風21号の傷跡が残るコースでした。


[PR]
by kou_shino | 2017-11-12 21:13 | 大阪府(82頁) | Comments(0)

奈良県 ヒガンバナ咲く明日香村散策

9月24日の日曜日に、明日香村を歩いてきました。
近鉄飛鳥駅に下車して、今回も高松塚古墳がある飛鳥歴史公園へ。

観光客がやけに多い駅前から、田んぼ沿いの細い道へ。
田んぼの畦にはヒガンバナが多く咲いています。
e0035757_21253001.jpg
草むらにいた秋型のヤマトシリアゲ。
e0035757_21254420.jpg
公園に入ると、赤いヒガンバナだけではなく、白いヒガンバナも。
e0035757_21264446.jpg
アキノノゲシにはミツバチがいました。
e0035757_21270023.jpg
少し時期が遅くなりましたが、ススキの根元を覗いてみると。
咲いていました、ナンバンギセルが。
e0035757_21271580.jpg
見に来るたびに、ナンバンギセルの生息範囲が広がっているような気がします。
e0035757_21273249.jpg
公園を後にして、次に稲淵の棚田を目指し歩きます。

道沿いのクリの葉の一部がきれいに巻かれています。
e0035757_21275405.jpg
ミヤマイクビチョッキリの揺籃かな。

クリやミカン畑がある道を歩いていると、かわいそうにヘビの幼体が頭を潰されて死んでいました。
e0035757_21282902.jpg
ヤマカガシの幼体のようです。
ヤマカガシはマムシより毒が強いといわれていますが、攻撃性のない大人しいヘビで、人間が手を出さない限り咬まれる事はないらしい。

朝風峠から稲淵の棚田へ出ると、すごい人出。
ちょうど彼岸花祭りと案山子コンテストが行われているようです。
そういえば飛鳥駅の前に臨時バスがあったのを思い出しました。

棚田のヒガンバナ。
e0035757_21290164.jpg
ヒガンバナは赤だけでなく、白や黄色まであります。
e0035757_21291272.jpg
おまけに棚田上空に、大きなトンボのようなドローンが、ブーンとうなりながらホバリングしてる。
あまりの人の多さに、早々に退散。もと来た道を途中まで戻ります。

民家の向かいにいたウラギンシジミ。
e0035757_21293274.jpg
民家の屋根には、いい鳴き声の鳥がいます、これはイソヒヨドリでは。
e0035757_21294351.jpg
イソヒヨドリは、磯と名がつくくらいなので、海岸沿いにいるものだと思っていましたが、海岸といっさい縁のない奈良県の里山にもいるのですね。

定林寺跡への道を進み飛鳥駅へ戻ることに。
途中の白いヒガンバナの近くに咲いていた、ルツボの花。
e0035757_21295608.jpg
鬼の雪隠を経て、ヒガンバナ咲く明日香村を後にして帰路へ。
e0035757_21300805.jpg


[PR]
by kou_shino | 2017-09-28 22:01 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

奈良県 當麻(たいま)の里 二上山駅から當麻寺駅へ

8月はウンザリするほど暑く、8月末位から、急に気温が下がり、少し体調を崩したので、しばらく歩きに行く気分が失せました。

ようやく、9月の連休に出かけようと思ったら、台風18号が来た。
しかし日曜の夜に通り過ぎ、祝日は台風一過。

というわけで、9月18日の月曜日に奈良県の當麻の里を歩いてきました。

今回は、近鉄二上山駅から、ちいさな「いきもの」を探しにブラブラ散策。
駅前から、入っていいの?と思うような細い路地に入ります。

民家ひしめく細い路地を進むと、しだれ桜で知られる専称寺。
さらに進むと、春日神社があります。

春日神社境内では、ツクツクボウシの鳴き声が。
前日の台風のせいか、ツクツクボウシの抜け殻があちこちに転がっています。
e0035757_15430932.jpg
神社を後にして、ため池が連なる近畿自然歩道を進みます。
お墓の前の斜面に咲いていた、マメ科のノアズキの花。
e0035757_15432448.jpg
捻じれた竜骨弁がある、奇妙な形状の花です。
ヤブツルアズキの花とよく似ています。

枯れ葉をめくると、テントウムシの幼虫がいました。
カメノコテントウかな?
e0035757_15434063.jpg
田んぼの畦には、ヒガンバナが咲き始めていました。
e0035757_15435203.jpg
道の右手には、二上山がよく見えます。
e0035757_15440497.jpg
ため池横に咲いていた、アキカラマツのオシベを舐めるように食べるコアオハナムグリ。
e0035757_15442040.jpg
アザミの花にもコアオハナムグリが潜り込んでいます。
e0035757_15443434.jpg
葉っぱの裏についていた、テントウムシのサナギ。
e0035757_15444687.jpg
人影が増えてきたら、二上山ふるさと公園に到着。
向かいにある駅の道にも人は多い。

公園で休憩した後、さらに進むと、ため池の柵に絡みついていた植物にいたハラビロカマキリ。
e0035757_15450660.jpg
近くの葉っぱには、キリギリス科のサトクダマキモドキが。
e0035757_15451854.jpg
ふと手を見ると、手の甲にジュンサイハムシが付いていました。
e0035757_15454162.jpg
近くのため池に、ジュンサイらしき水草がいっぱい浮いていたので、そこから来たのでしょう。

稲穂を眺めるスズメたち。
e0035757_15455700.jpg
まだ稲刈りは始まっていません。

川沿いの坂を上がっていくと、祠のようなモノがある分岐へ。
マップの説明を見てみると、それは祠ではなく、一本柱に宝形造りの瓦屋根がのる傘堂です。
e0035757_15461810.jpg
傘堂は、本多忠勝の孫で郡山藩主の本多政勝の菩提を弔う位牌堂として建立されたもの。
左甚五郎の作という伝承があるらしい。

傘堂の横の道へ折り返し、坂を下っていくと、高雄寺跡へ。
高雄寺跡の前にいたにゃんこたち。
e0035757_15470354.jpg
高雄寺跡から石光寺を経て当麻(たいま)小学校横を進むとやがて當麻寺(たいまでら)山門へ。

當麻寺から当麻寺駅までの間、当麻(たいま)交番の向かい側に、相撲開祖の一人、當麻蹴速の塚があります。
[PR]
by kou_shino | 2017-09-23 16:04 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

滋賀県 華岳山公園から布施公園へ

最近、毎月新刊で出る北方謙三著の「岳飛伝」文庫本版を読んでいるのですが、今月本屋でフロスト警部シリーズの最新作で最終作の「フロスト始末」を見つけました。
作者がもう亡くなっているので、残念ですが、もう続きを読むことはできません。とりあえず、フロスト始末を読み終えるまで、岳飛伝はお預けです。

しかし、暑い日が続きます。日々の野外作業が大変です。
週末に出歩く気力がなかなか起こりません。

この暑い8月20日に、滋賀県近江鉄道の市辺駅から華岳山公園を経て布施公園まで歩いてきました。

今回も近江鉄道の無人駅、市辺駅からスタート。
暑い日々が続きますが、空を見上げればウロコ雲が。
e0035757_21310070.jpg
まだ8月なのに、田んぼを見れば、もう稲刈りが始まっています。
e0035757_21311623.jpg
季節は、着実の秋に向かっているのは間違いない。
でも暑い。

田んぼ沿いの道には、モンキチョウや、
e0035757_21313159.jpg
シオカラトンボが見られました。
e0035757_21314198.jpg
田んぼの畦には、インド原産のイチビ。
e0035757_21315515.jpg
平安時代から江戸時代まで、繊維をとるために栽培されたようですが、今では完全に雑草となっています。

オモダカの花も見られました。
e0035757_21323626.jpg
こちらは、シロバナサクラダテかな。
e0035757_21325282.jpg
華岳山公園の入り口着き、横の神社に入ると、なんか見たことある風景が。
なんとここは、3月に雪野山へ行くときに、訪れた羽田神社です。

はぁ~、バスで来れたんだ。
華岳山公園は、小さな山で山頂に登っても誰もいません。

しかし、いろんなセミが鳴いています。
クマゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ、ヒグラシの鳴き声が確認できました。
登り路に咲いていたキツネノマゴ。
e0035757_21331662.jpg
山頂付近で飛び回っていた、ツマグロヒョウモン。
e0035757_21332873.jpg
華岳山公園を出て、山沿いの道へ。

アオマツムシの幼虫か。
e0035757_21334379.jpg
アオマツムシは、きれいな音色で鳴くそうですが、何故か別名アオゴキブリというらしい。

ツクツクボウシの鳴き声が多いようです。
e0035757_21335809.jpg
枝に付いていたアオバハゴロモ。
e0035757_21340800.jpg
右上のワタボコりのようなのが、幼虫です。

タカサゴユリも咲いていました。
e0035757_21342835.jpg
カニグモが密を求めてくる虫を待ち受けています。

ヤマグリも多いな、と思いながらふと頭上を見ると、
なんとスズメバチの巣が、
e0035757_21344406.jpg
ここは長居は無用。
スズメバチに気づかれないように速やかに退散。

山沿いの道を抜ければ、すぐに布施公園です。
大きな池がある公園ですが、ちょっとイメージが違うので、ここも長居せずに帰路へ。
[PR]
by kou_shino | 2017-08-31 21:36 | 滋賀県(78頁) | Comments(0)

滋賀県 河辺いきものの森

去年の年末に膝を痛めてから、料理を始めました。
お店で売っている調理済みのおかずに弁当や、揚げ物、ラーメン等は極力減らし、自分で調理した料理を食べる事にしたのです。

最初は、NHKの今日の料理ビギナーズで、最近はネットでレシピを調べたりしています。
そのせいか、週末に出かける機会が減っているのが現状です。

冬の間は、何も考えず、肉や野菜を使用して料理をしていたのですが、暖かくなってから、驚きの現実に直面しました。
小松菜を洗っていて、ふと電灯に透かして見ると、ハモグリムシが動き回った跡が付いている、しかも何か所も。

ハモグリムシの幼虫は、葉の間に入っているので、水で洗ったぐらいでは取れません。
ムシの跡が付いている所を取り除くと、ほとんど食べる所が無くなります。

水洗いし、塩水で茹でたブロッコリーを食べようとした時、ブロッコリーの花芽の隙間に、黄色く細いものが付いている。
よく見ると、端っこに目玉のような黒い点が二つ、どうやら昆虫のサナギです。
糸を出して、花芽の隙間についているので、洗ったり茹でたくらいでは取れなかったのでしょう。

自分で料理し始めて、初めて気が付いたことですが、野菜には虫が多く付いていて、時期にもよりますが、
たぶん知らず知らずのうちに、少しは食べています。

ネットで検索すると、驚くほど多くの事例があり、むしろ虫のいない野菜の方がおかしい、という感じ。
というか、そう考えなければ、野菜が食べられません。

まあ、野菜を食べる虫を少々食べても大丈夫なんですが、あまり気持ちのいいことではありませんね。
料理をする時、野菜は特によく水洗いをするようになった今日この頃です。


7月2日の日曜日に、滋賀県東近江市の河辺いきものの森を訪れました。
河辺いきものの森は、里山河辺林を保全して自然観察ができる15ha程の施設です。

近江鉄道の河辺の森駅で下車。

河辺の森駅は無人駅で、駅の周囲には田園風景が広がるのみ、何もありません。
たぶん、河辺いきものの森へ行くために作られた駅かな。

河辺の森駅、2014年のデータでは、1日の平均乗降客数は17人。
昼間の電車は、1時間に1本です。

駅の前に、河辺いきものの森への道標があり、道標をたどると河辺いきものの森にたどり着きます。
駅から田んぼ沿いの道を進むと、道沿いに花がちらほら咲いていました。

ヒメイワダレソウ。
e0035757_00302734.jpg
園芸用の植物かな。

こちらはアレチハナガサ。
e0035757_00304674.jpg
南アメリカ原産の帰化植物。

そしてアカバナユウゲショウ。
e0035757_00312949.jpg
夕方花が咲くから夕化粧との名前ですが、ごらんのとおり昼間から咲いています。
これも南アメリカ原産。

ノボロギクも。
e0035757_00314196.jpg
ツボミのような姿の筒状花です。
ヨーロッパ原産の帰化植物。

ヤマトシジミもいました。
e0035757_00322902.jpg
道標に従って進むと、河辺いきものの森入口へ。

入り口近くにいたカマキリの幼体。
e0035757_00324091.jpg
遊歩道を進むと、水辺のビオトープにいたシオカラトンボのメス。
e0035757_00325370.jpg
近くにオオシオカラトンボのメスも。
e0035757_00331278.jpg
ケヤキの森の木陰にはハグロトンボが。
e0035757_00332674.jpg
歩くたびにひらひらと飛びます。

地上12mの林冠トレイルに上がると、木の実にメジロが集まっていました。
e0035757_00333937.jpg
くさはら広場に咲いていたオカトラノオ。
e0035757_00335642.jpg
林の中に咲いていたオオバギボウシ。
e0035757_00340600.jpg
歩いているとどんどん薄暗くなってきました。
もしや、と思い、スマホで雨雲レーダーを見ると、雨雲がどんどん近づいてきます。

雨宿りしようかと思いましたが、帯状の雨雲は次々流れて来る模様。
仕方なく河辺の森駅へ。
戻る途中で降ってきましたが、なんとか間に合いました。
[PR]
by kou_shino | 2017-07-24 00:37 | 滋賀県(78頁) | Comments(2)

大阪府 若山 太閤道散策

5月28日に、高槻市の太閤道ハイキングコースを歩いてきました。
太閤道は、秀吉が中国大返しの際駆け抜けた山道、といわれています。

阪急高槻市駅から、線路沿いに少し戻り、京大農場へ。
道端に咲いていた、オニアザミ。
e0035757_23511740.jpg
棘が鋭く、触るととても痛い。

農場の中に続く道を進み、JR京都線の下をくぐります。
横の田んぼにいた、ムクドリ。
e0035757_23514032.jpg
山に向かって進むと、やがて浄誓寺。
浄誓寺門前にあるイチョウ。
e0035757_23515706.jpg
高槻の古木に選ばれています。

寺を巻くように進むと、すぐに大きなエノキが。
e0035757_23523362.jpg
こちらも、高槻の古木。

西国街道の道標がある近くで咲いていた、テイカカズラ。
e0035757_23525555.jpg
花びらが少し捻じれて、プロペラのような形の花です。
ジャスミンの匂いがする、といわれていますが、サロンパスの匂いがしたのは、気のせいか。
名前は、鎌倉時代の歌人藤原定家が由来だとか。

名神高速をくぐり、今竜寺跡への道標を確認して、山の中へ。
川沿いには、ユキノシタの群生。
e0035757_23533406.jpg
独特の花びらはユニーク。
e0035757_23534922.jpg
葉は、薬用や山菜として食べられるらしい。

今竜寺跡からは、山道となります。
木陰にきらめく木漏れ日の中、ひたすら登るとやがて若山山頂へ。

少し下ると鉄塔があり、近くにカキの花が咲いていました。
e0035757_23544158.jpg
どうやらマメガキらしい。

途中林道と合流し、しばらく林道歩き。
道沿いには、サルトリイバラが伸びています。
e0035757_23575165.jpg
托葉が変化した巻きヒゲが面白い。

サルトリイバラを食草とする、ルリタテハの幼虫がいないか調べてみると。
ゲッ! 何だこれ。
e0035757_23581593.jpg
ガの幼虫かと思いましたが、どうやらサルトリイバラを食草とするハムシの幼虫。

近くにあったコナラの葉に、オトシブミの揺籃が付いていました。
e0035757_23584142.jpg
山の中にあるゴルフ場の横を抜けると、大阪府自然環境保全地域に指定されたツブラジイの森。
e0035757_23584741.jpg
山道を下ると若山神社へ。
神社境内には、幹廻り2.5mを越えるツブラジイの巨樹が42本あり、大阪府の天然記念物に指定されています。
[PR]
by kou_shino | 2017-06-07 23:59 | 大阪府(82頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(78頁)
京都府(96頁)
京都西山(23頁)
奈良県(58頁)
大阪府(82頁)
兵庫県(72頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(8頁)
花札(8頁)
干支(12頁)
その他(9頁)

タグ

(234)
(206)
(192)
(147)
(107)
(92)
(85)
(83)
(73)
(72)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(26)
(14)
(6)

最新の記事

京都西山 ポンポン山から水無瀬
at 2018-05-20 22:47
京都西山 川久保からポンポン山
at 2018-05-13 22:35
大阪府 茨木市 北山自然歩道..
at 2018-04-29 23:35
奈良県 葛城山麓の道
at 2018-04-15 22:56
京都西山 西山古道散策
at 2018-03-22 00:03

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****
写真家 米美知子

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い
さんちゃんのぶらっと関西

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

■ニコン・ファーブルフォト■
ファーブルフォト入門
ファーブルフォト活用術

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39
> はーしぇる様 あり..
by kou_shino at 23:32
今年もレポートを楽しみに..
by はーしぇる at 21:42
はーしぇるさま 野菜に..
by kou_shino at 23:18
「今日の料理ビギナーズ」..
by はーしぇる at 21:29
はーしぇるさま ユキノ..
by kou_shino at 18:09
店の庭でもユキノシタが花..
by はーしぇる at 00:18

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧