人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今まで出会った猫たち3

今回は2005年後半に出会った猫。
先ずは、奈良県天理駅から三輪駅までの山の辺の道で出会ったニャンコたち。
e0035757_002159.jpg

ボンネットの上で日向ぼっこ。
e0035757_003941.jpg

田畑が並ぶこの辺りの猫たちは、野良なのか飼われているのかよくわかりません。
e0035757_005973.jpg

ペロッと舌をだしたのは子猫かな。
e0035757_011815.jpg

この茶トラは、甘えんぼで、足に擦り寄ってきました。
お腹が減っていたんでしょうか。
e0035757_013599.jpg

そっけなく、逃げていく白黒ニャンコ。
e0035757_015084.jpg

三輪駅にいた人懐っこい三毛ニャンコ。
e0035757_022220.jpg

触ってもあまり逃げませんでした。

次に滋賀県琵琶湖沿いにいたニャンコ3匹。
林の中に棲む黒ニャンコ。
e0035757_024169.jpg

薄いブルーアイの白ニャンコ。
e0035757_025859.jpg

こちらのグレーニャンコは、まるでピューマみたい。
e0035757_031532.jpg

これは、凄んでいるのか、単に眠いだけ、なのか。
by kou_shino | 2014-01-28 00:06 | 猫(9頁) | Comments(0)

今まで出会った猫たち2

今回は2001年から2005年に出会ったニャンコたちです。

大津市から音羽山へ登る登山口にいたニャンコ。
e0035757_2231695.jpg

すごく眠そうでした。

京都一週トレイルの歩き始め、伏見神社から山道を下りた所の住宅地にいたニャンコ。
e0035757_2251812.jpg

鼻先と、前足先、後ろ足先を寄せて、日向ぼこ。
別の猫が現れて、微妙な距離ですれ違うニャンコたち。
e0035757_226139.jpg

オスとメスかな。

兵庫県の親戚宅にいたニャンコ。
e0035757_2264798.jpg

この家には、飼ってるのか、飼っていないのか、絶えず猫がいます。

大阪山田池公園のニャンコ。
e0035757_2274558.jpg

山田池公園にはたくさん猫がいて、まぁ、行くたびに猫がいます。

家の近くにいたニャンコ。
e0035757_2211486.jpg

夕方、少し薄暗くなっていたようで、猫の目が光ってました。

京都府、桂川沿いにいたニャンコ。
e0035757_2291633.jpg

ここも猫が多い。
こちらも桂川沿いのにいた痩せた子ニャンコ。
e0035757_22132320.jpg

人と関わりを持たずに育った野生児、という感じ。

滋賀県彦根城近くの公園にいたニャンコ。
e0035757_22142279.jpg

行儀良く、チンと佇んでいます。
ひこにゃんが登場する半年ほど前に出会った、ニャンコでした。

最後に、滋賀県湖北町にいたニャンコ。
e0035757_22153611.jpg

肉球を見せつつ、立ち去っていきました。
by kou_shino | 2014-01-19 22:17 | 猫(9頁) | Comments(0)

ファーブルフォト ヒメゴマダラオトシブミ

去年、掲載するつもりだったファーブルフォトの画像が、何点か置き去りになっていました。
今回は、オトシブミ11種類目、ヒメゴマダラオトシブミです。
e0035757_22464196.jpg

名前のわりに、ゴマダラ感が少ないですが、個体異変が大きいらしく、黒い固体もあるもよう。
e0035757_22465915.jpg

マダラ模様の代わりに大きなコブが目立ちます。
e0035757_22471265.jpg

ヒメコブオトシブミより大きいコブです。
なのに、名前にコブが無い。
e0035757_22473473.jpg

このコブ、ヒメコブオトシブミと同じ場所にありますが、何なんでしょう。
ここまでくると、単なる飾りには思えません。
e0035757_22515186.jpg

想像ですが、甲虫の上翅の下には、実際に飛ぶための、薄くて長い下翅が折りたたまれています。
この種の場合、下翅を折りたたんだ時に、どうしても突起してしまう箇所ができてしまい、その為に上翅に膨らみができた?違うかな。

裏側から見ると。
e0035757_22522113.jpg

腹や脚は黄色味が多い。
e0035757_225323.jpg

ヒメコブオトシブミの方は、確か黒っぽかった。
e0035757_22531814.jpg

11種類のオトシブミを見てきましたが、種類によって微妙に模様や形が違います。
生命の多様性ですね。

今まで見つけてきたオトシブミは、これですべて。
12種類目のオトシブミとは、いつ出会えるのかな。
by kou_shino | 2014-01-13 23:14 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)

キノコの神社に初詣

1月3日に、滋賀県栗東市にある、菌神社に初詣に行きました。

菌は「くさびら」と読み、キノコの事。
日本で唯一の、と言い切って良いのか悪いのかわかりませんが「キノコ」を祀った珍しい神社らしい。
2年ほど前に菌神社のことを知り、一度訪れようと思っていました。

滋賀県神社庁というサイトによると、
「社伝に舒明天皇九年勧請する所とあり、口狭比良大明神と称えたが、後に草平大明神と称し、安土桃山時代から菌大明神となっている」
との事。

比較的新しくできた神社ではないかと思っていましたが、結構歴史的に古くからある神社らしい。

京都からJRに乗り、草津駅で下車。
事前に確認していた位置を目指し、ブラブラ歩いていくと、木々が密集している所があります。
おそらく鎮守の森だろうと、その方向に進むと、やはり神社が現れました。

いきなり境内の入り口に着きましたが、鳥居のある参道もあったので、参道の入り口から入る事に。
松の木が並ぶ参道の入り口。
e0035757_21524210.jpg

参道の中央部分にあった鳥居の「菌神社」の文字。
e0035757_2153229.jpg

本当に、キノコの神社があるんだ、と改めて感動します。

誰もいない境内に入り、まずは参拝。
e0035757_21532631.jpg

本殿は、江戸元禄時代に再建された、一間社流造。
「元禄時代の意匠感覚が見ることができる建物」と書かれていましたが…、よくわかりません。

参拝後は、しばし境内の中をウロウロ。
神社名が書かれた提灯の裏側に、植物を図案化したと思われる紋がありました。
e0035757_21534589.jpg

なんだろう、キノコにも見えないし。
後で調べたら、菌神社の「神紋」が麻なんだそうです。

そういわれてみれば麻に見えますね。
神社に「神紋」があるんですね、知らなかった。

本殿の鬼瓦を見ると、ダビデの星のような文様があります。
e0035757_21542447.jpg

どうも、この星形の紋が典型的な麻紋のようです。

どうもキノコの紋は無いみたいですね。
拝殿の巴紋の丸瓦に、植物の形をした瓦が。
e0035757_2155958.jpg

葉の形からキクでしょうか。
なにか意味があるのかな?

本殿の狛犬の口の中に、トックリバチの巣が。
e0035757_21572392.jpg

キノコの神社、という珍しい神社なので、参拝する人も多いのかと思っていましたが、意外に少ない。
20分ほどいましたが、5人しか来ませんでした。
5月5日には、例大祭が行われているそうです。

最後に鎮守の森を散策。
石の横に石の横に10cm足らずの小さな穴が開いている。
e0035757_21582155.jpg

なにか、小動物が掘ったのでしょうか。
イタチが、ホタルミミズを探していたんでしょうか?

生き物らしき小さな痕跡がとても気になります。
by kou_shino | 2014-01-05 22:04 | 滋賀県(79頁) | Comments(2)

2014 午 うま

あけまして おめでとうございます。
今年もよろしく お願いいたします。
e0035757_6272616.jpg

六甲山牧場の国産馬、再登場です。
by kou_shino | 2014-01-01 06:48 | 干支(13頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧