人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

京都西山 5月・西山古道のクリンソウとオトシブミ

今週は、一年ぶりの西山古道、途中にあるクリンソウの群生地を見に行きました。
西山は、家から手軽に行ける里山なので、これからは定期的に訪れようかな、と思ってます。

東向日駅の前からバスに乗り、吉峰寺で下車。
前回と同様、西山古道の道へ。

シダ類が目立つ道を登れば、ナンテンショウの仲間も目立ちます。
e0035757_18255848.jpg

前日、少し雨が降りましたが、あまり湿った感じはしません。
日向ぼっこしていた、黒いヘビ。
e0035757_18261473.jpg

シマヘビの黒化した個体でしょうか。

さらに進むと、小さな白糸の滝に到着。
滝の下にいたアカガエル。
e0035757_18263865.jpg

滝の周辺や、近くの谷筋に生えていた植物は、
e0035757_182703.jpg

左上:ミズタビラコ?
右上:ネコノメソウの仲間、茶色い種が見えます。
左下:ミヤコアオイ。去年もありました。
右下:エンレイソウ、実がついています。

山道を進んでいくと、やがてクリンソウの群生地に到着。
花はやや終わりかけ、といった感じ。
e0035757_18272819.jpg

北山の群生地に比べると、まだまだ小さいですが、このまま見守れば、もっと大きな群生地になってくれるでしょう。

周辺には、カワトンボやコミスジなどがいて、モンキアゲハやカラスアゲハもやってきます。
蜜を吸いに来たカラスアゲハ。
e0035757_18282760.jpg

ここにも黒いヘビ(シマヘビの黒化?)がいて、悠然とクリンソウの群生地を横断していきました。

クリンソウの群生地を過ぎて、さらに進むと松が多くなってきます。
松の切り株は、リスの食卓になっているもよう。
e0035757_1830839.jpg

確か前回も確認した、森のエビフライが残っています。

所々でモチツツジが咲く道を進んでいくと、あまり風流とは言い難いししおどしの音が聞こえてきます。
e0035757_18303491.jpg

自転車のホイールに竹を付けた水車がある小さな沢を登りきると、柳谷観音へ。
柳谷観音への分岐には、真新しい獣よけの柵が設置されています。

分岐近くにいたギンボシリンガ。
e0035757_18305664.jpg

黒ふち付きのオレンジの線が印象的な蛾。

少し進むと、途中で折れた?シカの角を見つけました。
e0035757_18312857.jpg

西山でシカの角を拾ったのは初めてです。

山道を進んでいくと、やがて谷沿いの道になります。
ここらもミヤコアオイが咲いています。

足元を見ると、オトシブミの揺籃がたくさん落ちている。
e0035757_18315530.jpg

頭上の木は高く、成虫の姿を確認することはできません。
(追記:揺籃をいくつか持ち帰ると、2週間もしないうちに成虫が出てきました。
この揺籃を作ったオトシブミは、ウスモンオトシブミです)
歩道にも多く落ちていて、いくつかハイカーに踏まれていました。

オトシブミの仲間には、揺籃を地面に切り落とすタイプや、切り落とさず葉にぶら下げるタイプがあります。
また、切り落としたり、切り落とさなかったりするオトシブミもいるもよう。

大石橋まで来ると、周辺にヒメコブオトシブミとヒメクロオトシブミがいました。
どちらも似たような大きさか、と思っていたら、ヒメコブオトシブミの方が少し大きい。
e0035757_18325370.jpg

左上・ヒメコブオトシブミ(約6~6.5ミリ)
左下・ヒメコブオトシブミの揺籃(巻きがゆるく大きい)
右上・ヒメクロオトシブミ(4.5~5.5ミリ)
右下・ヒメクロオトシブミの揺籃(巻きがしっかりして小さい)

この揺籃は、どちらも切り落とされていませんが、ヒメクロオトシブミは、切り落とす場合もあるようです。
by kou_shino | 2012-05-29 18:43 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

ファーブルフォト アシナガオトシブミ

先週、屋外でゴソゴソしていたら、蚊だかアブだかよくわかりませんが、目の周辺を虫に刺されたようで、左目がノックアウトされたボクサーのごとく腫れあがりました。

刺された時はよくわからず、なんか痒いなぁ程度でしたが、マブタに違和感が出てきたので鏡を見ると、驚くほどプックリ腫れています。見た目はすごい形相でしたが、特に痛くもなく、少し痒い程度。

目が腫れたその日は、皮膚科に行き薬をもらいましたが、翌日、目がほとんどふさがり、開けるのが疲れるくらい腫れたので、先週の週末は何処にも行かず。
数日で治ったのでやれやれと思う今日この頃。

そんなワケで、今月のファーブルフォトは、オトシブミ5種類目のアシナガオトシブミ。
e0035757_1902011.jpg

足長という名前のわりには、それほど足が長い感じはしません。
メスなのかな。
e0035757_190384.jpg

オスはメスよりも、脚、顔、触覚が長い。

上翅、前胸背板、腿節が橙赤色で、小盾板は黒い。
e0035757_191567.jpg

今まで見てきたオトシブミの中では大きい方で、首が太短いので、最初ゾウムシの仲間かな、と思いました。

しかし、複眼から口吻にかけての顔は、オトシブミですね。
e0035757_1912390.jpg

顔のアップ。
e0035757_1913863.jpg

今までのオトシブミのように、首が細くありません。

お腹側から。
e0035757_193464.jpg

そして正面。
e0035757_194176.jpg

コナラの葉を与えると…
e0035757_195199.jpg

葉っぱを食べ始めました。

葉っぱを切る、大きな顎を開いて食べてます。
e0035757_1963227.jpg


最後に後方から。
e0035757_1965927.jpg


オトシブミの仲間の成虫は、普段あまり見かけませんが、葉を巻いた揺籃はたまに見かけます。
庭のツツジの葉を見ていたら、どう考えてもオトシブミの揺籃、と思う巻かれた葉っぱがありました。

ツツジの揺籃は小さいので、おそらくヒメクロオトシブミでしょうか。
今まで、ツツジにオトシブミがいるとは気にしていなかったので、まだ成虫は見てませんが、意外に近いところにいるみたいです。
by kou_shino | 2012-05-24 19:10 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)

兵庫県 高代寺から黒川へ 金属光沢の昆虫と台場クヌギの里

免許の更新に行った帰り、バスに乗ろうとICカード(ICOCA)を使うと、カード機が異常音を発生させてエラー表示がでました。
ICOCAでエラーが出たのは初めてで、一瞬ワケが分からず驚きましたが、ICOCAを財布から出して単体で使うとエラーは出ません。

阪急電車で使用するも、やはりエラー。
これは、運転免許証がICチップを組み込んだIC運転免許証に変わった為で、それしか原因は考えられません。

IC運転免許の説明時に、ICカードと一緒に使用できない、という説明がなかったので、想定外のトラブルだったんでしょうか。
これからは免許証とICOCAを別にして持たねばならないようです。

免許更新の帰りに、本屋に立ち寄ると、興味深い本が出ていました。
「巨大津波は生態系をどう変えたか 生きものたちの東日本大震災」という本。
気になっていた事なので、早速購入した今日この頃です。

今回は、久しぶりに黒川の里山へ行きました。

能勢電鉄妙見線の妙見口駅から、高代寺への参道コースへ。
左に棚田があり、
e0035757_2344351.jpg

右に雑木林の山道を登っていくと、
e0035757_23445638.jpg

足元でのんびり飛んでいるトンボがいました。、
e0035757_23455829.jpg

シオヤトンボです。

高代寺へと登っていく山道で見つけた昆虫は、
上左、ヤマトシリアゲの春型
上右、アカマキバサシガメ?
下左、シマサシガメの幼虫?
下右、トホシカメムシ等々
e0035757_23472722.jpg

トホシカメムシは2cm程ある大きなカメムシ、

ここにもハナイカダが咲いています、
ハナイカダの雌花。
e0035757_23474927.jpg

雌花は通常1つですが、2~3つ付いているのもありました。

山の中にある高代寺を経て、黒川へのルートへ。
山道を進むと、足元にオサムシがいました。

ルリ色の金属光沢なので、オオオサムシだと思います。
e0035757_23484228.jpg

手塚治虫氏のペンネームはオサムシにちなんでつけられた名前で有名。
オサムシの仲間は攻撃を受けた時、お尻から臭いガスを出しますが、美しい金属光沢の色彩を持つ種が多いようです。

さらに進むと、これまた金属光沢のミドリセンチコガネが。
e0035757_2349317.jpg

前回来た時も、ミドリセンチコガネを見ました。
しかし、近畿のオオセンチコガネの分布は、南部が藍色のルリセンチコガネ、東部が緑色のミドリセンチコガネ、西部は赤銅色のオオセンチコガネ。

大阪と兵庫県の県境あたりは、赤銅色のオオセンチコガネのはず。
構造色の微妙な変化で、緑色に見えるだけなんでしょうか。

ゴルフ場の横を過ぎて、ドンドン下ると、前回の台場クヌギがたくさんあった場所に出ました。
前回は、下草も刈り取られクヌギも散髪した後で、ヒコバエだけが新芽を出していましたが、今回は下草も伸び放題、台場クヌギのジャングルと化しています。
e0035757_23502760.jpg

近くで飛んでいたカワトンボの仲間。
e0035757_23505094.jpg

ニホンカワトンボか、アサヒナカワトンボか。
よくわかりません。

山道を下りきると、車道に出て黒川の里へ。
シロツメグサにアオスジアゲハが。
e0035757_23511378.jpg

黒川の里を台場クヌギを見ながらぶらぶら歩き。
e0035757_23515158.jpg

桜の森への分岐まで来ると、広い範囲で整地してあって、ちょっとびっくり。

ツクバネウツギにとまっていた、青色が美しいシジミチョウ。
e0035757_23521861.jpg

ツバメシジミかな?
by kou_shino | 2012-05-18 23:57 | 兵庫県(73頁) | Comments(0)

奈良県 鳥見山・後編 花筏と孔雀羊歯

前回鳥見山を歩いた続きです。

ツツジが美しい鳥見山公園を出て、しばらく舗装道路歩き。
e0035757_23573676.jpg

舗装道路ですが車の往来は少なく、道路脇にはチゴユリやホウチャクソウが咲いています。
チゴユリの仲間、ホウチャクソウ。
e0035757_041615.jpg

東京の高尾山では、チゴユリと自然交配したホウチャクチゴユリが見つかっているらしい。

歩いている途中で見つけた、苔類のジンガサゴケ。
e0035757_043034.jpg

陣笠のような雌器托が伸びています。


途中、ハムシの仲間やクロヒメオトシブミなどを眺めながら山の中の集落へ。
e0035757_044727.jpg

集落の道を歩いていたら、地元のおじさんがやってきて、「すいきんぐ、知ってる?」と尋ねられました。
「すいきんぐ??」何のことでしょう。「ムシキング」なら聞いたことあるけど。

「聞かせてあげるから」との誘いで、「なんだ?なんだ?」と意味も分からずについていくと、民家の庭先に、水を受ける石臼があり、その横に竹筒が挿してある。
その竹筒に耳を当てると、ポタポタと垂れる雫の音(何とも言えない金属的な、カリンバの音色みたいな音)が聞こえます。
「すいきんぐ」と思ったのは聞き違いで、水琴窟(すいきんくつ)でした。

水琴窟は、地中に作られた空洞に響く雫音を楽しむ、風流な日本庭園の音響装置。
江戸時代に作られた、日本独自の庭園設備らしい。

以前どこかのお寺で聞いたことがあります。
昔はお金持ちしか作らなかったという水琴窟が、こんなところにあろうとは。
持ち主の方に声をかけられないと、知らずに素通りするところでした。

集落を過ぎて再び自然歩道を進むと、またもやハナイカダ。
e0035757_074068.jpg

鳥見山公園手前では、ツボミしかなかったハナイカダですが、こちらはちゃんと花が咲いています。
葉っぱの中央部分で地味な花が咲いている。
e0035757_084990.jpg

たくさん咲いているので、雄花です。
雄雌異株で雌花は通常1つしか咲きません。

葉っぱの中央部分から咲いているように見えるのは、葉の付根から出る花柄(花を支える茎)と葉の主脈が合着しているから、といわれています。
ちゃんとした花、という証拠に、ハナバチやハナアブが蜜を求めて来ておりました。
e0035757_093463.jpg

ムムムッ、このデカイのは、ムモンホソアシナガバチ。
e0035757_010284.jpg

巣でも作る気かな。

さらに進むと、足元に生えていたのはクジャクシダ。
e0035757_0105514.jpg

ホウライシダの仲間で、分枝した小葉がクジャクの羽のように見えるからクジャクシダ。
黒い針金のような葉柄と特徴ある葉の付き方で、区別がつけにくいシダ類の中でも分かりやすい種類です。

しかし、この葉の広がり方、どこかで見たような…。
そう、ナンテンショウの仲間の鳥足状複葉に似ています。

近くで咲いていた、マムシグサの鳥足状複葉と比べると。
e0035757_0113344.jpg

葉の付き方が似ていますが、クジャクシダの場合は鳥足状複葉でなく、羽状複葉になった葉が鳥足状に広がっているとの事。

高束城跡を過ぎて、石畳の道を下ると初瀬ダムがある、まほろば湖へ。
ダムを渡った辺りにあった桜の葉っぱに、小さい虫が。
ムネアカアワフキです。
e0035757_0121531.jpg

アワフキという名前が付いてますが、泡は作らず。
幼虫は、石灰質の巻貝状の巣を作るらしい。

白花のオドリコソウが咲く車道を歩いて長谷寺へ。
オドリコソウに来ていたクロマルハナバチ。
e0035757_014677.jpg

長谷寺は観光客でえらい賑やかでした。
by kou_shino | 2012-05-13 00:20 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

奈良県 鳥見山・前篇 昆虫たちと粘菌

ゴールデンウィーク後半4連休は、天候が不順でしたが、唯一晴れた土曜日に奈良県の鳥見山へ行きました。

榛原駅からテクテク歩いて小鹿野集落へ。
鳥見山公園へのルートはいくつかあるらしく、ガイドブックに書かれている所がよくわかりません。
4年前に歩いてますが、記憶があいまいです。

なんとなく、こっちかなぁ、と思う棚田の道を登っていくと、ムギワラトンボがたくさん飛んでいました。
e0035757_17342298.jpg

これ、シオカラトンボのメスかと思ったら、どうもシオヤトンボみたい。
シオカラトンボとシオヤトンボ、よく似ています。
いたのはほとんどメスで、オスは2匹しか見られなかった。

こちらは、小さなヒシバッタ。
e0035757_1735513.jpg

何処にでもいる、菱形の地味なバッタですが、個体により体色や模様の変化があります。

長いヒゲをフラフラさせているのはクロハネシロヒゲナガ。
e0035757_17432161.jpg

ヒゲナガガ科でガの仲間。

クロハネシロヒゲナガだと、最後に(ガ)が足りないのではないか、と思ってしまう。
しかし黒翅白鬚長蛾と書いてクロハネシロヒゲナガと読むようです。

そして、サカハチョウもいました。
e0035757_17565719.jpg

春型と夏型で模様が違うタテハチョウの仲間。
これは、春型。
去年の夏に御破裂山で見た、黒っぽい夏型と比べると、春型の方が派手な感じ。

イタドリの葉っぱに白いアマガエルも。
e0035757_1814287.jpg


田んぼ沿いの道から鳥見山公園へ入る山道があったので、そこから山の中へ。
山道を進むと、チゴユリがポツリポツリと咲いています。
e0035757_1821057.jpg

ある程度登りきると、広い道に合流。
近くに生えていたハナイカダ、花芽が出ていますがまだツボミ。
e0035757_1824271.jpg

ハナイカダは、葉っぱの中央付近から花芽がでる、不思議な植物。

広い道を進むと、鳥見山公園へ。
あちこちでツツジが咲いて、新緑の中を赤く染めています。
キアゲハが舞ってました。
e0035757_1831047.jpg

トイレ横から坂道を登ると、東海自然歩道の道標がある分岐へ。
一旦、鳥見山山頂への道に入り、とりあえず山頂へ。

ぬかるんだ山道を登っていたら、粘菌を見つけました。
e0035757_1844061.jpg

ツノホコリの仲間だと思います。

さらに進むと、足元にトゲヒゲトラカミキリが。
e0035757_1885124.jpg

触覚にトゲがあるのかな。

展望の無い山頂をチラ見した後、折り返して先ほどの東海自然歩道の分岐へ。

道端にいたツバメシジミ。
e0035757_1891095.jpg

翅の表が美しいのでオスですね。

自然歩道を進んで、鳥見山公園の出口付近の木のベンチで休憩。
木のテーブルの上に芽を出していた植物。
e0035757_1895655.jpg

松の枯れ葉が多かったので、松の芽かな。

これから、東海自然歩道を進んで、長谷寺方面へ向かいますが、あとは後半へ続きます。
by kou_shino | 2012-05-09 18:15 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

大阪府 六個山 ウラシマソウとウワミズザクラ

連休前半の最終日は、朝から生憎の曇り空でしたが、箕面の六個山へ行きました。
箕面駅から、車道沿いに歩いて「数学の森」へ。

「数学の森」って変わった名前の森です。森の中で数学の勉強でもするのでしょうか。
数学の森のゲートを少し進むと、左手に六個山へ至る西尾根コースの入口があるので、そこから山の中へ。

しばらく歩くと、数学の森のキャンプ場があるらしく、子供たちの声が聞こえてきますが、西尾根コースを歩くハイカーはいません。
薄い緑のラインが入っていたシダ。
e0035757_13195139.jpg

これも斑入りというのでしょうか、他のシダに比べて目立っていました。

カサコソと茂みに隠れようとするカナヘビ。
e0035757_13211668.jpg

なんかくっ付いているようなので、よく見たら脱皮の途中だったもよう。

身もだえしているような枝ぶりの木を見ながら、山道を登っていると。
e0035757_13213163.jpg

ナンテンショウの仲間の葉っぱがチラホラ生えている。
e0035757_1322839.jpg

十数枚の葉っぱが円形に並んでいるように見えますが、一枚の鳥足状複葉。

葉っぱは伸びているのに、なかなか花が見られませんでしたが、一つだけ咲いているのがありました。
花序の付属体が長々と伸びているので、これはウラシマソウですね。
e0035757_1322523.jpg

ウラシマソウは、雄花と雌花が別々の雌雄異株ですが、栄養状態がいいと性転換するらしい。
花株のない葉株が多かったのは、花を付けない「無性期」で、ある程度成長すると雄花を咲かせ、十分な栄養をとって大きくなったら雌花になるもよう。
ネットで調べると、これは性転換する魚で知られる、クマノミの成長と似ているらしい。

ウラシマソウばかり探していたので、つい見過ごしそうになった、ウワズミザクラ。
e0035757_13251278.jpg

これもでも桜の仲間。
見た目の印象はサクラとは程遠い感じ。
e0035757_13253789.jpg

ウワズミザクラは「上溝桜」と書き、亀甲占いをした時に、この材に溝を彫って使ったことに由来するらしい。
花の香りはしますが、曇天のせいか昆虫の姿はあまりありません。

頭上にヤマザクラでも咲いているのか、サクラの花びらがたくさん落ちています。
e0035757_13271879.jpg

木にクモの巣でもついているらしく、サクラの花びらが溜まっています。

やがて、六個山の山頂に到着。
登って来るまで、誰とも会いませんでいsたが、山頂に人は多い。
どうやら東尾根から登ってきているらしい。

山頂の三角点には六個山ではなく松尾山と書かれています。
江戸時代に周辺の6村が共同管理したため、六個山と呼ばれるようになったらしい。

下山は東尾根からあおぞら展望台からハート広場を抜け、桜谷コースを経て下山。
曇りだったせいか、あまり昆虫は発見できませんでした。

枯れ木に付いていた、白っぽくて細長いモノ。
見てると、なんだか動いてる。
e0035757_13304714.jpg

なんか、白い筒のような中にミノムシの幼虫みたいなのが入っているように見えます。
ツツミノガの仲間でしょうか。

時々見る、センチコガネ。
e0035757_13313665.jpg

松葉に頭を隠して隠れてる?

登っている途中で見かけたアブの仲間。
キバネオオヒラオオドリバエというアブが、ハグロケバエを捕えている所でしょうか?
e0035757_1332139.jpg

ハート広場でも、同じようにハグロケバエを捕えたキバネオオヒラオオドリバエがいました。
このオドリバエは、ケバエを求愛餌にしてメスを誘うらしい。

ウラシマソウの葉っぱだけが咲いていた桜谷を下り、桜広場を経て箕面の駅へ。
最後の坂を下っていると、斜面に白っぽい塊が。
e0035757_13385450.jpg

腐生植物ギンリョウソウのツボミですね。
by kou_shino | 2012-05-06 13:42 | 大阪府(87頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧