人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

奈良県 額井岳から戒場山 エゾゼミが鳴く森

台風が去って、涼しい秋晴れの土曜日、2年ぶりに奈良県の額井岳へ行きました。
前回同様のコースで、近鉄榛原駅からバスで天満台西4丁目で下車。

住宅地を経て十八神社(いそはじんじゃ)へ向かいます。
住宅地では地元の方に、額井岳(大和富士)は一度山頂部分が山火事で焼けた、という情報を入手。

涼しい秋風が流れる、青空の下の大和富士。
e0035757_23182763.jpg

十八神社の近くに来ると、道横の溝にカワニナがいました。
e0035757_23184753.jpg

昔はどこでも見られたのに、今は里山まで来ないと見られない淡水巻貝です。

十八神社から山の中へ。
台風時にかなり雨が流れたような道を登ると、いったん舗装道路へ。

飛んでいた赤トンボは、ノシメトンボのオス。
e0035757_2319328.jpg

ノシメトンボはあまり赤くなりませんが、もっともよく見られる赤トンボの一種なんだとか。

舗装道路から再び山道へ。
登り始めは、ツクツクボウシが1~2匹さびしく鳴いていましたが、山の中腹から上になると、ギギギーーーと鳴くセミの声が。

これはエゾゼミの鳴き声。
9月の半ばですが、まだ鳴き声は多いような気がします。

前回訪れた時も、エゾゼミの鳴き声を聞き、その姿を探しましたが、まったく見つけられませんでした。
今回も、生きたエゾゼミの姿は確認できず。

エゾゼミは、木の高い場所にいて、飛ばずにじっとしています。
おまけに木漏れ日がチラチラする森の中、何処にいるのか、さっぱりわかりません。

生きているエゾゼミが見つからなくても、きっと死んだのがいるはず、と地面を探すと。
落ちていましたよ、エゾゼミの死骸が。
e0035757_23193237.jpg

うーむ、これは初めて見るセミですね。
ヒグラシ程の大きさのセミかな、と思っていましたが意外に大きい。
アブラゼミくらいはあります。

考えてみると、額井岳から戒場山の山系でエゾゼミの鳴き声を聞いていますが、他の山でほとんど聞いた記憶がありません。
北海道・東北では平地でも見られるようですが、本州中部以西では、標高500~1000mの山地に生息するらしい。

額井岳(813m)・戒場山(738m)、でもなぜこのあたりだけに生息するのか。
次回は生きたエゾゼミを見てみたいものです。

山頂付近にシバグリが幾つも落ちていました。
e0035757_23202748.jpg

しかし、これは台風で落ちたようで、熟していない実も多く落ちています。

山頂手前で、栗のイガのようなツボミを付けた植物。
e0035757_23205592.jpg

最初、実かな、と思っていましたが、どうもツボミらしい。
アザミの仲間のオヤマボクチでしょうか。

額井岳の山頂からは室生の山々が見渡せます。
山頂から急斜面を下って、戒場山へ。

下り道にいた、ルリセンチコガネ。
e0035757_23212051.jpg

翅を少し広げていたので、ハイカーに踏まれて死んでいるのか、と思いましたが、生きていました。
秋口になると、オオセンチコガネによく出会います。

白い大きなキノコに、頭を突っ込んでいるセンチコガネ。
e0035757_23221064.jpg

キノコを食べているのかな。
こちらは、オオセンチコガネではなく、普通のセンチコガネ。

アップダウンの山道を進むと、やがて戒場山山頂。
山頂近くで見つけた、足の長いザトウムシ。
e0035757_23233963.jpg

胴体部分が1cm以上ありました。
e0035757_23235865.jpg

こんな大きなザトウムシは初めてです。

戒場山の山頂は展望がないので、そのまま戒長寺へ下山。

戒長寺手前の、谷筋に咲いていた花。
e0035757_232645.jpg

左上、カシワバハグマ
右上、モミジガサ
左下、たぶんオオバショウマ
右下、アキチョウジ

他にも何種類か秋の花が咲いていました。

戒長寺の、奈良県の天然記念物オハツキイチョウ。
前回とは違う角度から。
e0035757_23263353.jpg

右の枝はモミジなので、紅葉するとキレイかも。

実を付けた葉っぱは見当たりませんでした。

戒長寺の境内にいた、潰れたようなカマキリ。
e0035757_23265440.jpg

最初、押しつぶされて死んでいるのかと思いましたが、葉っぱの上で圧死というのも不自然です。

触ってみると普通に生きていました。
でも、翅はフニャフニャ。脱皮に失敗したのかな。

戒長寺から、山部赤人の墓を経て、天満台の住宅地へ。
住宅地へ入る前の、田んぼにいた、ノシメトンボのメス。
e0035757_232811100.jpg

額井岳から戒場山、のどかな里山での一日でした。
by kou_shino | 2011-09-26 23:49 | 奈良県(58頁) | Comments(2)

大阪府 竜王山 秋の花とキノコとナラ枯れ

約5年ほど使用していた、携帯電話のバッテリーカバーが、特に何もしていないのに破損。(寿命か?)
当時、ドコモの中で、唯一の防水機能付き携帯だったのに、とうとう防水機能ゼロになってしまいました。
どうやら、機種変更する時期が来たようだなぁ、と思う今日この頃。

またもや台風到来。
その前にと、祝日の月曜日に、久しぶりに大阪府茨木市の竜王山へ行きました。

日本には竜王山と名のつく山は多く、ウィキペディアによると63ヶ所もあります。
水や雨をもたらす竜王は雨乞いの神で、竜王山の名をもつ山は、かって雨乞いを行っていたらしい。

関係ありませんが、Wiiで復活したドラクエのラスボスも竜王だったなぁ、と思い出しながら出発。

茨木からバスで忍長寺へ。
東海自然歩道の標識に従い、山の中へ。

最初に目に付いた、腐生植物のギンリョウソウ。
e0035757_23234464.jpg

しかし、ギンリョウソウは春から夏に見られる植物なので、これはギンリョウソウモドキか。
別名アキノギンリョウソウ。
ギンリョウソウよく似ていますが、ちょっと違う種類。

しばらく登ると、道沿いの斜面にクチベニタケが見られました。
e0035757_2320674.jpg

ホコリタケやツチグリに近い種類で、触ると、クチベニの所から、プーッと胞子を発射します。

こちらのクチベニタケは、口が2つあります。
e0035757_2320286.jpg

フタクチクチベニタケとでも呼びましょうか、これがつながっていたらクチサケクチベニタケですね。

やがて舗装道路に合流し、しばらく進みます。
道沿いには、ヤマジノホトトギスの花が幾つも見られました。
e0035757_23247100.jpg

見れば見るほど不思議な形。
e0035757_23211361.jpg

この花を見て、宇宙ステーションを連想するのは私だけでしょうか。
ツボミもロケットみたいだし。

シンプルなキノコ!発見。
e0035757_23252192.jpg

キノコのシーズン到来です。
今年も、珍妙なキノコが見られるといいですね。

こちらは黒いナナフシ。
e0035757_23253980.jpg

触覚が短いので、ナナフシモドキかな。
何があったんでしょうか、右前脚と左後脚がもげています。

そして、どうしても顔に見える、アレチヌスビトハギの花。
e0035757_2326888.jpg


やがて雨乞いの神様、八大竜王を祀った宝池寺を抜けて、さらに進むと竜王山山頂。
立派な木製の展望台横から下山。

太陽が隠れて薄暗くなった山道を下っていくと、いろんなキノコが生えていました。
なんでしょう、紫色の大きなキノコは。
e0035757_23271395.jpg

こちらは、ダンゴのような幼いキノコ。
e0035757_23385069.jpg

ヒョウタンツギの後姿みたい。

山道を下っていると、気になる木を見つけました。
根元に粉を被った木です。
e0035757_2329040.jpg

木の幹を見ると、小さな穴が開いていて、そこから粉がこぼれています。
そう、これはナラ枯れの原因である、カシノナガキクイムシの仕業です。

京都の大文字山でも見かけましたが、竜王山でもナラ枯れが出ているようです。
下りながら、何本も粉(フラス)が出ている木を見つけましたが、その木には、赤いビニール紐が巻いてあります。
ビニール紐が巻いていない木も、カシノナガキクイムシの穴と大量のフラスが見られました。

舗装道路に出る近くの大きな木は、葉がすっかり枯れてしまっていました。
e0035757_23295429.jpg

わかりにくいですが、葉が枯れていなければ、空はほとんど見えないはずです。

いつからナラ枯れが始まっているのか、ネットで調べてみると。
「NPOおおさか緑と樹木の診断協会」のブログに載っていたので、日付を見たら、なんと今年からのようです。
分かっていても、どうすることもできないようですね。

ネジバナやヒヨドリソウを見ながら車作(くるまつくり)方面へ歩いていたら、ポツリポツリと雨が降ってきました。
車作の集落手前でかなりの雨脚になり、ハグロソウの花が咲く道をひたすら歩くことに。
e0035757_23304351.jpg


普通の秋雨ならば、もっと歩く予定でしたが、台風の影響があるかもしれない雨が降り始めたので、今回はここで終了。カメラが濡れるのも心配ですが、防水ゼロの携帯も心配。

車作の棚田に咲き始めたヒガンバナを眺めてバス停へ。
e0035757_23311573.jpg

車道が整備されたせいか、車作の周辺はえらく変わったような印象を受けました。
by kou_shino | 2011-09-20 23:41 | 大阪府(87頁) | Comments(2)

愛知県 葦毛湿原 可憐に咲くシラタマホシクサ

9月10日、夏の青春18きっぷが利用できる最終日に、豊橋まで遠征して葦毛湿原を訪れました。
最初の計画では、豊橋で一泊して石巻山も登ろうと予定していましたが、京都~豊橋間日帰りの旅に。

去年も、訪れる予定でしたが、台風でどこへも行けず、18きっぷを1回分未使用で終わってしまいました。
先週も大きな台風が来たので、葦毛湿原の状態が気になりましたが、どうやら大丈夫のようです。

この時期に、葦毛湿原へ行くのは、シラタマホシクサを見るため。
本来なら、もう少し後のほうが、秋の花を多く見られるようですが、18きっぷ利用では、9月の頭が限界です。

JR豊橋駅からバスで岩崎葦毛湿原で下車。
バスを降りて田んぼと住宅の間の道を進み、池の横から雑木林へ。

雑木林の入り口に、タコの足のような枝ぶりが印象的な木がありました。
e0035757_17434562.jpg

ツクツクボウシが盛んに鳴く雑木林をしばらく進むと、葦毛湿原の入り口に到着。
弓張山系山麓の湿原ですが、思っていたよりも、近くまで住宅地が迫ってきていました。

湿原に入ると、白いツブツブを付けた細い枝の植物がたくさん並んでいます。
これが、シラタマホシクサ。
e0035757_17441654.jpg

東海地方の一部の湿原でしか見られない、絶滅危惧種の植物です。

1㎝程の、玉のように見える、白い花で、「金平糖草」とも呼ばれるらしい。
e0035757_17443021.jpg

ホシクサ(星草)という名前のように、夜空に浮かぶ星粒のようにも見えます。
e0035757_17445164.jpg

湿原に現れた、天の川。
e0035757_1745531.jpg

昔に比べると、かなり数が減ったようです。

まだ咲き始めなので、訪れる人も少ない気がしましたが、地元の方の話では、TVで葦毛湿原の特集があったらしく、訪れる人が増えてくる、といっておられました。
一部のハイカーは、そのまま山道に入って、石巻山へと行くのでしょうか。

木道にしゃがみ込んで、湿原を覗きこむと、食虫植物の小さな花も見られます。
白い小さな花は、モウセンゴケ。
e0035757_1745513.jpg

こちらのピンクは、トウカイコモウセンゴケでしょう。
e0035757_1746360.jpg

それぞれの花の根元をよく見ると、粘液を出す独特の葉っぱが見られます。
e0035757_17461992.jpg


黄色い花は、タヌキモ科のミミカキグサ。
e0035757_17464997.jpg

ミミカキグサも食虫植物です。
こちらは、ムラサキミミカキグサ。
e0035757_1747389.jpg

探せば、4種類のミミカキグサが見つかるらしい。

他に咲いていた花は。
e0035757_17472665.jpg

上左、ミズギクかな。
上右、ノリウツギ。
下左、ミズギボウシ。
下右、キセルアザミ、などなど。

サワギキョウも咲き始めていました。
e0035757_1747468.jpg

帰りに見つけた、葦毛湿原の入り口にいた、唐辛子のように赤くなった赤トンボ。
リスアカネだと思います。
e0035757_17481295.jpg

赤トンボに別れを告げて帰路へ。
e0035757_17483261.jpg

往復約9時間、現地滞在約3時間の最後の夏休みでした。
by kou_shino | 2011-09-11 17:51 | 愛知県(6頁) | Comments(2)

ファーブルフォト カシルリオトシブミ

やたら遅くて、大きな体風12号の接近で、今回はどこにも行けず。
なので、今回は、今月のファーブルフォトです。

今回は、オトシブミの二種類目、イタドリの葉っぱにいた、カシルリオトシブミ。
オトシブミの仲間の中でも、ルリ色の金属光沢がある種類で、3~4㎜と小さいですが、美しい。
e0035757_194132.jpg

金属光沢がある昆虫は、とても気になります。
e0035757_1945247.jpg


プロポーション的には、頭部が小さく胴体が大きい感じ。
e0035757_1953626.jpg

複眼は、ヒメクロオトシブミと比べると、大きいような気がします。
e0035757_1955943.jpg

顔が小さいからそう見えるのかも。

こんにちは、という感じで。
e0035757_1961247.jpg


前脚の、人間でいえば上腕二頭筋に当たる部分が発達しています。
e0035757_1963251.jpg

これは、葉っぱを丸めて揺籃を作るための力こぶでしょうか。
e0035757_1975574.jpg

カシルリオトシブミという名前ですが、カシの葉にはあまりいなくて、イタドリノ他、フジ・ガマズミ・コナラなどで揺籃を作るらしい。
e0035757_197397.jpg

裏側から。
e0035757_1984981.jpg

イタドリの葉っぱはよく見ますが、カシルリオトシブミを見つけたのは初めてです。
e0035757_1994136.jpg

小さくて、今まで見過ごしていたようです。

カシルリオトシブミは、よく飛ぶのですぐに逃げられてしまう場合が多いです。
これからは、イタドリの葉も注意して見なくてはなりません。
by kou_shino | 2011-09-07 19:10 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧