人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

岐阜県 美濃高田から養老公園へ 恐怖!吸血生物の来襲

7月の終わりに、美濃津屋から養老公園へ歩きましたが、今回は養老駅から一つ手前の美濃高田駅から養老公園へ。前回同様、大垣駅から養老鉄道に乗って、美濃高田駅で下車。

美濃津屋駅と違い、こちらは有人駅。
駅前商店街のような道を、養老山脈向かって歩きます。

五日市川沿いに進むと、我が家の周辺ではすっかり姿を消してしまったクマゼミが相変わらずやかましい。
トンボが行きかう五日市川は、水位の低い川ですが、50㎝オーバーのコイが多い。
e0035757_1935396.jpg

途中の桜の木に、大きく育ったヤドリギが。
e0035757_934057.jpg

寄生植物のヤドリギを見るのは、久しぶり。

ホソバアキノノゲシが咲く田んぼを過ぎると、山裾の六社神社に到着。
e0035757_1942469.jpg

ここには、岐阜県指定の天然記念物、六社神社のムクノキがあります。
e0035757_1944469.jpg

見事な巨木です。
幹回り約7m、樹齢は300年以上らしい。

ムクノキに別れを告げて、坂道を歩き、害獣の防護柵を越えて山の中へ。
山では、ミンミンゼミやアブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの鳴き声が聞こえます。

特によく聞こえるのはミンミンゼミ。
1か月ほど前に、美濃津屋から歩いた時は、やかましいほどヒグラシが鳴いていたのに、今回ヒグラシの鳴き声は全く無し。ヒグラシは、9月に入っても鳴くセミだと思っていたのに、なんか不思議です。

一匹のミンミンゼミが元気なく地面にいたので、ひっくり返してみると、白いセミヤドリガの幼虫がくっついていました。
e0035757_195336.jpg

世界的には珍しいとされる、セミに寄生するセミヤドリガの寄宿主は、ヒグラシ(特にメス)が圧倒的に多いらしい。この日ヒグラシの鳴き声は全くなかったので、ミンミンゼミに寄生していたのでしょうか。

そういえば前回も、セミヤドリガに寄生されて体が白いヒグラシを何匹か見ました。
セミヤドリガに寄生されたセミは、死んだり産卵ができなくなったりすることはない、といわれていますが、このミンミンゼミはあきらかに弱っています。

この時、セミヤドリガの幼虫は、1匹だけでしたが、ミンミンゼミの腹部が白くなっていたので、複数のセミヤドリガの幼虫がついていたと思われます。
枝でツンツンと突いてセミヤドリガをはずして見ると…、ん!この幼虫、最近見たことある。

そう、美濃津屋から養老公園へ歩いた時に見つけた綿毛をつけた奇妙なムシ、アレは、コレだったんですね!この後、養老の滝近くでも、糸に吊られてフワフワ浮いているセミヤドリガの幼虫を見つけました。
(セミヤドリガの幼虫は、蛹になる時にセミから離れるもようです)

ネットで調べると、セミヤドリガが日本で初めて発見されたのが、岐阜県養老山だったらしい。
(明治31年、「昆虫翁」として知られる民間の昆虫学者名和靖氏が発見)
どおりで、養老山系でセミヤドリガの幼虫をよく見かけるわけです。

東海自然歩道に合流して、しばらく進むと、低い植物の幹にセミがとまっていました。
大きさから見て、ツクツクボウシかな。
そーっと近づいて、逃げないように写真を撮ると…、ん!なんか変。
e0035757_1963953.jpg

このツクツクボウシ、ピクリとも動きません。
死んでいるのか?

何なんだ、と思いながらよく見ると、体からカビのようなモノが出て、死んでいます。
e0035757_197565.jpg

これは、セミに寄生する菌類の一種、冬虫夏草のセミノハリセンボンです。

翅の脈にまで菌糸を伸ばし、シンマネと呼ばれる小さなピン状のキノコを出しています。

冬虫夏草は昆虫やクモ等に寄生する菌類です。
以前、何かの本で読んだのですが、冬虫夏草が昆虫などに寄生した時、一瞬で宿主を殺すらしい。
e0035757_1983385.jpg

冬虫夏草に寄生され死んだ昆虫たちに、もがき苦しんだ形跡がなく、今にも動きだしそうな状況で死んでいる場合が多いのだとか。
このツクツクボウシも、普通に枝にとまっているように見えました。

ヤドリギ、セミヤドリガ、セミノハリセンボンと、立て続けにいろいろな寄生生物と遭遇した今回の旅ですが、この後、身の毛もよだつ吸血鬼に襲われるとは、この段階では夢にも思っていませんでした。
それは、粘菌のタマホコリを撮って、しばらく歩いていた時です。
e0035757_1911474.jpg

なんか腕がかゆい、と思い何気に見ると、腕になんかいる。
小さくて細いモノが、腕にくっついている、なんだぁ~~~コレは!。

姿ははっきりと確認しませんでしたが、とっさに思い浮かんだのが、ヤマビル。
そういや、前回もヤマビルがいるって書かれた場所があった。

足もとを見ると、1~2㎝の小さなヤマビルたちが、地面や靴の上をうごめいています。
ひぇ~~~~~。
大パニック。

無我夢中で靴に付いていたヤマビルを振り落とし、ヒタスラ山道を歩いて、日当たりの良い所へ急ぎました。
周りにヒルの姿がいないか確かめてから、靴を脱いで総チェック。

幸い、ヤマビルはすべて振り落とした模様。
靴下に少し血がにじんでいる。どうやら靴下ごしに血を吸われたらしい。

今まで、ヤマビルに遭遇したことがなかったので、今回かなりの精神的ショックを受けました。
しかし、考えてみれば、粘菌だの冬虫夏草だのを探しに、ヤマビルが好んでいそうな湿気のある日当たりの悪そうな場所を歩き続けてきたのに、今まで遭遇しなかったのが不思議だったかも知れません。

ああ、へこむなぁ。

総チェックの時、服に付いていたムラサキシラホシカメムシ。
e0035757_19121717.jpg

カメムシが可愛く見えますよ。

山道で、生き物を探す余裕もなく、時々足もとを調べながら歩くことに。
鎌倉から室町時代の石仏をたくさん集めた、千体石仏群に到着。
e0035757_19124841.jpg

その隣に、織田信長に焼かれた、多芸七坊の柏尾廃寺跡へ。
柏尾廃寺跡に生えていたのは、ヒトヨタケの仲間か。
e0035757_19131454.jpg

日当たりでの足もとチェックを頻繁にしながら、歩いていると、大きなクロアゲハの仲間が。
e0035757_94681.jpg

後翅が一つかけてましたが、青色が妙に印象的だったので、カラスアゲハかな?
カラスアゲハにしては、全身があまり美しくないけれど。

山道を抜けて車道に出ると、養老公園へ。
前回、見に行かなかった養老の滝へ。
e0035757_19135839.jpg

帰りに、名水百選にも選ばれている、菊水泉をペットボトル一本分飲んで、帰途へ。
前半、調子が良かったんですが、後半は、ヤマビルのせいで、グダグダでした。
by kou_shino | 2011-08-31 19:16 | 岐阜県(2頁) | Comments(2)

和歌山県 藤白坂 熊野古道を歩く

紀伊半島に広がる熊野古道は、熊野三山への参詣道で、紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路の5つの道があります。
今回は、和歌山県まで足をのばし、紀伊路の一部である、藤白坂を歩いてきました。

秋実前線が南下しているらしく、曇り空が広がり、セミの鳴き声も少なくなり、気温の下がった土曜日に出かけました。

新大阪から和歌山経由で、JRきのくに線の冷水浦(しみずうら)駅で下車。
隣の海南駅は、街中の駅という感じがしましたが、一つ隣の冷水浦駅は無人駅で、周囲に店や自販機も見当たりません。

新大阪でペットボトルのお茶を買っといてよかった、と思いながら、地元の方に道を教えてもらい、民家横の細い道を、少し迷いながら進みます。
細い道はミカン畑を過ぎて、やがて山の中へ。

山の入り口付近で、ヒラヒラと舞っていたモンキアゲハ。
e0035757_18123994.jpg

モンキアゲハは、よく見かけました。

アブラゼミの死がいが幾つも転がっている、やや荒れ気味の山道を、ずんずんと登ります。

葉っぱにいた、ヒゲナガサシガメ。
e0035757_18132894.jpg

ネットで調べると、ホソマキバサシガメと書かれている場合もあり、どっちがどうなのかよくわかりません。

山の中は、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシの鳴き声も聞こえますが、印象に残るのはミンミンゼミの鳴き声。やかましく鳴いています。

山道に落ちていた、白い斑紋がある鳥の羽。
e0035757_18141094.jpg

羽が小さいので、コゲラの羽かな。

尾根筋に出たら蓮如上人御休息所跡で一服。
ここから、和歌山の海が望めます。

山道でウロウロしていたジガバチ。
e0035757_18151038.jpg

やたらと付きまとうアブを追い払いながら、尾根筋の登りを登っていくと、地蔵峰寺に到着。
ここが「峠の地蔵さん」と呼ばれている所でしょう。

寺の裏にある御所の芝は、和歌山県の朝日・夕日100選にも選ばれている所ですが、本日はあいにくの曇り。地蔵峰寺の前からようやく「熊野古道」で、ここから藤白神社を目指します。

寺の周辺には何軒かの民家があり、民家を抜けて丁石地蔵が並ぶ藤白坂を下りようとした時、地元の方が登ってきました。
どうも、冷水浦駅の前で道を教えてくれた方のようで、向こうは私のことを覚えていました。

熊野古道に詳しい方で、峠の地蔵さんを見ていないというと、地蔵峰寺まで戻ることになり、国の重要文化財に指定されている地蔵尊の写真も撮ることに。
その方、熊野古道にすごく詳しいはずで、熊野古道全コースを制覇されたらしい。
いろいろとお話を伺った後で、再び藤白坂へ。

少し下ると、筆捨松の跡があり、すぐそばに大きな硯石と呼ばれる石があります。
筆捨松跡は、平安時代の絵師巨勢金岡が、熊野権現の化身の童子と松の絵を競画して敗れ、筆を投げ捨てたという伝承があった松の跡。
そして江戸時代に紀州の殿様が、そんな伝承があるのなら硯もいるだろう、と大きな石を削って硯石をこしらえたらしい。

今回のルートは短く、時間はたっぷりあるので、藤白坂を昆虫を探しながらぶらぶらと歩きます。
腹部が赤くなったマユタテアカネ。
e0035757_18174834.jpg

近くの葉っぱからは、バッタが覗いていました。
e0035757_1818972.jpg

このバッタ、じっと見ていると口元にも顔があるような・・・。

葉っぱの上にとまった、ダイミョウセセリ。
e0035757_18183788.jpg

このダイミョウセセリは、後ろ翅の白い紋が薄く、関東型に近い感じ。

こちらの赤とんぼは、ヒメアカネかな。
e0035757_18273269.jpg


これは、2㎜程しかない謎の小さな昆虫。
e0035757_18275761.jpg

ハムシの仲間か?と思い、肉眼で確認できなかったので、写真に撮って拡大してみたら、これはハエ?
頭に突起(触覚?)がある白い帽子をかぶったようにも見えます。
翅があるのか、確認できませんでしたが、少し目を離すといなくなっていました。

やけに小さなクロアゲハがいる、と思ったら。
e0035757_18285429.jpg

アゲハモドキという名のガの仲間。
毒をもったジャコウアゲハに擬態しているらしい。

その近くにいた、もっと小さなガ。
e0035757_18301790.jpg

イヌビワハマキモドキかな。
絨毯みたいな模様です。

草むらの中には、縦に平べったいバッタの幼虫が。
e0035757_18313223.jpg

何の幼虫かな?

またもや赤とんぼ!?
e0035757_18343758.jpg

全身真っ赤な、ベニイトトンボでした。
ベニイトトンボは、数が少ないらしく、京都では絶滅危惧種。
ヒメアカネやベニイトトンボは、湿地や沼の近くに生息と書かれていますが、この近くに沼があるのかなぁ?

ダラダラと坂道を下っていくと、やがて舗装道路に出て、しばらく歩くと藤白神社へ。
藤白神社境内には、大きなクスノキが何本かあり、その中でも楠神社の御神木の千年楠は、圧倒されるような大きさで、見応えがあります。
e0035757_18363290.jpg

2本並んでいるのかと思ったら、根元近くでくっついていました。

楠神社は、古来「子守の宮」として広く信仰されていて、ここの神様から「楠」「熊」「藤」等の名前を子どもに授ける人は多くいるらしい。
和歌山の博物学者、南方熊楠もこの神社より名を授かったという。

南方熊楠も触ったかもしれない大楠に手を触れてから藤白神社を後に。
神社を出てすぐ左手にある、日本全国にいる鈴木姓のルーツといわれている鈴木家屋敷を見学してからJR海南駅へ。
by kou_shino | 2011-08-23 18:39 | 和歌山県(9頁) | Comments(4)

ファーブルフォト トゲアリ

今月のファーブルフォトは、トゲアリです。

最初見たとき、トゲの存在に気がつきませんでした。
e0035757_212218.jpg

小さくて、胸部が赤っぽいなぁ、くらいの認識。

しかし、よーく見ると胸部には、胸部に鋭いトゲが並んでいます。
e0035757_2125624.jpg

こんなアリが日本にいるとは、知りませんでした。
e0035757_2132654.jpg

前に突き出した1対、上に向いている1対、後ろに向いている1対、そして大きな釣針のようなのが1対、計4対8本のトゲがあります。
e0035757_2134059.jpg

頭部と腹部が黒いので、まるで鎧を装備しているようにみえました。
初めて見た印象は、ドラゴンクエストに出てくる「やいばのよろい」です。

自然は、なぜこのアリにトゲを与えたのでしょうか。

大きな釣針状のトゲは、やや下向きにあるため、腹部を伸ばした状態だと、腹部に刺さりそうです。
e0035757_214332.jpg

そのため、このアリは、腹部を胸部の下に抱えるように丸めていることが多い。

なんか意味があるんでしょうね。
彼らの生活に役立つ何かが。
e0035757_214351.jpg

トゲアリは、一時的社会寄生をするらしい。

一時的社会寄生とは、まず、交尾後のトゲアリの女王アリが単独で、クロオオアリやムネアカオオアリの巣に潜り込み、そこの女王アリを殺す。
そして自らがその巣の女王アリとなり、元々いるクロオオアリやムネアカオオアリの働きアリに、トゲアリの女王の子育てをさせるという。

やがて、元々いた働きアリはやがて死んで、その巣はトゲアリだけの巣となり、そこからは自分たちだけで生活していく。
このような生活に、トゲが必要なんでしょうか?
e0035757_215886.jpg

「やいばのよろい」を装備したトゲアリは、不敵なサムライのようにも見えました。
e0035757_2152458.jpg

by kou_shino | 2011-08-16 21:08 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(4)

兵庫県 書写山 赤トンボとコハナバチの仲間

書写山は中腹から山頂にかけて平安時代初期に創建された、西の比叡山ともいわれる、西国三十三箇所第27番の圓教寺があります。
自然の中に佇む威厳のある境内はハリウッドも気に入ったらしく、映画「ラストサムライ」のロケ地にもなったんだとか。

JR姫路駅からバスに乗り書写で下車。
書写から東坂参道を登ります。

山の入り口にいた、赤とんぼの仲間、たぶんマユタテアカネ。
e0035757_1855169.jpg

まだ赤くはありませんが、夏の終わりには赤くなると思います。

山の中に入ると、風が涼しく、少し気温が下がったような気がしました。
ニイニイゼミやアブラゼミ、たまに聞こえるクマゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシなどのセミの声は賑やかですが。

岩場が多い道を登っていくと、崖地の一部が色が違う。
よく見ると、小さな穴がたくさんあいていて、小さなハチが入っていきます。
e0035757_18553682.jpg

色が違うのは、穴を開けるために土を掻きだしので、粉のような土に覆われているためだと思います。
土に中に巣を作るハチは、ミツバチを小さくしたような感じのハチで、後ろ脚に花粉を付けたのもいます。
e0035757_18563545.jpg

巣穴を眺めていると、地元の方がやってきて、「これはジガバチです」と言われました。
しかし、私の知ってるジガバチと全然姿が違います。

跡で調べた結果、このハチはコハナバチの仲間ではないか、と思います。
姫路では、コハナバチの事をジガバチというのでしょうか。
地域的な表現なのかもしれません。

このコハナバチのアパートのような場所は、帰りの西坂にもあり、そこでは、同じ穴に入ろうとする別のハチを見つけました。
先ほどのコハナバチより小さくて黒っぽい。
e0035757_18575247.jpg

コハナバチの仲間には、コハナバチの巣に、勝手に卵を産んで育てさせるという、ヤドリコハナバチという寄生蜂もいるらしい。

この黒っぽい小さなハチは、穴に入っては出てきて、また別の穴をねらっているような感じ。
まぁ、実際どうなのかは、ファーブルのごとくじっくりと観察する必要はありますね。

ロープウェイ駅山上駅で、一休み。
ロープウェイまで登ってくる途中、気になる植物を見つけました。

木の幹に寄生する植物です。
e0035757_18593781.jpg

花は咲いていませんが、なんとなく、木に寄生する野生ランのセッコクに似ているような。
野生のセッコクは見たことがないので、何ともいえませんが、気になります。

入山料500円を支払い、圓教寺境内へ。
とりあえず、摩尼殿へ。

途中で見えた、眼下の田んぼ。
e0035757_1901580.jpg

姫路城が絵ががれているのかな。

摩尼殿の周辺は、観光客が多く、バスでもこれるようです。
摩尼殿を過ぎて、白山権現への自然観察路を登ります。

白山権現の裏が書写山の山頂。
そこからぐるりと歩いて、大講堂へ。

山頂付近で見つけた、赤とんぼ。
e0035757_1905610.jpg

ミヤマアカネかな。
こちらもまだ赤くなっていません。

大講堂まで来ると、小さな子どもたちが団体でやってきました。
この暑い盛りに、ハイキングでしょうか。

展望台の方へ行こううとすると、子どもたちもそちらへ向かう感じ。
展望台はあきらめて、シダ植物に覆われたタカオモミジを眺め、西坂より下山。
e0035757_1913036.jpg

西坂分岐近くにいた、アミガサハゴロモ。
e0035757_1914646.jpg


西坂は、車も通る道のようで、幅が広い。
道を下る途中にいた、尾が赤くなった赤とんぼ。
e0035757_1921465.jpg

これは、リスアカネかな?

下り坂を、時々通る車をよけつつ、ブラブラと下山。
丁石にとまっていたアブの仲間。
e0035757_1923178.jpg


下りの崖地のへこみに、コケで作られた鳥の巣のようなものを見つけました。
e0035757_193369.jpg

上に、直径約7㎝、深さ約3㎝のへこみがあり、フカフカとして鳥の巣としか思えません。

しかし、作られた場所が変。
車や人が行き来するであろう道のすく横で、しかも低い位置。
こんなところに鳥が巣を作るのか?

作るのは作ったが、やっぱり駄目だぁ、と捨てられた巣かも知れませんね。
by kou_shino | 2011-08-10 19:10 | 兵庫県(73頁) | Comments(0)

岐阜県 美濃津屋から養老公園へ

青春18きっぷで、岐阜県まで足をのばし、大垣駅から養老電鉄に乗り換えて美濃津屋駅へ。
養老鉄道の中刷り広告によると、養老鉄道が今年創業100周年らしく、記念切符が販売されるらしいけど、1000枚限定だとすぐに売り切れするのではないでしょうか。

養老鉄道は自転車の持ち込みができるらしく、学生さん達が自転車ごと車内に乗り入れてきます。
無人駅も多く、普段接することのない風景は新鮮で、旅に来たんだぁ~、という感じ。

美濃津屋駅も無人で、反対側のホームに東海自然歩道の標識が立っている。
駅周辺には店も飲料水の自販機も見当たらない。

東海自然歩道の標識に従い、山へと歩いていきます。
途中、民家の軒先に咲いていた花に、スズメガの仲間のホウジャク。
e0035757_18544038.jpg

ホバリングしながら蜜を吸う姿は、ちょっとガの仲間とは思えません。

山裾の道を歩いていると、ヤマトシジミがいました。
e0035757_1854521.jpg

山の中に入っていくと、ヒグラシの鳴き声が聞こえてきました。
最初は、カナカナカナと印象深い鳴き声だなあぁ、と思っていました。

セミはある一定の気温になると鳴き、気温が高くなる日中はあまり鳴きません。
しかし、山の中は気温が高くならないせいか、ヒグラシとニイニイゼミは、森の中に入ってから、養老公園に着くまで、ずーっと鳴きっぱなしです。

あの、やかましいクマゼミやアブラゼミ、ミンミンゼミでも鳴かない時間帯があるのに。
もう最後のほうでは、耳がおかしくなってきました。

特にヒグラシは、足もとで鳴きます、すぐ横の木で鳴きます。
e0035757_18555155.jpg

いったい何匹いるんじゃ~と、叫びたくなるほどやかましい。

山の中で見つけた、粘菌。
またツノホコリかな、と思ったらサンゴのような姿です。
e0035757_18561214.jpg

タマサンゴホコリでしょうか。

うっそうとした森の中を歩いていると、1㎝程の白いモノが動いています。
何だろう。
小枝で裏返してみると…
e0035757_18562710.jpg

なんかムシの幼虫みたい。
太短い芋虫のようなモノが綿毛を被っているように見えます。
(追記:後日判明しましたが、これはセミヤドリガの幼虫でした。セミから離れ蛹になるようです)

何年か前に菊水山に行った時、似たようなムシを見ました。
これと同じように、白い綿毛をまとったムシでしたが、これよりもっと小さかった。

結局何のムシか判明しませんでしたが、白い綿毛をまとった昆虫の幼虫というのは、意外に多い。
コレも、おそらくカイガラムシと同じような成分を出しているのではないでしょうか。

しばらく歩いていると、木の葉に白い綿のようなモノが。
葉っぱを裏返すと、綿毛にまみれた別のムシ。
e0035757_18571947.jpg

これは、アオバハゴロモの幼虫です。
何匹か集まると、カイガラムシがついているかのように、真っ白になります。

再び粘菌らしい白い物体を発見。
e0035757_18583617.jpg

子実体になろうとしているところなんでしょうか。

こちらは、久しぶりに見つけた粘菌(変形菌)の変形体。
e0035757_18592267.jpg

わかりにくいかもしれませんが、黄色いのがそうです。朽木の中からムニュムニュと出てくるところ。
変形菌の変形体は、黄色、オレンジ色、赤、青、白、と原色が多いようですが、あまり見ることはできません。
どこにでもいる、という話ですが、ただ歩いているだけで見つけるのは稀です。

粘菌の仲間は、大きく分けると、真生粘菌(変形菌)と原生粘菌と細胞性粘菌に分けられるらしい。
ツノホコリの仲間は、原生粘菌とする本もありあます。

ただ、この分け方が今現在も使用されているかどうかはわかりません。
昔は、全部ひと括りに粘菌と呼ばれていました。

今は、粘菌といえば変形菌の事をさすことが多いようです。
細胞性粘菌は、単細胞生物が途中から多細胞生物になる、という不思議なヤツらで、昔一度だけTVで見ただけ。

トンボのような虫が飛んできてとまった。
これはウスバカゲロウ。
e0035757_1914078.jpg

幼虫のアリジゴクの大きさから考えると、成虫はやけに大きく感じます。

こちらはキモンガ。
e0035757_192096.jpg

タイガースカラーの蛾で、山の中を歩いていると、よく見かけます。
今までも何回か撮った記憶はありますが、なぜか今までブログに載らなかった蛾。

風呂谷まで来ると、風呂谷から河原越までのコースはヤマビルが生息しているので足もとに注意、という看板がありました。
そうか、気をつけなければ、と思いましたが、よく考えると、河原越から風呂谷は、今まで歩いてきたルート。

今さら知らせてもらっても、もう手遅れです。
しかし、ヤマビルの被害にも遭わなかったので、まあいいか。

朽木が転がっている道を歩くと、再び朽木の穴から粘菌(変形菌)の変形体が出てくるところを見つけました。
e0035757_1935326.jpg

変形菌は、一時間に1cmほど移動するらしいのですが、まだ移動するところを観察したことはありません。
時間に余裕のあるときに見つけたらぜひ観察したいのですが、今日は無理。

この変形菌は、先ほどの変形菌もそうですが、多分キフシススホコリだと思います。
すぐ横に、キフシススホコリの子実体がありました。
e0035757_1941772.jpg

こちらは。粘菌(変形菌)のクダホコリかな。
e0035757_1944013.jpg

今熊谷を越えると、集落の横に出てきました。

何気に、民家に生えているツバキを見ると、ツバキシギゾウムシがツバキの実に長い口吻を突っ込んで穴を開けている最中の姿を目撃しました。
e0035757_1951128.jpg

たぶんメスでしょう。開けた穴に卵を産むと思われます。
ツバキシギゾウムシの口吻はゾウムシの中でも特に長く、メスの口吻は体長以上あります。

前々から、このゾウムシを見たい、と思っていたので、ラッキーって感じでした。
しばらく、この状態が続くだろうと、他のツバキの実を見て回るうちに強い風が吹いて、先ほどのツバキシギゾウムシがいた辺りに枯れ枝がガサッと落ちた。

あわてて見に行くと、もうさっきまでツバキの実に穴を開けていたツバキシギゾウムシの姿はなし。
非常にアンラッキーです。しばらく、ほかのツバキも見て回りましたが、ゾウムシの姿は見られず。
なかなか思うように自然は見せてくれません。

途中道を間違えましたが、赤岩神社から京ヶ脇を経て、養老公園に無事到着。
養老へは、この夏にもう一回来る予定なので、養老の滝は次回のお楽しみに。

養老公園を離れた時、ようやくセミの鳴き声からのがれられました。
by kou_shino | 2011-08-03 19:17 | 岐阜県(2頁) | Comments(6)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧