人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪府 山田池公園 野鳥たちの春

久しぶりの山田池公園です。
2月最後の日曜日は、ポカポカと暖かく、春本番、という感じ。

バス停から歩いて、池のほとりまで来ると、毎回カワセミが見られる所で、今回もカワセミ発見。
しかも、同時に二羽もいる。
e0035757_18502436.jpg

上下のクチバシが黒いのがオスで、下クチバシが赤いのがメス。
お互いに背を向けあって、徐々に近づくんですが、近づきすぎると、バッと飛び立ちます。
e0035757_1851550.jpg

繁殖期前のお見合いでもしているのでしょうか。

こちらはメスの正面顔。
e0035757_18512370.jpg

そしてこちらがオス。
e0035757_18513234.jpg

水面を狙っているようにも見えますが、給餌行動のダイビングはしません。
メスが気になっているようです。

日曜日で人が多く、やがてカワセミたちは何処かへ行っていしまいました。

梅林方面に行くと、エナガがいました。
どうも、枝の皮をクチバシで剥いでいるようです。
e0035757_18523533.jpg

これは、巣作りの準備なんでしょうか。
野鳥の巣の材料は、落ちている物を利用する、と思っていましたが、枝の皮を削ぐ事もあるんですね。
e0035757_18524747.jpg

小さなクチバシに、枝の皮をいっぱいくわえています。

山田池公園の梅林はほぼ満開。
e0035757_185434.jpg

人も多いですが、メジロたちも忙しく飛び回っています。
e0035757_18541442.jpg

今年も撮れたウメジロー。
e0035757_18543092.jpg


他にも野鳥はいましたが、なかなか上手く撮れませんでした。
カワセミの近くにいた、シメとか、
e0035757_18582129.jpg

草むらから出てきたウグイスの仲間。
e0035757_1856321.jpg

ウグイスの仲間には、ムシクイという名を持つよく似た鳥が多い。
まゆ毛のような眉斑と、目の上を通る過眼線、そして全体の雰囲気がよく似ていて見分けづらいです。

ホーホヶキョと囀ってくれたら、ウグイスと分かりやすいのですが、チュンチュンと時鳴きのみだとよくわかりません。
野鳥には、地鳴きと囀りの二種類の鳴き方があり、囀りは主に縄張り宣言や雌を呼ぶ為の鳴き声です。

冠羽や飾り羽といった夏羽の特徴が出てきているコサギ。
e0035757_18561657.jpg


山田池公園には、のら?猫も多い。
e0035757_1913888.jpg

今回は白黒の猫が目につきました。
ひょっとすると、みんな親子兄弟なのか。

この猫は撮り始めたらまっすぐこちらに歩いてきました。
e0035757_1915585.jpg

左右の目の大きさが違うように見えるのは、たぶん目の錯覚ではないかと…。

ある程度近づくと、微妙な距離をおいて避けていきます。
いかにもネコらしい行動ですね。
by kou_shino | 2011-02-28 19:04 | 大阪府(87頁) | Comments(2)

京都府 府立植物園散策

一週ごとに暖かくなったり寒くなったりえで、まさに三寒四温で今週の日曜日は、終始どんよりとした曇り空でしたが、少し暖かかったです。
今回は昼から京都府立植物園へ散策に行きました。

植物園ではありますが、樹木が多いので野鳥たちも多く、野鳥観察に来る人たちもいます。
ベンチで休んでいたら、アオジが現れました。
e0035757_18433431.jpg

園内の梅林へ行くと、ほとんどの梅はまだツボミ。
でも、咲き始めている木も2~3本ありました。

梅林内で、愛嬌をふりまくジョウビタキのメス。
地面に何か食べるものはないかと、懸命に探しています。

e0035757_1910333.jpg

人の気配に慣れているのか、かなり近づいても逃げません。

梅の花にもヤマガラ等の小鳥が集まってきました。
梅を見に来た人たちから、「ウグイスがいる」との声がちらほら。
e0035757_1844151.jpg

どう見ても、ヤマガラはウグイスに見えません。

しかし、梅の花に小鳥が来ると、鳥に詳しくない人々の反応は、とにかく「梅にウグイス」なのです。
梅林に来ると、「梅にウグイス」という言葉が、広く世間に浸透している、というのが実感できます。

何やら食べ物を見つけたヤマガラ。
e0035757_18564627.jpg

他にもシジュウカラや、
e0035757_1857052.jpg

一回り小さなヒガラ等が飛び回っていました。
e0035757_18571142.jpg


梅林の横にある、オオカナメモチの樹液を舐めるヒヨドリ。
e0035757_1859229.jpg

ヒヨドリはかなり甘党といわれているので、オオカナメモチの樹液も甘いのでしょうか。

十数羽程のマヒワの群れも見られました。
e0035757_18591654.jpg


せっかくの植物園なので、今見られる花も。
e0035757_18594094.jpg

左上:セリバオウレン、右上:バイカオウレン
左下:セツブンソウ、右下:フクジュソウ
いずれもキンポウゲ科の春を告げる花。

園芸種では、スノードロップというヒガンバナ科の花が面白い。
e0035757_18595380.jpg

こちらも春を告げる花です。

園内でよく見かける、ウロコ状の羽が特徴のキジバト。
e0035757_190640.jpg

キジバトを調べていたら、キジバト等のハトの仲間は、他の野鳥には無いユニークな子育てをするらしい。

雛が羽化する時期になると、親バトの喉の奥にあるそ嚢にピジョンミルクと呼ばれる、哺乳類の母乳によく似た成分の液体が溜まり始めます。
ハトの仲間は、羽化した雛にピジョンミルクを与えながら子育てをするのだそうです。

ハトミルクとも呼ばれるピジョンミルクは、オスメスどちらも作ることができるようで、子育てが終わると出なくなるらしい。
熱帯魚のディスカスがディスカスミルクを体から出して稚魚を育てる、というのは聞いたことがありますが、キジバトのピジョンミルクは知りませんでした。

4時を回ると寒くなってきたので、池でカワセミを見てから帰りました。
e0035757_1902036.jpg

by kou_shino | 2011-02-23 19:18 | 京都府(98頁) | Comments(4)

兵庫県 有馬富士公園散策

今月二週目の日曜日は、兵庫県にある有馬富士公園に行きました。
先週の昼間は、カメが甲羅干しするくらい天気が良く春のような暖かさでしたが、一転真冬に逆戻り。
小雪が舞い、寒風吹きつける非常に寒い一日です。

新三田駅から歩いて,有馬富士公園へ。
ピラミッド型の有馬富士を控える福島大池にはカモ類の姿が。
e0035757_18133042.jpg

例年より多いのか少ないのかわかりませんが、ここはヒドリガモがメイン。
e0035757_18135315.jpg

あと、ホシハジロ、キンクロハジ、オナガガモ、マガモ等がいました。
水中に潜って餌を採るホシハジロ。
e0035757_1814865.jpg

他にはカイツブリ、オオバン等が浮かんでいます。
陸地と水面を行き来するヒドリガモ達。
e0035757_18142569.jpg


大きなマガモがいる、と思いましたが、これはたぶんアオクビアヒルでしょう。
e0035757_18155299.jpg

マガモがアヒルに家禽されたのは、数あるカモ類の中でマガモが一番美味しかったらしい。

池の周辺には、ツグミやシロハラがかなり近くで見られます。
e0035757_18164040.jpg

枯れ葉をめくりながら、何を探しているのでしょう。
夢中になって食べ物を探すシロハラ。
e0035757_18165243.jpg

ジョウビタキのオスも近くまで来ます。
e0035757_181841.jpg

オレンジ色と白い紋が良く目立ちます。
e0035757_18181751.jpg

アオジもよく見かけます。
e0035757_18183685.jpg

シロハラやジョウビタキよりも警戒心が強く、近づきにくい感じ。
e0035757_18185036.jpg

あまりにも寒いので、池を一周して退散。

帰り道でミノムシの蓑を見つけたので、中はどうなっているのか見て見ると、なんと!
小さなサナギがいっぱい出てきました。
e0035757_18203032.jpg

これは、1990年代に中国からやってきた外来種の寄生蝿、オオミノガヤドリバエのサナギだと思います。
蓑の奥にミノガの幼虫が萎びていました。

かっては、公園等の木々にぶら下がり、日本の冬の風物詩として親しまれていたミノムシでしたが、最近はとんと見かけません。
たくさんいたミノムシも、今ではヤドリバエによって絶滅を危惧されている状況です。

ミノムシの幼虫を蓑から出して、細かく切った色紙と一緒に箱に入れておくと、枯れ葉や枯れ枝の代わりに、色紙で色鮮やかな蓑を作ります。
子供の遊びとして流行りましたが、もう今は昔…。

駅に向かう車道を歩いていると、黒っぽい鳥の羽根が落ちていたので拾ってみると。
キレイな青い模様が。
e0035757_1820535.jpg

たぶんカケスの羽ではないでしょうか。

鳥は、基本的に青や緑の色素を持っていないといわれています。
しかし、現実には、カワセミやオオルリといった青い鳥は存在するのは何故でしょう。

この羽の青や緑の色は「構造色」といい、羽毛表面の微細な構造が光を回折させることなどによって青や緑の色彩を作りだしているのです。
e0035757_18211684.jpg

色素と構造色の違いは、
色素は年月がたつと色あせるが構造色は色あせない。
屈折率が変わると、色素は変化しないが構造色は変化する。

カワセミも、鮮やかな青に見えたり、緑っぽく見えたりしますよね。
鳥類だけでなく、昆虫や魚類、ハ虫類など多くの生き物が構造色を持っています。
by kou_shino | 2011-02-16 18:29 | 兵庫県(73頁) | Comments(2)

奈良県 平城京跡で鳥見散歩

2月最初の日曜日は、奈良県平城京跡周辺を歩いてきました。

近鉄平城駅からブラブラ歩いて、池巡り。
池にはカルガモやマガモ、カイツブリなどがいました。

池には大きな鯉もいるようで、パンを千切って与えている人もいます。
パンの切れはしを思いっきり目で確認している鯉。
e0035757_17462691.jpg

鯉の視力は色の識別能力もあるようですね。

平城京跡近くまで来ると、平地にはツグミやシロハラ等の野鳥が多い。
キジバトがいました。
e0035757_17464387.jpg

キジバトは、家の庭にもやってくるので、今までは見かけても写真にも撮っていませんでした。

非常によく見かけたツグミ。
e0035757_17465785.jpg

枯れ草をついばんで何をしているのか。

ケリの姿ももよく見かけました。
e0035757_174795.jpg


池に目をやれば、必ず見かけるカイツブリ。
e0035757_17474630.jpg

クチバシの根元に黄色い模様があり、遠くから見ると、それが口に見えたりしますね。

水上池では、ミコアイサのメス達が泳いでいました。
e0035757_1749281.jpg

平城京跡にあるいくつかの池では、ミコアイサのメスはよく見るのですが、何故かオスの姿を見た事がありません。

草むらでゴソゴソしていたのは、バンでしょうか。
e0035757_17495541.jpg

額板は発達していないので、若鳥のようです。
池には、バン、オオバンが数匹泳いでいました。

小さな池にいたのは、ホシハジロのメスでしょうか。
e0035757_17501676.jpg

今回、カルガモやマガモの姿はよく見かけましたが、全体的に冬に飛来するカモたちの姿がとても少ないように感じられました。
昆陽池や浜甲子園でも感じたんですが、カモの数が異様に少ない気がします。

常に同じ場所で観察している訳ではないので、地元の方はどう思っているのだろう、と思い、バードウォッチングをしている人に、カモが少ないですねと聞いてみたら、「今回は異常に少ない、異変だ」とおっしゃっていました。
渡り鳥の鳥インフルエンザが多いこの冬は、渡ってくる前に多くのカモが死んだんじゃないだろうか、という意見も聞きました。

他の地域ではどうなんでしょう。
たまたま少ない所にあたっただけでしょうか。

留鳥のカルガモは相変わらず。
e0035757_1753193.jpg

カモの頭は、正面から見ると下膨れのオムスビ型ですね。
コガモの頭は、キレイな三角形のオムスビ型。
e0035757_17565010.jpg

変な顔です。

池のほとりにはゴイサギの幼鳥が数羽寝ていました。
e0035757_1757387.jpg

モズと一緒にいたのは、ジョウビタキのメス。
e0035757_17591664.jpg

オレンジ色の尾羽が美しい。

池の周りを歩いていると、対岸に何かいるようなので撮って見ると。
e0035757_17592936.jpg

なんと、亀が甲羅干しをしていました。
歩いていると、暖かい感じはありましたが、まだ2月の頭です。
朝晩はかなり寒いはず。
確か亀は、冬眠する動物でしたよねぇ。

平城宮跡でカシラダカを見てから、
e0035757_17594328.jpg

帰りは、大極殿前のだだっ広い広場を横断し、近鉄大和西大寺駅へ。
by kou_shino | 2011-02-10 18:05 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

ファーブルフォト クロオオアリ

イギリスの動物園でゴリラが二足歩行した、という動画が流れた時に、脳裏に「ツァラトゥストラはかく語りき」の導入部の音楽が鳴り響いたのは私だけでしょうか。
なんかもう、レッサーパンダが立ち上がった時とはレベルが違う衝撃ですね。

進化というのは、非常に長いスパンで行われるものですが、その一コマを垣間見たような気がします。
「猿の惑星」が現実になるのか、その前にゴリラが絶滅してしまう可能性の方が高いのか、などと想像する今日この頃。

今月のファーブルフォトはクロオオアリ。

里山を歩いていると、15mm程の大きなアリを見かけます。
日本で見られる、最大級のアリの一種、クロオオアリです。
e0035757_0155689.jpg

クロオオアリの働きアリは、7~9mmの小型タイプと、10~12mmで頭部が発達した大型タイプに分化。
このアリは大型タイプでしょう。
e0035757_01612100.jpg

アリはハチ目スズメバチ上科アリ科に属し、約1億2500万年前にスズメバチの仲間から進化したらしい。
ハチのように毒針で刺すというイメージはあまりありませんが、多くのアリは針を持っているもよう。

クロオオアリの武器は、大きな顎と蟻酸でしょうか。
e0035757_0163358.jpg


アリが出てくる映画といえば「放射能X」といった古いB級SFを思い浮かべます。
同じ年に作られた、人食い蟻マラブンタの大群が押し寄せる「黒い絨氈」というのもありました。

大顎を拡大。
e0035757_017444.jpg

大顎を下から見上げる。
e0035757_0173966.jpg

胸部(有翅体節)についている脚は関節が異様に細い。
e0035757_0175978.jpg

胸部と腹部の継ぎ目も細い。
e0035757_0181127.jpg


鳥の行動に、水浴びや砂浴びに似た、蟻浴(ぎよく)という行動があります。
文字通り、羽などにアリを浴びる行動で、アリが出す蟻酸で寄生虫をつきにくくするためではないか、と思われています。
ハシブトガラスやハシボソガラスの蟻浴がまれに見られるようで、アリを浴びている時のカラスは、気持ちがいいのか、うっとりとしたような表情をするらしい。

枯れ葉の上にやってきたクロオオアリ。
e0035757_0185982.jpg

何を思ったんでしょうか、大顎で枯葉を噛み始めました。
e0035757_0191332.jpg

すごい大顎です。
e0035757_0194128.jpg

この大顎で咥えて、体重の25倍までの獲物を一匹で引きずる事ができるようです。
by kou_shino | 2011-02-07 00:24 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(4)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧