人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

京都府 宝ヶ池 鹿とオシドリ

現在、井上ひさし著「四千万歩の男」(全5巻)を読んでいます。
言わずと知れた、江戸時代に日本各地を歩いて測量し、精密な日本地図を作成した伊能忠敬の小説。

かれこれ10年ほど前に神戸市立博物館で、「絵図と風景ー絵のような地図×地図のような絵」という展覧会を見た時の事。
江戸時代に作られた鳥瞰図など興味深くユニークな絵図も多くありましたが、伊能忠敬が測量調査をした日本地図(模写図)を見て、あまりの精巧さに驚いたことを、今でもよく覚えています。

伊能忠敬の事は、なんとなく知っていましたが、実際に作られた地図を見たのは「絵図と風景」展が初めて。
山の描き方などは絵図的な感じがしますが、日本列島の輪郭は現在の地図とほとんど同じで、歩きながら作り上げた、という事を考えると、感動すら覚えます。

「四千万歩の男」1巻から4巻までは、古本屋で調達(一冊105円)し、現在4巻まで読んでいるのですが、5巻目がなかなか見つかりません。
普通の本屋でも、お目にかかることが出来ずにいます。

もう少し古本屋巡りをするか、いっそのことネットで買ってしまおうか、どうしょうか思い悩む今日この頃。


青春18きっぷを使った遠征が続いたので、今回は手近な場所へ。
去年に続き、宝ヶ池へオシドリを見に行きました。

地下鉄烏丸線で国際会館駅下車、ぶらぶら歩いて宝ヶ池公園へ。
宝ヶ池公園に入って歩いていると、こんもり盛りあがった林の中から、ガサガサと音がする。
なにかな、と見ると、なんと鹿がいました。
e0035757_23141432.jpg

3匹も。たぶん全部メス。

宝ヶ池公園で鹿を飼っている、という話は聞いたことが無いので、たぶん野生鹿でしょう。
こんな人が多く通る所にまで、現れるようになったんですね。

山の中で鹿に合うと、脱兎の如く逃げていきますが、ここの鹿は、すぐには逃げません。
一応警戒しているようですが、ある程度、人影に慣れているような感じです。
e0035757_23144340.jpg

公園内に住んでいるのかも知れません。
こんなに間近で鹿を見るのは、奈良公園以来です。

宝が池まで行くと、岸の奥にオシドリ達が身を寄せて休んでいました。
e0035757_2315383.jpg

とりあえず、池を一周してみることに。
近くで泳いでいたカイツブリ。
e0035757_2315155.jpg

他にマガモ、カルガモ等がいます。
池の周辺にも鹿が出るかと、見ていたら、ミケニャンコがうずくまっていました。
e0035757_23153118.jpg

去年、オシドリが集まっていた所は、一羽もいません。
水位が低いせいでしょうか。

一周回って、最初の場所に戻ると、10羽ほどオシドリを発見。
e0035757_23161270.jpg

最初、お休みモードで、なかなか動いてくれませんでしたが、徐々に動きだしてくれました。
e0035757_23162921.jpg

しばらくすると、泳ぎだした。
e0035757_23172673.jpg

この日は、天気が悪く、空もドンヨリしていたので、あまり動かないかと思っていましたが、けっこう近くまで泳いできます。
e0035757_23175794.jpg

天気が良ければ、もっとキレイに撮れるのに残念です。
e0035757_23181027.jpg

見ていると、餌を撒く人が現れ、オシドリ達は大はしゃぎです。
警戒心が強い鳥、といわれているのに、残念な姿を見てしまいました。
まぁ、人の行き来が多い宝ヶ池に、オシドリがいること自体、不思議な気がしますが。

時々羽を伸ばします。
e0035757_23183893.jpg

オシドリのペアが並んで泳ぎだし、そのうち、頭を上げ下げし始めました。
オスがクチバシで、メスの頭を押さえるようにしたかと思うと…交尾が始まった。
e0035757_23185544.jpg

最後は、完全にメスは水没。
この辺は、他のカモとよく似ています。

帰りにもう一度、鹿を探してみましたが、見つかりませんでした。
しかし、餌を与える人が出てくると、そのうち鹿が池の周りを歩きだすかもしれませんね。
by kou_shino | 2010-01-25 23:24 | 京都府(99頁) | Comments(0)

愛知県 藤前干潟のミサゴ

写真のブログを運営している方の中には、ブログに載せている写真を印刷物に使用したい、という問い合わせがあるかと思います。
このような問い合わせは、「自然の写真帖」のようなアクセス数が少ないブログでも、不思議な事にあるのです。

2年前、編集・制作が平凡社、ユーキャンが発行した大型写真集「人生必見の風景」の副読本、「心に残る日本の風景」という写真集に、当ブログ「自然の写真帖」から2点写真が使用されました。
この時、この写真集の事をブログで紹介しようと思っていたのですが、どうも「人生必見の風景」という書籍が部数限定だったらしく、ネットで調べても販売されている状況がよくわからず、ついつい紹介し損ねてしまいました。
印刷物が送られてきたので、販売されたのは間違いないようですが。

今回は、今月22日に宝島社から発行される、千石正一監修、斉藤勝司著の「群れるいきもの」という本に「自然の写真帖」から1点写真が使われました。
e0035757_172585.jpg

千石先生といえば、TV番組の「どうぶつ奇想天外」に出ていた動物学者。
どのような写真でも、自分が撮った写真が出版物に使われる、というのは、なんか、ちょっとウレシイかも。

しかし、生き物の写真を掲載しているブログやホームページはたくさんあるのに、いったい何処から調べてくるのでしょうね。アクセス数少ないのに、ホントとっても不思議。


今回は、青春18きっぷを使って愛知県の藤前干潟へ行ってきました。
藤前干潟は、ラムサール条約登録湿地。

ラムサール条約という言葉は、時々聞くので、ここで簡単におさらいすると。

1971年にイランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」で、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」が採択されました。
条約の内容は、特に水鳥の生息地等として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全を促進することを目的とし、各締約国がその領域内にある湿地を1ヶ所以上指定し、条約事務局に登録するとともに、湿地及びその動植物、特に水鳥の保全促進のために各締約国がとるべき措置等について規定する。
(環境省HPより抜粋)

日本に、現在ラムサール条約登録湿地が37ヶ所あり、藤前干潟はその一つ。
かって、干潟を埋め立てゴミ処分場が計画されたこともありましたが、今後も多くの野鳥が訪れる干潟として残ることになるでしょう。

JR名古屋駅からあおなみ線に乗り換えて、野跡で下車。
稲永公園目指して歩くと、やがて目の前に庄内川と新川の河口が現れます。

庄内川、新川、日光川の河口に広がる干潟一帯が、藤前干潟。
しかし、周囲は工業地帯のようで工場などの建物が並び、草木に覆われた山などは見る事はできません。

名古屋市野鳥観察館の正面沖の流木にミサゴが4羽とまっていました。
e0035757_1763295.jpg

庄内川と新川の間の堤防には、多くの野鳥がいましたが、遠すぎます。
海側の河口上空に、何千というカワウの大群が飛んでいました。

ミサゴ達が動く気配が無かったので、カモやユリカモメが集まっている所へ移動。
餌をやる人たちの気配を感じて、オナガガモ達が陸へあがってきました。
e0035757_1772645.jpg

オナガガモは、結構平気で人に近づいてきます。これはメス。
e0035757_1781728.jpg

ユリカモメ達も激しく近づいてきます。
雄叫び?を上げるユリカモメ。
e0035757_179192.jpg

ユリカモメのクチバシと足は赤いのですが、中には黄色っぽいのもいました。
e0035757_1792920.jpg

羽の色も少し違うので、色素が足らないのかな、と思っていましたが、これは第1回冬羽のユリカモメでした。
ユリカモメは、2年目で成鳥羽になり、成鳥冬羽になるとクチバシと足は赤くなる。

もう少し先へ歩きたかったけれど、堤防工事中だったので、進めず。
もう一度ミサゴの所に戻ると、ミサゴ達が動き出したもよう。
e0035757_17101358.jpg

ミサゴは極地以外の世界中に分布し、日本でも各地で見られる鳥ですが、準絶滅危惧種でもあります。
ミサゴ達が魚を捕食する場所はあるのですが、営巣地にふさわしい環境がどんどん減っているらしい。

藤前干潟にいたミサゴは、約10羽。
営巣地になるような場所は、かなり遠い感じです。

上空から魚を探すミサゴ。
e0035757_17121770.jpg

ミサゴはホバリングした後、急降下して魚を捕獲する、と聞いていたのですが、干潮で水位が下がってきたせいか、水面を滑るように飛んで、魚を捕獲していました。
かなり大きな魚を捕獲。
e0035757_17123028.jpg

片足で器用に着地。
e0035757_17124051.jpg

捕らえた魚は、独り占め。他のミサゴは羨ましそうに眺めるだけです。
見ていると、重すぎるのか、時々魚を落としていました。

他に、撮れそうな所にいた野鳥は。
カンムリカイツブリ1羽と、
e0035757_17133414.jpg

イソシギが2羽。
e0035757_17134855.jpg

他、ヒドリガモ、マガモ、キンクロハジ、セグロカモメ、カワウなど。

約半日ほどで、かなり潮が引きました。
ミサゴがとまっていた流木がむき出しになり、干潟が広がっています。
e0035757_1714861.jpg

ユリカモメが舞う藤前干潟を見てから帰途へ。
e0035757_17141840.jpg

帰りに、稲永駅横のカインズホームとブックオフに寄りました。
by kou_shino | 2010-01-20 17:21 | 愛知県(6頁) | Comments(4)

ファーブルフォト イチゴとミカン

今月のファーブルフォトはイチゴとミカン

イチゴを食べている時、なんとなくファーブルフォトで覗きたくなりました。
e0035757_0141746.jpg

このイチゴ、赤い実と思っていた部分は、花托(かたく)が肥大化したもの(偽果)で、果実のベットの役割をしている、との事。
周りに付いている種のようなつぶつぶが、本当の果実なんだとか。

つまり一つのイチゴに、たくさんの小さな果実が付いていることになります。
この小さな果実(痩果)の中に、さらに小さな種が入っているらしい。
e0035757_0143988.jpg

どんな種が入っているのか、半分に割って見ると。
e0035757_0145530.jpg

中に種が詰まっています。
タテに割っても…、
e0035757_015752.jpg

1つの果実には、1粒の種が入っているだけでした。


次はミカンの仲間、イヨカンです。
ミカンよりも大きくて皮が厚い。

ミカンの皮をむかずに房の数を当てる、という手品のような遊びを子供のころした覚えがあります。
あたかもミカンの中を透視しているかのようにして、ミカンのヘタを外し、中の大きな点の数を数えるのです。
e0035757_0152559.jpg

このイヨカンの場合は、9房。
ヘタにある点は、水分や栄養が通る維管束で、それぞれ房につながっている為、ヘタを見るだけで房の数がわかる、という寸法。

でも時々、小さいのが付いていたりして、外れる時もありました。

ヘタの部分を輪切りにすると、維管束の断面が現れます。
e0035757_0154291.jpg


なんとも不思議な模様です。
e0035757_0161834.jpg

皮の断面。
e0035757_0163286.jpg

色々と角度を変えて切っていくと面白い。
e0035757_0195056.jpg

これは…、
e0035757_020039.jpg

皮の中に不思議な世界がありました。
by kou_shino | 2010-01-18 00:23 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(4)

兵庫県 粟生 鴨池のコハクチョウ

去年の年末に湖北へ行った時、残念ながらコハクチョウの姿を見ることができませんでした。
地元の方の話では、琵琶湖の水位が高くなっているから。

コハクチョウの飛来数と湖や池の水位の高さは、密接な関係があるといわれています。

コハクチョウが水草を採るとき、長い首を水中に伸ばしますが、必ずお尻の部分は水面に出しています。
つまり、水草が生えている所から水面までの水位が、体半分沈めさらに首を伸ばした深さ以上になると、コハクチョウ達は水草を食べることができないのです。

草津も飛来数が少なそうで、何処へ行けば、コハクチョウを見ることができのだろうか。

年末に播州赤穂に行った時、駅でJRが出している「駅からecoマップ」という散策マップを見つけました。
その時は、播州赤穂駅周辺のマップでしたが、他にもあるはず、と思い、調べた所、粟生(あお)駅のマップがありました。

粟生駅から鴨池を経て小野町駅への散策マップで、鴨池を調べてみると、なんとコハクチョウが飛来する池とあります。
それならば、という事で、青春18きっぷでちょいと出かけてきました。

加古川駅から加古川線に乗り換え、粟生駅へ。
途中、市場駅と小野町駅の間で、車窓からダチョウの姿を発見。
なんでこんな所にダチョウがいる?

粟生駅を降りると周りは靄というかガスで真っ白。
田んぼの畦に霜が降りて、とても寒い。
e0035757_17362453.jpg

田んぼ沿いの道を通り加古川の土手へ出るも、真っ白で川面もよく見えません。
なんとなくカモが泳いでいる様子ですが、影しか見えず。

ハトより少し大きい小型の猛禽がいましたが、シルエットのみ。
木の枝に集まっているのは、たぶんアオジだと思います。
e0035757_17364034.jpg

マップに従って進んでいくと、やがて池が見えてきて、鴨池一周コースの案内板を確認。
周辺には鴨池の他いくつか池があるようです。

新池の近くで見つけた、ヤママユの繭。
e0035757_17365948.jpg

ヤママユは、秋に羽化するので、繭はカラっぽのはずです

ヤママユは天蚕(てんさん)ともいわれ、その繭から作られる糸、天蚕糸(てんさんし)は、カイコから作られる絹よりも美しく優れており、飼育の難しさから量産できず、繊維のダイヤモンドとも呼ばれているようです。
冬になると、周りの葉が枯れ落ちるので、良く目立ちます。

ゴルフ場をすり抜けるように前進。
小さな池にいた、モズ。
e0035757_17374149.jpg

車道に出て、少し歩くと、大きな池が現れました。
鴨池の男池です。

鴨池は男池と女池に別れているもよう。

見渡したところ、オナガガモ、ヒドリガモ等が多い。
カモ達を見ながら道を進むと、なんとなくカモ達が近寄って来るような動きを見せます。
たぶん、何か餌でももらえるのかな、と思っているのかも知れません。

男池から道一つ隔てて、女池へ移動すると、コハクチョウの声が聞こえてきました。
どうやら幸運なことに、コハクチョウ達は女池にいるようです。

ガスはだいぶん晴れてきましたが、まだ少しもやっています。
e0035757_17381242.jpg

しかし、このモヤも10時を過ぎると、すっくりとなくなりました。

鴨池(女池)にいたコハクチョウは、ざっと42羽程。
e0035757_17422138.jpg

まだもう少しいるかも知れません。

まったりとした雰囲気で、飛び立つ気配はなし。
e0035757_17431297.jpg

お休みモードに入った感じ。
e0035757_17432257.jpg


突然、声を出して追っかけあいが始まります。
e0035757_17433832.jpg

羽を広げると、迫力があります。
e0035757_17444161.jpg

翼が美しい。
e0035757_17451748.jpg

2時間ほど見物していると、だんだん対岸の方へ移動して行ったので、こちらも移動。

マップに従い、「きすみの見晴らしの森」を散策。
朝方は寒かったけれども、昼ごろになると暖かくなってきました。

森を出て、小野町駅方面へ。
春日神社の前にいた、セグロセキレイ。
e0035757_17454586.jpg

養父寺の上空を舞っているのは、ノスリでしょうか。
e0035757_17455877.jpg

ツグミなどの小鳥を眺めてから、帰りの電車に乗りました。
e0035757_17461447.jpg

帰りも確認しましたが、やはりダチョウは間違いなくいましたよ。
by kou_shino | 2010-01-10 17:50 | 兵庫県(73頁) | Comments(0)

三重県 安濃川河口 ミヤコドリとユリカモメ

今年は「国際生物多様性年」ということで、2010年は生き物の多様性について考えよう、という年なんだとか。
何を今さら、という気がしないでもありませんが、何もしないより、きっといいことがあるんでしょうね。

国際カエル年(2008年)とか国際ゴリラ年(2009年)とかありましたが、何が行われているのか解らないまま、無情にも年は過ごさってしまいました。
こういう国際年は、世界中の多くの人が、何でもいいからその事を考え、人々の意識がちょっとだけでも変化すれば、地球の未来も少しずつ良い方向に向かうのかも知れません。

今年最初の自然散策は、安濃川河口のミヤコドリです。

JR津駅から、まずは志登茂川へ。
川沿いに来ると、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジなどのカモが休んでいます。

カイツブリのような鳥がいたので、撮って見ると。
ボサボサ頭のウミアイサでした。
e0035757_23253723.jpg

ハジロカイツブリは、何かミミズのような生き物を捕まえたもよう。
e0035757_23255443.jpg

ハジロカイツブリと一緒に潜っていたのは、ウミアイサのメスみたいです。
e0035757_2326244.jpg

河口まで来ると、カワウが10羽ほど羽を休めているだけ。
ミヤコドリを撮りにきた、という人たちがいましたが、周りを見渡してもミヤコドリらしき姿は見えず。

そのまま安濃川まで行くと、河口にたくさん野鳥が集まっており、対岸から何人かスコープや望遠レンズで覗いています。
これは、きっとミヤコドリがいるに違いない、と思って対岸へ急ぐも、橋が少し離れた所にありなかなかたどり着けません。

ようやく、対岸に着いても、カモやカワウはたくさんいますが、ミヤコドリの姿は無し。
周りの人の話によると、先ほどまで50羽ほどミヤコドリがいたが、オオタカが来て散ってしまった、との事。

双眼鏡で探してみると、沖の砂地に一羽だけミヤコドリがいました。
安濃川河口のミヤコドリは、10年前は2羽程しか見られなかったそうですが、年々増えてきているそうです。

カモの数は減っているらしいのですが、見た眼かなり多い。
しばらく双眼鏡で見ていると、ホオジロガモが河口を出たり入ったりしている姿を見つけました。
e0035757_23281273.jpg

どうやら、2ペアいるようです。

ミヤコドリが戻ってくるかどうか、わからないので海岸沿いに歩いて行くと、
河口から少し離れた海岸に、ミヤコドリが十数羽並んでいるのを見つけました。
が、しばらく見てると飛んで行った。

さらに海岸沿いに歩いて行くと、セグロカモメが10羽ほどいたので、双眼鏡で覗いてみると。
ここにもミヤコドリがいました。
e0035757_2329771.jpg

ニンジンみたいなクチバシのミヤコドリ。

時々飛び立つセグロカモメ。
e0035757_23292214.jpg

潮が引きはじめて現れた干潟で、貝やカニなどをついばんでいます。
群れで飛んできたハマシギと一緒に。
e0035757_23303342.jpg

時々、セグロカモメに追い立てられます。
e0035757_23331571.jpg

美味しそうな貝を見つけたら、スタコラサッサと場所を移動しました。
e0035757_23312497.jpg


近くの砂浜を見ると、海岸沿いにたくさん貝だまりができています。
見ていると、なかなか面白い柄の貝殻がいっぱい。
なんとなく水墨画のような模様の貝殻。
e0035757_23351639.jpg

これは、アサリの貝殻。
アサリの貝殻には、同じ模様が無く、非常にバリエーションが多い。

これは、遺伝的なモノなのか、それとも貝殻が成長していく過程で、ランダムにパターン化されるのか。
ちょっぴり、アサリの多様性を考えてみました。

ハスノハカシパンの殻は、2個しか見つけることができませんでした。
e0035757_233546100.jpg

砂浜の砂の中に、砂金のような砂粒がたくさん混じっています。
おそらく雲母だと思います。
波に舞ってキラキラ光る様子が、金粉のようでとてもキレイ。

再びミヤコドリを観察。
ミヤコドリにユリカモメが近づいてきました。
e0035757_23365420.jpg

そういえば、平安時代の伊勢物語や万葉集に出てくる都鳥(みやこどり)はユリカモメの事、と聞いたことがあります。そして、都鳥は、ユリカモメの事か、それともミヤコドリの事か、という物議もあるようです。
真相は不明ですが、なんとなくユリカモメの方が都鳥っぽい感じはします。

新旧ミヤコドリの対決。
e0035757_23371224.jpg

見ていると、いつもユリカモメの方からちょっかいを出しているような感じ。
ミヤコドリはひたすら貝を突いているのに。

再び安濃川河口まで戻ると、潮が引いて砂浜の様子が一変してました。
海岸散歩は干潮が面白いですが、野鳥を見る時は満潮の方が良いみたい。

潮が引くと、野鳥たちも遠くに行ってしまいます。
e0035757_23374393.jpg

いろんなカモに混じって、コクガンも3~4羽混じっているようです。

帰り間際に、ようやく河口に戻ってきたミヤコドリ。
e0035757_2338176.jpg

カワウに圧倒されてます。

しばらく、地元の方にお話を聞きながら野鳥観察していたら、散歩をしていた人が近づいたらしく、いっせいに飛んで行きました。
by kou_shino | 2010-01-06 23:48 | 三重県(12頁) | Comments(2)

2010年 寅 アムールトラ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

e0035757_5201789.jpg

去年の1月、大阪天王寺動物園で撮影。
by kou_shino | 2010-01-01 05:22 | 干支(13頁) | Comments(4)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧