人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

滋賀県 伊香立から仰木 棚田と秋の小さな花

実は先週、金勝アルプスでカメラを岩にぶつけ、レンズの保護フィルターを破損してしまいました。
長い間使いっぱなしの一眼デジカメ(D200)本体も、小さな破損や汚れが目立ってきたので、この際一度メーカーに見てもらおうと、標準ズームレンズ共々オーバーホールに出してきました。

そんなワケで、今回はサブカメラを使用することになったので、原付スクーターで出かけることに。

スクーターで行くのは、嵯峨越畑から池尻へ行った時以来2回目ですが、実は8月始めにも能勢方面へ行っています。この時は、野間の大ケヤキで子育てをしているアオバズクを見る予定でした。

しかし、せっかく行ったのにアオバズクは巣立った後とみえて、1羽も見ることはできず。
地元の方に聞くと、1週間前まで親子6羽が枝に並んでいるのを見られたようですが、どうも今年は巣立ちがやけに早かったらしい。
仕方がないので、にほんの里100選に選ばれた黒川から長谷の棚田をぐるっと回って帰ってきました。
この時は、ほとんど写真は撮らなかったので、ブログには載せていません。

今回は、嵐山から北大路通りを経て、鯖街道を北上し途中トンネルの手前から滋賀県側へ。

すぐに山裾に広がる棚田が見えてきました。
e0035757_181111100.jpg


近くの藪で、カラスウリのしぼんだ花がたくさん見られました。
e0035757_18114015.jpg

カラスウリの花は、日が沈んでから咲きだし、日が昇るとしぼんでしまうので、なかなか咲いている状態を目にすることができません。

しぼんだ花に混じって、いくつかカラスウリの実もぶら下っていました。
e0035757_18115931.jpg

たくさんしぼんだ花があるので、1つくらい咲いているのはないかいなぁと探してみると…
一つだけまだしぼみきっていない花がありました。
e0035757_18123320.jpg

夜の間は、糸状の部分はもっとまっすぐに伸び広がっているようです。
この糸状の部分は、受粉の為に夜行性の蛾等を引き寄せる効果があるらしい。

今度、カラスウリの種を持って帰って、家で植えてみようかな。

畔で見かけた黄色いマメ科の花。
e0035757_18163251.jpg

竜骨弁がねじれていて、花びらの形がどうなっているのか分かりにくい花です。
ノアズキの花もよく似ていますが、葉っぱの先端が尖っているので、たぶんヤブツルアズキの花。

ヤブツルアズキは、アズキの原種という説と、アズキが野生化したという説があるようです。

別の植物に巻きついているのは、ツルマメの花かな。
e0035757_18172513.jpg

ツルマメは大豆の原種といわれています。

こちらは、あちこちでよく見かける、ヘクソカズラの花。
e0035757_1818546.jpg

ヘクソカズラは、漢字でかくと「屁糞葛」
名前の通り、悪臭がしますが、これも昆虫を集めるためではないでしょうか。

悪臭を放つ花は他にもありますからね。
ちなみに、別名サオトメバナといわれているようです。

棚田の中をスクーターでトコトコ進んでいくと、たくさんのトンボが見られました。
畦に咲いていたアキノタムラソウ。
e0035757_1820357.jpg

棚田の中を南下して行くと、いつのまにか仰木地区へ。
山沿いの道を進むと、どんどんと山の中に入ってしまうので、その度に後戻り。

山沿いの道で見つけた、ボタンズルの花。
e0035757_18214449.jpg


仰木の棚田といえば、馬蹄形の棚田。
前回、歩いて訪れた時に見た風景を目安に、馬蹄形の棚田を探すも、なぜか同じ場所を何度もグルグルとまわり、なかなかたどりつけません。
まるで狐に騙されたように、4回同じ所を廻ってしまった。

ふと藪を見ると、ヘクソカズラに似た赤い花を見つけた。
e0035757_1824437.jpg

どうやらこれは、ヘクソカズラの赤花というヤツではないでしょうか。
少し高い場所にあったので、匂いは嗅げず、というかあまり嗅ぎたくない。

棚田の土手には、他の草に埋もれるようにキツネノマゴが咲いています。
e0035757_18244888.jpg

ようやく馬蹄形の棚田に到着。
e0035757_18461882.jpg

しばらく休んでから帰路へ。
帰りは、さらに南下し、南滋賀から山中越を抜けて京都へ戻りました。
by kou_shino | 2009-08-31 18:47 | 滋賀県(79頁) | Comments(0)

滋賀県 金勝アルプス 落ヶ滝から天狗岩を経て水晶谷へ

最近、朝夕めっきり涼しくなってきました。
直径2cm程の瓢箪の実がちゃんと成長してくれるのか不安です。

植える時期が遅かったのか、雨が多くて日照時間が短かったせいか、とても成長が遅く感じられます。

ここ数日、毎日見ていますが、まったく実が大きくなる気配がありません。
直径20cmほどになる予定でしたが、絶望的かなぁ、と思う今日この頃。


滋賀県の金勝(こんぜ)アルプスを、久しぶりに歩いてきました。

上桐生のバス停から、落ヶ滝を目指して歩きはじめると、大きな蛾が草むらにしがみついてる。
ヤママユガの仲間でしょう。
e0035757_2164353.jpg

トンボがたくさん飛び交う池を横切り、山の中へ。

枯れたスギの葉などに粘菌が付いていました。
ここも探せば、多くの粘菌が見つかりそうです。

しばらく沢沿いの道を歩いて行くとやがて落ヶ滝。
e0035757_217593.jpg

ガイドブックの写真と比べると、かなり水量が少ないようです。
しばらく涼んでから、鶏冠山を目指して山道へ。

すこし歩くと、巨大な岩盤を削るように沢が流れている場所へ出ました。
e0035757_2175359.jpg

こういう所には、モウセンゴケが生えていそうなので、探してみると…
ありました。
e0035757_2182861.jpg

しかし、とても小さい。

鶏冠山への分岐にたどり着き。急坂を登って鶏冠山山頂へ。

鶏冠山にいたトンボ。
e0035757_21112414.jpg

小さな昆虫を捕まえてムシャムシャ食べていました。

再び分岐に戻り、天狗岩へ。
ここからのルートは、花崗岩のザレ道もあり、滑らないように注意が必要です。

湖南アルプス特有の、花崗岩の巨岩・奇岩がむき出しの山肌が見えてきました。
e0035757_21115430.jpg

尾根沿いの先に見えるのが天狗岩。
天狗岩は、巨岩がボコボコと林立しています。
e0035757_2112279.jpg


尾根道に咲いていたママコナの花。
e0035757_21135796.jpg


天狗岩の近くまで来ると、迫力ある巨岩が増えてきます。
巨大な岩をよじ登るようにして天狗岩の上に登ると、周囲が一望できてとても気持ちがいい。
e0035757_21172487.jpg

天狗岩を降りて、山道を進むと耳岩の展望台へ。
耳岩の近くで咲いていた、ツルリンドウの花。
e0035757_21175162.jpg


耳岩から水晶谷へ降りるルートに行こうとするも、ザレ場で足が滑ってなかなかうまく行けない。
なんとか降りてみると、下からは急坂にちゃんとロープが付いています。
降口にもロープがほしいところ。

ロープにしがみ付きながら、滑りそうな坂をいくつか越えると水晶谷線と天狗岩線の分岐へ。
分岐にあった、転げ落ちそうな岩。
e0035757_21184789.jpg


水が流れる音が聞こえてくると、ようやく水晶谷へ。
e0035757_21191117.jpg

渓流には真っ白な石英がゴロゴロしています。

子供のころ、近所の山の中にある川で、水晶をいくつか拾った事があるので、少し探してみましたが、見当たりませんでした。水晶谷なんて名前なので、きっと多くの人が水晶を探しに来ているのでしょう。

水晶谷を抜けて、上桐生への道をブラブラ歩いていると、シュレーゲルアオガエルがいました。
e0035757_21204643.jpg

最初アマガエルかと思いましたが、アマガエルは鼻から目、耳にかけて黒っぽい筋が入りますが、これはありません。
モリアオガエルとの違いは、虹彩が黄色い事。
e0035757_2121895.jpg

モリアオガエルの虹彩は赤っぽい。
名前は、オランダのライデン王立自然史博物館館長だったドイツ人学者ヘルマン・シュレーゲルからきているようですが、日本固有種のカエルとの事。
シーボルトが日本で採取した標本を、シュレーゲルさんがオランダで研究したんだそうな。
by kou_shino | 2009-08-26 21:30 | 滋賀県(79頁) | Comments(0)

奈良県 額井岳から戒場山 粘菌とオハツキイチョウ

8月13日は桂枝雀生誕70年記念落語会に行ってきました。

昼の部と夜の部、両方見ましたが、内容が違っていたので両方楽しめました。
桂米朝さんが再び入院との事で、息子の米團治が出ていましたが、やはり米朝さんの話も聞きたかったです。

落語は、昼が桂紅雀「七度狐」、桂雀松「マキシム・ド・ゼンザイ」、桂南光「あくびの稽古」、笑福亭松之助「軒づけ」、夜が桂紅雀「普請ほめ」、桂雀三郎「ちしゃ医者」、桂ざこば「厩火事」、桂三枝「誕生日」でした。

南光さんの「あくびの稽古」はなかなか面白かった。
中にはこちらが「あくびの稽古」をしそうな時もありましたが…

しかし、ビデオで見る枝雀さんの落語の方が面白かったなぁ。
枝雀さんのビデオ落語は昼「道具屋」で夜は「時うどん」

特に「道具屋」は、めちゃめちゃ面白かった。
落語大全の「道具屋」より弾けていていましたね、ここまでやるか!と。
あれはぜひDVDで出してほしい一席、と思う今日この頃。


暑い日が続きますが、今回は奈良県の額井岳(ぬかいだけ)から戒場山へ歩いてきました。
20年くらい前に一度歩いていますが、戒長寺という寺と山辺赤人の墓くらいしか記憶に残っていません。

榛原からバスで天満台東3丁目で下車、住宅地を抜けると棚田が広がる集落へ。
棚田の稲は、もう頭を垂れておりました。
棚田から見た額井岳と戒場山。
e0035757_20454483.jpg

左の方が大和富士の名を持つ額井岳。

十八神社までは、ジリジリと暑い道のりでしたが、山に入ると涼しい風が心地良い。
やや湿気た道を登っていると、苔の中で動いているキセルガイの仲間を見つけた。
e0035757_20462333.jpg

体はカタツムリに似ていますが、貝が細長くて緑色。
貝の長さは5cmくらい。

山道にはマムシもいました。
e0035757_20465360.jpg

土手に細長いキノコのようなモノが生えています。
e0035757_20471871.jpg

後で気が付きましたが、これは冬虫夏草ではないでしょうか?
違うかな。
今度見つけたら、堀起こして調べてみましょう。

山の中では、ギーギーとセミが鳴いています。
エゾゼミでしょうか。
やかましく鳴いていますが、声はすれども姿は見えず。

セミの鳴き声を聞きながら額井岳山頂に到着。
しばし休んで、戒場山へ。

戒場山への道に、朽ちた倒木が多く転がっていたので、覗いてみると…
いましたよ、粘菌(変形菌)が。
e0035757_20482045.jpg

まるで朽木から滲み出ているようです。
これはキフシススホコリの変形体でしょうか。

拡大すると、やはり朽木の中から出てきてる途中のようです。
子実体になるために移動しているのでしょうか。
e0035757_2049983.jpg

巨大なアメーバ「変形体」は1時間で約1cm動くそうです。

こちらは、子実体になろうとしているキフシススホコリかな。
e0035757_20502418.jpg


これも多分変形菌だと思います。
e0035757_20521096.jpg

団子のようになっていますが、たくさんの子実体に分かれる途中では?

ムラサキホコリの仲間の子実体が大量に。
e0035757_20523677.jpg


この子実体は、風に揺られて胞子を飛ばしていました。
e0035757_2053145.jpg

粘菌は森の中によくいる、といわれますが、あまり見つけられません。
こんなにたくさんの粘菌を見つけたのは初めてです。

ヒノキ林の戒場山山頂でお昼をとり、戒長寺へ下山。
下山途中に見つけた、ソウメンタケのような赤いキノコと、
e0035757_2054328.jpg

お地蔵さんのように、二つ並んで生えていた小さなキノコ。
e0035757_2054559.jpg

キノコもたくさんの種類がありましたが、また次の機会に撮ることに。

湿気た坂を下ると、戒長寺へ。
戒長寺の境内には、県指定天然記念物のオハツキイチョウがあります。
e0035757_2057246.jpg

イチョウは、一種しかない植物ですが、稀に葉っぱに実をつける突然変異のイチョウがオハツキイチョウと呼ばれています。
もっとも、すべての実が葉っぱにつくわけではないようです。

そして、どういうワケか、オハツキイチョウは神社や寺に多くあり、たいがい何かしらの天然記念物に指定されている場合が多い。

すでに、イチョウの葉が落ち始めているので、探してみると…
正常に成長していませんが、葉っぱに実を付けているオハツキイチョウを見つけました。
e0035757_210048.jpg

戒長寺を出て、山部赤人の墓と伝えられている所から、バス停への山道をブラブラ歩いていたら、なんとツチアケビを見つけました。
e0035757_2102191.jpg

こんな所にツチアケビがあるとは!

この山は、いろいろな動植物がいるようなので、再び訪れたいところです。
by kou_shino | 2009-08-19 21:10 | 奈良県(58頁) | Comments(4)

大阪府 小和田山 雨降る山はキノコの森

8月の初めまで雨がよく降っていましたが、土曜日は久々の夏日。
ようやく暑い夏がやってきた、と思いましたね。この時は。

お昼過ぎに、バケツに入れていたメダカ達を見ると、今年生まれたメダカ達が腹を見せて浮かんでいます。
ゲゲッ!
暑すぎて、バケツの水が湯だってしまったもよう。

水の量が多く、少しだけ陰に入っていたメダカ達は元気に泳いでいましたが、バケツ2つ分のメダカが全滅してしまいましたよ。とほほほほ…
急に水温が上がったため、稚魚達は耐えられなかったのかな。

日曜日は、曇りという予報だったので、大阪府能勢の小和田山へ行きました。
京都府の亀岡市との県境にある小和田山は、その名前でせいで皇太子ご成婚前後に登山者が急増した山です。

曇りのはずが、朝起きてみると雨。
まあ、そのうち止むだろうと出かけましたが、阪急京都線から宝塚線へ乗り換える十三駅でも雨。
宝塚線から能勢電鉄に乗り換える川西能勢口駅でも雨。
もちろん、妙見口駅でも雨。

バスに乗って、登山口の七面口についても雨。
昨日、メダカが死ぬほどバカ暑かったのになんという天気でしょう。

しかし、雨はやがて止むはず、と勝手に思い込んでいたいたので、傘をさしてトボトボと進むことに。
黄金色に光る七宝寺の巨大な観音像を仰ぎ見ながら、参道を登り小和田山への山道へ。

山の中に入って見ると、周りすべてがズブ濡れで薄暗く、登山道もわかりにくいし、雨はやむ気配もなく、ひたすら降り続けています。
本当に多くの人が訪れた事があるのか、と疑わしいような分かりにくい道を、テープを頼りにひたすら登ることに。

周りを見渡すと、様々な色、大きさ、形の違うキノコがいたるところに生えています。
このような状況では、撮影対象はもはやキノコしかありません。

紺色のキノコ。
e0035757_2241047.jpg

コンイロイッポンシメジかな?

枯れ枝に生えている、傘の直径5mm前後の小さなキノコ。
e0035757_2244294.jpg

柄がハリガネのようです。オチバタケの仲間でしょうか。

キノコだけは種類確認がよく分かりませんね。

これは黄色いキノコ。
e0035757_2251497.jpg

イグチタケの仲間かな。

こちらの、薄赤いキノコは、ミヤマベニイグチでは?
e0035757_2255616.jpg


松の倒木に群生していた小さなキノコに、
e0035757_2262225.jpg

松の幹に付いているのは、サルノコシカケの仲間かな。
e0035757_2264660.jpg

かなり大きい。

丸っこいキノコもあれば、
e0035757_2271989.jpg

ミカンの皮をばら撒いたようなキノコも。
e0035757_2273488.jpg

他にも大きいのから小さいのまで、いっぱい生えています。
雨の山はキノコの宝庫です。

しかし、ゆっくりとキノコを探す余裕がありません。
雨でカメラは濡れるし、アブがたくさん寄って来るし…

初めて来た場所なので、コース通り歩いているのか不安だし、雨が激しくなる前に下山したいし…

ガイドブックによると、小さな池があると書いてありましたが、見当たらなかったので、おそらく七面山を経由したルートを歩いたもよう。
釈迦ヶ岳の山頂も見ることなしに、林道にでました。

林道から再び山道に入ると、背の低いササが覆い茂った藪。
イバラも混じる蜘蛛の巣だらけの藪をずぶ濡れになりながら歩いていると、なんか遭難したような気になってきます。

ようやく藪を抜けると小和田山の山頂へ。
e0035757_2283696.jpg

しかし、落ち着いて休む気もなれず、饅頭一つ口にほりこんで下山。

下山途中で見つけた大きなキノコ。
e0035757_2285649.jpg

傘の直径は20cmくらい。
e0035757_229101.jpg

シロオニタケモドキでしょうか。

化ヶ石という巨岩を経て、しばらく歩くと、眼下にゴルフ場が見えてきた。
e0035757_2293434.jpg

車道に降りると、ちょうどバスが来たので途中乗車して亀岡へ。

時計を見ると、まだお昼過ぎ。ようやく雨がやみはじめてきました。
by kou_shino | 2009-08-09 22:15 | 大阪府(87頁) | Comments(1)

ファーブルフォト 羽化直後のセミ

8月に入ってもよく雨が降ります。
天気予報では、明日あたりから本格的な夏になりそうな感じですが・・・

我が家の庭に生息するセミ達は、通年7月の前半の梅雨明けと共に、ガト(セミの幼虫)がゾロゾロと地中から出てきて、羽化を始めます。
今年は雨が長く続くので、さぞかし出づらいのではないかと思っていましたが、雨の合間をかいくぐって、あちらこちらの木々に脱け殻が付いていました。

それでも、去年までと比べると、数は少ないような気がします。
というワケで、今月のファーブルフォトは羽化直後のクマゼミとアブラゼミ。

夕方、地面に穴を開け、ゴソゴソと出てきたクマゼミのガト。
e0035757_1591388.jpg

前肢は土を掘る為に、鎌状になっています。

いつ羽化をするのかと、先に夕食を済ませてから見たら、もう羽化が始まっていました。
羽化直後の小さく折りたたまれたセミの翅。
e0035757_1595474.jpg

コンパクトにたたまれた翅の翅脈から体液が流れ、
e0035757_15101833.jpg

やがて大きく平らな翅に伸びます。
e0035757_15103097.jpg

このセミの翅を応用して生まれたのが「ミウラ折り」という折り方。
ミウラ折りは、地図から人工衛星に乗せるソーラーパネルなどにも利用されている折り方です。

翅は伸び始めると広がるのが早い。
翅を伸ばして休んでいるクマゼミの頭部と胸部。
e0035757_1516155.jpg

体はまだ白っぽい。
そして複眼の周りは毛深い。

真っ黒になる背中は、薄い青色をしています。
e0035757_1516468.jpg

細かい毛が多い。

羽化後のセミの前肢もガト時代の名残りで少し鎌状。
e0035757_15165719.jpg


次はクマゼミよりも一回り小さなアブラゼミです。
アブラゼミも気がつけば羽化が始まっていました。
e0035757_15175893.jpg

アブラゼミの羽化直後の翅。
e0035757_15181081.jpg

色といい形といい、クマゼミによく似ています。

翅の付け根を拡大すると、短い毛が生えていますね。
e0035757_15185275.jpg


体は白っぽく、管状の口には黒っぽい芯のようなものが見られます。
e0035757_15194049.jpg

共鳴室があるのでオスですね。

茶色っぽいアブラゼミも羽化直後は全身白い。
e0035757_15205593.jpg

頭の部分を拡大すると、単眼がルビーの如く妖しく輝き、細かい毛が金色に光っています。
e0035757_15212073.jpg

キレイに伸びきった翅は、しばらくすると…
e0035757_15213534.jpg

茶色っぽくなっていきます。
e0035757_15215585.jpg

クマゼミもアブラゼミも、翌朝元気に飛んでいきました。
by kou_shino | 2009-08-02 15:30 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧