<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おおさか環状自然歩道 上ノ太子~二上山~平石峠

土曜日に、家の近所で落語会をやる、というので見に行きました。
落語は20年以上前から、桂枝雀さんの落語しか聞いたことはなかったのですが、枝雀さんの七回忌追善落語会以降、他の噺家さんの落語も少しずつ聞きはじめているところです。

今回の落語会は桂米朝師門下の若手、都んぼさん、ひろばさん、吉の丞さんの3人。
TVで見るより、ライブの落語会はとても楽しめますので、これからも機会があれば見に行きたいと思う今日この頃です。

そして翌日の日曜日に、おおさか環状自然歩道を歩いてきました。

上ノ太子駅から、線路沿いにたどるとダイアモンドトレイルの北入口に着きます。
北入口から天然記念物の屯鶴峯(どんづるぼう)の入り口まで15分ほどなので、少し寄り道することにしました。

屯鶴峯は、1500万年前に二上山の火山活動で、火山灰などが積もってできた奇岩群。
遠くから見ると鶴が屯(たむろ)しているように見えることから屯鶴峯と名付けられた、との事。
鶴がいるように見えるでしょうか…
e0035757_1459304.jpg

再び、ダイヤモンドトレイルの北入口に戻り、今は死火山となった二上山を目指しながら山の中へ。

入口付近で見つけた野鳥。シロハラかな?
e0035757_1513815.jpg

アップダウンを繰り返しながら、ひたすら山道を歩くと、最初は遠くに見えていた二上山の雄岳・雌岳が徐々に近づいてきます。

岩場に生えていた苔。シノブゴケの仲間でしょうか。
e0035757_1515922.jpg

山頂近くに来ると、かなり寒い。
山道横の土の中に、白い石のように見える氷の塊がありました。
e0035757_1521433.jpg

霜柱とは、また違うのでしょうか。
何故か二つに折りたたんだような形になった氷。
e0035757_152274.jpg

二上山雄岳に登ると、藪の中には、数日前に積もった雪がまだ少し残っています。
雄岳から雌岳へ移動している時に、少し雪がちらちらと降ってきました。

この程度の雪では積もらないな、と思いながら雌岳で休憩していると…
いつの間にか、周りの景色が白っぽくなり、大粒の雪が降ってきました。
e0035757_1534898.jpg

冷たい風も吹きだし、寒くてじっとしていられません。
休憩もそこそこにして、山頂を後に。

山茶花にもうっすらと雪がかかりました。
e0035757_154555.jpg

再びダイヤモンドトレイルへ戻り、歩きはじめます。
(ここのコースには、おおさか環状自然歩道の標識は見当たりません)

雲の切れ目から太陽が顔をのぞかせると、再び雪は小ぶりになりました。

この雪降る寒いさなかに、動いている小さな虫がいました。
おそらく、冬に活動する蛾、フユシャクの雌だと思います。
e0035757_1542225.jpg

岩屋峠には、大きな木が倒れていました。
樹齢千年の岩屋杉で、平成10年の台風で倒れてしまったようです。

一旦車道に出て、竹内峠を経て再び山の中へ。
樹木の影で、日光が当たらないせいか、足元には大きな霜柱がたくさん見られました。
e0035757_1544222.jpg

平石峠に到着して、おおさか環状歩きはここで終了。
帰りに當麻寺(たいまでら)へ寄ってきました。

松尾芭蕉は野ざらし紀行で、當麻寺に寄り、「僧朝顔 幾死返る 法の松」と詠んでいます。
その時の「法の松」と思われる朽ちた切り株が境内にありました。

また、當麻寺は猫が多くて有名な寺らしい。
しかし、この日は寒かったせいか、全部で5~6匹しか見られませんでした。
e0035757_1553489.jpg

[PR]
by kou_shino | 2008-01-28 15:28 | おおさか環状自然歩道(25頁) | Comments(0)

西の湖 よし笛ロード散策

朝、家の周りに珍しくうっすらと雪が積もっていました。
しかし、日が昇り始め、どんどん雪が溶けていくのを見ていると、雪の中を歩きに行きたくなったので、久しぶりに滋賀県の西の湖へ行ってきました。

以前、近江八幡から安土まで歩いたことがあるので、今回は逆コースを辿ります。

10cmほど雪が積もったJR安土駅で降り、雪化粧した田畑を見ながら「よし笛ロード」を歩いて西ノ湖へ。
e0035757_1115539.jpg

雪の上には、何やら生き物の足跡が…
e0035757_112663.jpg

西ノ湖には、カモ達が浮かんでいます。
近づいたら、飛んで行きました。
e0035757_1121672.jpg

空には、トビが飛んでいます。
e0035757_1123599.jpg

野鳥もたくさんいます。
モズがいました。
e0035757_1124891.jpg

ホオジロもいます。
e0035757_113144.jpg

ホオジロは、比較的近くまで寄れるので撮りやすい。
e0035757_1131220.jpg

これは、オオジュリンでしょうか?
(オオジュリンではなくてアオジでした。エム・ヒロさん、訂正ありがとうございます)
e0035757_1132361.jpg

浮草の上を歩くバン。
e0035757_1133779.jpg

西ノ湖には、枯れた浮草がいっぱい浮いていました。

西ノ湖から日牟禮八幡宮へ向う途中にいたカラスの群れ。
e0035757_1135199.jpg

最初少し吹雪ましたが、比較的良いお天気に恵まれた雪中散歩でした。
[PR]
by kou_shino | 2008-01-26 01:19 | 滋賀県(78頁) | Comments(5)

ファーブルフォト 葉っぱ

今月のファーブルフォトは押し葉にした葉っぱを覗いてみました。
去年、落葉を見たとき、葉脈が見えて美しいと思ったからです。

押し葉にしていた、桜の葉っぱ。
裏側の方が、葉脈がはっきり見えているので、撮影して見ると…
e0035757_23243098.jpg

ほぼ同じ部分を、表から撮影。
e0035757_2324435.jpg

何といいますか、確かに葉脈は見えていますが、去年「葉脈が美しい」と思った時のイメージがちょっと違う。

何が違うのか?

よく考えてみると、「葉脈が美しい」と思った時は、葉っぱを太陽に透かして見たからです。
太陽に透かす、という事は、透過光で見ているわけで、通常の反射光で見るのとはイメージが違います。

光源を変えて、ファーブルフォトで透過光撮影してみました。
e0035757_23255249.jpg

そうです、これこれ、これでした。

一部を拡大して見ると…
e0035757_23263326.jpg

今まで反射光でしか撮影しなかったので、新たな発見です。

(今回の葉っぱ撮影後に、ニコンさんのWebサイト「ファーブルフォト活用術」で、透過光での撮影方法を見つけました。なるほど、ライトテーブルを利用すればよかったのか!でもライトテーブル持っていないので、直接補助ライトを下から当てています。ニコンさんのファーブルフォトのサイトにリンクしておきました)

次に、柿の葉っぱ。
表から撮ると、こんな感じ。
e0035757_2332446.jpg

裏は、細かい毛がのようなものが生えてます。
e0035757_23325610.jpg

そのままの状態で、透過光撮影。
e0035757_2333855.jpg

桜の葉っぱとはまた違った感じです。

先週拾ってきた、クマザサの葉っぱ。
表から。
e0035757_23332275.jpg

白っぽい部分はライトの反射です。

クマザサの裏側。
e0035757_23333388.jpg

直線的な葉脈がです。

これを、透過光で撮影すると…
e0035757_23334526.jpg

葉っぱの色や形状も面白いですが、透過光で見るのもいいですね。
[PR]
by kou_shino | 2008-01-20 23:37 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)

おおさか環状自然歩道 十三峠~高安山~上ノ太子

今年になってから、興味のそそるTVアニメが始まりました。
水木しげる原作の「墓場鬼太郎」であります。

漫画の「墓場鬼太郎」は、2年ほど前に貸本まんが復刻版として角川から出版されたのを読んでいたので、アニメもちょいと見てみようかな、と思う今日この頃です。

さて、前回の続きのおおさか環状自然歩道、今回で生駒山系地域が終了です。

まずは近鉄信貴線の服部川駅から十三峠へ。
前回十三峠から下ったコースを再び登ります。

十三峠の手前の水呑地蔵尊近くにあった「イノブタ注意」の看板。
イノシシ注意はよく見ますが、イノブタ注意は初めてです。
e0035757_12255718.jpg

どうやらこの辺りには、イノブタが生息している模様。
今回は、残念なことにイノブタには遭遇しませんでした。

十三峠から少し歩くと、小さな池がありました。
e0035757_12261582.jpg

マガモが3~4羽いましたが、池の白い部分は凍っています。
立ち止まったら寒いので、どんどん歩いて高安山へ。

歩道から少し外れた高安山の山頂に立ち寄った後、サッカーボールを乗せたような建物出現。
e0035757_12263076.jpg

これ、大阪管区気象台の高安山気象レーダー観測所でした。
日本で最初に設置された実用気象レーダーで、現在は無人、大阪管区気象台から遠隔操作をされている、との事。

道端に生えていたジャノヒゲの青い実。
e0035757_12265182.jpg

やがて近畿西信貴ケーブルの高安山駅に到着。

駅の横に、おおさか環状自然歩道の案内板がありました。
遅ればせながら、おおさか環状自然歩道の全体図です。
e0035757_1227959.jpg

これによると…、まだ半分程しか歩いていませんね。
先はうんざりするほど長く感じます。

高安山の展望台から、大阪市内が一望できました。
e0035757_12274236.jpg

左手に大阪湾、正面が北摂、右に生駒山系、といった感じですか。

高安山を過ぎると、大きな霊園沿いを歩き、やがて舗装道路にでます。
ここからは、ぶらぶらと歩きながら、JR高井田駅方面へ下山。

草むらに、ぶら下がっているカラスウリの実や、
e0035757_12275420.jpg

剪定された木の枝に付いているカマキリの卵を見ながら高井田横穴公園へ。
e0035757_1228746.jpg

高井田公園の横穴、最初防空壕の跡かと思ったのですが、6世紀~7世紀頃に作られた横穴式古墳でした。

JR高井田駅から大和川を渡り、ダンプが往来する車道をトボトボ歩いて、近鉄南大阪線上ノ太子駅に到着して、今回はここまで。
[PR]
by kou_shino | 2008-01-18 12:40 | おおさか環状自然歩道(25頁) | Comments(0)

王子動物園 インドゾウの赤ちゃん

神戸の王子動物園で、ゾウの赤ちゃんが見られると知り、見に行ってきました。

入園したのがお昼過ぎで、赤ちゃんゾウの公開時間までまだ少し間がある。
その前にホッキョクグマを見にいきました。
ちょうど水槽にダイブするドボンタイム。
e0035757_0322316.jpg

エサにつられて大きなホッキョクグマが水中に飛び込んくる姿は迫力満点。
e0035757_0323389.jpg

王子動物園には何回か来ていますが、ホッキョクグマのダイビングは初めてみました。

ついでに隣のカルフォルニアアシカを覘いて、ゾウの獣舎へ。
e0035757_0331567.jpg

去年の10月21日に生まれた赤ちゃんゾウの「オウジ」(オス)です。
e0035757_0334763.jpg

インドゾウの赤ちゃんが日本で生まれたのは初めて、との事。
e0035757_034437.jpg

目をグッと見開いている感じが印象的。

アカカンガルーの赤ちゃんも袋から顔を出していました。
e0035757_034586.jpg

赤ちゃんというより、もうだいぶ大きいようです。
e0035757_035926.jpg

顔の横から足が出ている。

別の若い母親の袋から顔を出す赤ちゃんカンガルー。
e0035757_035221.jpg

まだ目が開いていないのかな?
[PR]
by kou_shino | 2008-01-11 00:37 | 兵庫県(72頁) | Comments(0)

おおさか環状自然歩道 生駒登山口バス停~生駒山~十三峠

日曜日に、生駒登山口のバス停から十三峠まで歩いてきました。
空には雲ひとつ見当たらないほど天気が良かったのですが、まだ朝日を浴びていない場所の草木には霜が降りています。
e0035757_16313726.jpg

普段、気にも止めない雑草も霜が付くと違った表情が見えるので面白い。
e0035757_16314933.jpg

落ち葉を踏みながら、一息歩くと府民の森くさか園地。
くさか園地から、ぬかた園地と歩き続けると、生駒山への標識あります。

生駒縦走歩道は、生駒山の山頂は通りません。
ちょっと寄り道して生駒山山頂へ行くと、642mの山頂一帯は遊園地でした。

山頂遊園地は12月から3月中旬まで冬季休園で、ガランとした人気の無い園内は、時折ハイカーが歩く他は白黒のコロコロしたネコが日向ぼっこをしているくらい…

再び縦断歩道に引き返し、先へ。

ぬかた園地を抜けると、田んぼに囲まれた集落があり、道の端にゴソゴソ動く茶色い生き物がいました。

よく見るとニワトリ。
お腹のあたりの土を足でかき出しては、もぞもぞしています。
e0035757_16324145.jpg

卵でも産むつもりなのでしょうか。

集落を過ぎるとすぐに府民の森なるかわ園地へ。
なるかわ園地の芝生の山頂まで登ると、ちょうどお昼ごろで、ポカポカと暖かい。

木々には、野鳥がやかましく鳴きあっています。
野鳥を撮ろうと、何回かカメラを向けましたが、小鳥の撮影は難しい。

羽の模様から、コゲラでしょうか。
e0035757_16332647.jpg

こちらはエナガ。
e0035757_16342689.jpg

他にもメジロ、ヤマガラなどたくさんの野鳥がいます。

咲いている花は、山茶花?くらいです。椿かも・・・
e0035757_16344024.jpg

降り道で、落葉に羽を広げて止まっている蝶がいました。
タテハチョウの仲間のテングチョウです。
e0035757_16345637.jpg

テングチョウは成虫で越冬しますが、冬でも暖かい日は活動する、との事。

信貴生駒スカイラインを横目で見ながら、鍵の重みで立ち入り禁止になった鐘の鳴る展望台を経て、今回の終点十三峠へ。
十三塚の林。本日は一日中快晴でした。
e0035757_16351578.jpg

十三峠から下山して今回はここまで。
[PR]
by kou_shino | 2008-01-07 16:46 | おおさか環状自然歩道(25頁) | Comments(2)

2008年 子 ネズミ(ヌートリア)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ネズミの写真がほとんど無いので、同じげっ歯類のヌートリアに登場してもらいました。
e0035757_075588.jpg

去年の1月に、兵庫県昆陽池で撮影。
[PR]
by kou_shino | 2008-01-01 00:09 | 干支(12頁) | Comments(6)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(78頁)
京都府(96頁)
京都西山(23頁)
奈良県(58頁)
大阪府(82頁)
兵庫県(72頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(8頁)
花札(8頁)
干支(12頁)
その他(9頁)

タグ

(234)
(206)
(192)
(147)
(107)
(92)
(85)
(83)
(73)
(72)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(26)
(14)
(6)

最新の記事

京都西山 ポンポン山から水無瀬
at 2018-05-20 22:47
京都西山 川久保からポンポン山
at 2018-05-13 22:35
大阪府 茨木市 北山自然歩道..
at 2018-04-29 23:35
奈良県 葛城山麓の道
at 2018-04-15 22:56
京都西山 西山古道散策
at 2018-03-22 00:03

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****
写真家 米美知子

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い
さんちゃんのぶらっと関西

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

■ニコン・ファーブルフォト■
ファーブルフォト入門
ファーブルフォト活用術

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39
> はーしぇる様 あり..
by kou_shino at 23:32
今年もレポートを楽しみに..
by はーしぇる at 21:42
はーしぇるさま 野菜に..
by kou_shino at 23:18
「今日の料理ビギナーズ」..
by はーしぇる at 21:29
はーしぇるさま ユキノ..
by kou_shino at 18:09
店の庭でもユキノシタが花..
by はーしぇる at 00:18

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧