人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おおさか環状自然歩道 私市駅~室池~生駒登山口バス停

前回の藤坂から始まったおおさか環状自然歩道は、生駒縦走歩道と同じ道。
途中に府民の森が7か所在り、歩きやすい散策路です。

車道を少し歩いた後、天野川沿いの散策路へ。
枯れ落葉を敷き詰めた道。
e0035757_1850164.jpg

一度車道へ出て、少し歩くと府民の森ほしだ園地の中へ。

苔と茸。
e0035757_18504176.jpg

ラッパのような形状のコケ?
e0035757_18505344.jpg

マップを見ると、ほしだ園地の中でルートがぐるりと輪になっている。
トンネルでもあるのか、と思っていたら全長280m、高さ50mの吊橋でした。
e0035757_18511416.jpg

星のブランコと呼ばれるこの吊橋は、人道吊橋としては日本最大級の吊橋との事。

吊橋を渡り終わった所に生えていた、コブの多い木。
e0035757_18512889.jpg

ほしだ園地を過ぎ、飯盛霊園を抜け、少し車道を歩いて再び山の中へ入り堂尾池へ。
堂尾池周辺はビオトープとして整備され、ホタルも生息しているようです。

堂尾池のアオサギ。
e0035757_18522511.jpg

天気が良いせいか、小さな虫たちもゴソゴソ動いている。
e0035757_18544166.jpg

ふれあいの森を抜け、車道を横断すると府民の森むろいけ園地。
室池は10年以上前に来て以来2回目。
e0035757_1855236.jpg

静かな湖畔に、時折マガモの鳴き声が聞こえる。
e0035757_18551695.jpg

むろいけ園地を過ぎると阪奈道路へ出る。
陸橋を渡った所に生駒登山口バス停があるので今回はここまで。

陸橋近くの放し飼いになっているニワトリ。
e0035757_18555662.jpg

よく見ると鶏冠が変わっている。
初めて見ますが、烏骨鶏(うこっけい)でしょうか?
by kou_shino | 2007-12-28 18:59 | おおさか環状自然歩道(25頁) | Comments(0)

ファーブルフォト 雪虫

12月の初めに京都府立植物園へ行った時、樹木の近くに白いものがフワフワ浮いているのを見つけました。

よく見ると、蚊のような虻のような小さな弱々しい虫のようです。
何だろう、この寒い時期に飛んでる虫とは…

調べてみると、雪虫と呼ばれる虫でした。
雪虫は、アブラムシの仲間で身体から白い物質を分泌し、綿で覆われたようになる虫です。
e0035757_18475780.jpg

主に北海道や東北に多く、11月から12月に飛んでいる様子が雪が降っているようなので、雪虫と呼ばれているとの事。
e0035757_18482569.jpg

カメムシ目の昆虫なので、カメムシやセミと同じように樹液を吸えるように口が針状になっています。
e0035757_18483813.jpg

アブラムシは通常、羽はありません。
雌が雌を産む単為生殖で繁殖する昆虫です。
e0035757_18485112.jpg

しかし冬眠前に羽を持つオスが生まれ、メスと交尾をして越冬のため卵を生みます。
この時の羽を持つオスが、雪虫と呼ばれているようです。
e0035757_1849026.jpg

鴨川の河川敷を歩いていても、雪虫がフワフワと飛んでいるのが見られました。
e0035757_18491390.jpg

by kou_shino | 2007-12-26 18:50 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)

草津湖岸のコハクチョウ

今年もコハクチョウを見に草津へ行ってきました。

最近は琵琶湖の問題をしばしばTVなどで見る事があります。
湖の深層が酸素不足で魚が大量に死んでいるとか、鑑賞用で浮遊性の水草ウォーターレタスが大繁殖しているとか…

コハクチョウが集まっている場所にも、ウォーターレタスはありました。
e0035757_1471848.jpg

草津のコハクチョウが集まる場所には、毎冬「草津湖岸コハクチョウを愛する会」の方が観察小屋を建て、見学に来た人が野鳥に近づきすぎないように岸にロープがおかれていたりしていたのですが、今年は観察小屋もロープもありません。

どうやら滋賀県が「河川敷地内において土地の占用、工作物の設置等は不法行為として認めていない」との事。詳しい事情はよくわかりませんが、何故今年になって急にこんな事になったのでしょう?

この日コハクチョウは21羽来ており、今回はよく飛んでくれました。
飛ぶ前に、2~4羽並んで、クゥワクゥワと鳴きはじめます。
e0035757_148288.jpg

1羽が水面を走りはじめました。
e0035757_1481593.jpg

飛ぶといっても、どこかへ行ってしまうのではなく、ぐるりと旋回するだけ。
e0035757_1483372.jpg

再び水面へ着水。
e0035757_1485079.jpg

今度は2羽並んで走りはじめました。
e0035757_149724.jpg

ドタバタしているような感じですが…
e0035757_149257.jpg

並んで飛びました。
e0035757_1495394.jpg

観察小屋は無くなりましたが、餌付けは行われているようです。
餌の時間になると、コハクチョウにユリカモメ、オナガガモ等が水しぶきをあげて集まります。
e0035757_150512.jpg

近くの木には、トビがとまっていました。
e0035757_1502095.jpg

カモでも狙っているのでしょうか。
by kou_shino | 2007-12-22 01:58 | 滋賀県(79頁) | Comments(0)

おおさか環状自然歩道 JR藤坂駅~交野山~京阪私市駅

前回から約2ヶ月ぶりのおおさか環状歩きです。

JR藤沢駅から、国見山の登山口を目指すも、途中の住宅街で道に迷う。
しかし、去年国見山へ来ているので、なんとなく登山口にたどり着いた。

ヒノキの林を登ると、すぐに国見山に到着。
国見山の柿の木。野鳥も食べていないので、渋なんでしょうね。
e0035757_2332566.jpg

枯れ落ち葉の上を歩いていると、あちこちに小さな蛾が飛んでいます。
冬に現れる蛾、フユシャクの仲間です。
e0035757_238973.jpg

雑木林をぬけて白幡池へ。
e0035757_23114023.jpg

白旗池にはオシドリがいましたが、山の影に隠れて今年は写真が撮れませんでした。
e0035757_23151697.jpg

交野山へ登る途中で、ふわふわと舞い降りてきた白い綿毛をつけた種。
e0035757_23222779.jpg

種の長さは、1.5cmほど。
よく見かける種ですが、何の種でしょうか。

巨大な岩がある交野山(かたのやま)から、少し下った林でホンドリスを目撃。
すぐに逃げちゃいましたが…

くろんど園地の手前あたりから、急に雲行きが悪くなり雨が降り出しました。
雨はすぐに止みましたが、気温はかなり下がった感じです。

くろんど園地に入ったところの落ち葉。
e0035757_23355749.jpg

くろんど園地の湿地帯に生えているラクウショウ(ヌマスギ)の呼吸根。
e0035757_23453137.jpg

寒々とした渓谷沿いに下って私市駅(きさいち)へ。
e0035757_23534550.jpg

途中の月の輪滝。
e0035757_23543035.jpg

山道を抜けると、返り花、というのでしょうか。12月なのにツツジが咲いていましたよ。
e0035757_23594241.jpg

by kou_shino | 2007-12-19 00:17 | おおさか環状自然歩道(25頁) | Comments(0)

京都府立植物園~紅葉

京都府立植物園へ、紅葉を見に行ってきました。

イロハモミジはほとんど見頃は過ぎていました。
e0035757_23253234.jpg

一部、赤々としている所もあります。
e0035757_2326645.jpg

一番人気はマンサク科のフウ。
e0035757_23492767.jpg

植物園の紅葉情報には、西日本最大級・これを見ずには帰れな~い!と書かれてあります。

池に落ちたフウの葉。
e0035757_23315538.jpg

フウの葉。
e0035757_23495259.jpg

フウの周りには撮影会か、と思うほど三脚が並んでいました。
e0035757_23502031.jpg

フウの近くにあるネコノチチ。
e0035757_23524436.jpg

ネコノチチとは変わった名前です。
実が猫の乳房ににているからネコノチチと言うらしい。
隣に松の木が生えているので、松の葉が枝にぶら下がっています。

メグスリノキ。
e0035757_2358615.jpg

見落としてしまいそうな所にありました。

紅葉ではありませんが、ナナメノキ(ナナミノキ)に赤い実がびっしり。
e0035757_03919.jpg

今年は実の数が特に多いとの事。

あと、春と秋に2度咲くコブクザクラ(子福桜)
e0035757_095476.jpg

小さな花が咲いていましたよ。
by kou_shino | 2007-12-10 00:12 | 京都府(99頁) | Comments(2)

奈良公園 鹿

奈良公園へ行った時のシカの写真。

10月頃に奈良公園のオスジカは危険防止の為にツノを切られてしまいます。
しかし、オスジカ達はツノがなくても頭を合わせて争いあう事があります。
e0035757_173519.jpg

片方は、細いツノがありますが、ツノのない方が強かった。

ツノは切られてありませんが、なんとなく男前に見えるオスジカ。
e0035757_1102075.jpg

横にいるのはメスジカで、オスの首筋あたりを舐めている模様。

今度はオスジカがメスジカの耳に口を突っ込んで舐めている模様。
e0035757_1121048.jpg

お互いに舐め合う事が愛情表現なのでしょうか。

横では、別のオスジカが唇をめくりあげて、変な顔。
e0035757_1151629.jpg

馬のフレーメンは見たことありますが、シカのフレーメンは初めて見ました。

シカせんべいを与えながら、魚眼レンズでシカの鼻デカ写真。
e0035757_1184346.jpg


顔が横を向くと顔デカ写真に。
e0035757_1202092.jpg


シカせんべいにつられ、口を開けてグングン寄ってきます。
e0035757_12152.jpg


何とも愛嬌のある姿。
e0035757_1243317.jpg

by kou_shino | 2007-12-05 01:28 | 奈良県(58頁) | Comments(0)

奈良公園 鹿と紅葉

11月は、小笠原の回想で終わってしまったので、今月から通常に戻ります。

紅葉を見に奈良公園へ行ってきました。

今年は暖かい日が続いたので、紅葉が遅れていると聞いたのですが、きれいに紅葉しておりました。
e0035757_23462033.jpg

シカにシカせんべいを与えても、食べようとしないのがいます。
おそらく、紅葉シーズンで観光客がいっぱい来ているので、ゲップが出るほどシカせんべいを食べているのかもしれません。
e0035757_2347710.jpg

モミジの下にシカたちが集まっています。
e0035757_23512769.jpg

湖面に映る紅葉。
e0035757_23541651.jpg

モミジは太陽の光で。真っ赤に見えます。
e0035757_23563192.jpg

イチョウの葉がたくさん落ちている所に行くと、妙な臭いが…
ギンナンです。
e0035757_00548.jpg

黄色いじゅうたんのよう。
e0035757_085053.jpg

シカもやってきました。
e0035757_0266.jpg

子供たちが放り投げたイチョウの葉っぱを入れて。
e0035757_0142758.jpg

ほとんど葉が落ちてしまったイチョウの木。
e0035757_0181859.jpg

by kou_shino | 2007-12-03 00:26 | 奈良県(58頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧