人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ファーブルフォト コケ

今月のファーブルフォトはコケ。

一口にコケといってもたくさん種類があるようで、日本だけでも2000種類以上あるらしいです。
植物の中でも、かなり種類が多いのではないでしょうか。

道端を歩いていても、アスファルトやブロック塀などにもこびり付いているのを見かけたりしますので、そこら辺のコケを適当に持ち帰って覗いてみました。

水に濡れたコケ。
透明感があってキレイです。
e0035757_23341882.jpg

なにやら、種?のようなものが伸びています。
e0035757_23355139.jpg

拡大してみると、帽子をかぶっていますね。
下の画像は、帽子がとれた種?先っぽが赤いです。
e0035757_23362094.jpg

こちらはゼニゴケの仲間?不思議な形状です。
e0035757_23371863.jpg

ラッパのような突起物を拡大。
e0035757_23372769.jpg

子供の頃に、ゼニゴケを栽培していたのを思い出しましたよ。
何で栽培していたのか、忘れましたけど。
葉?の部分の拡大。これも水に濡れています。
e0035757_23374218.jpg

これは、乾燥した小さな普通のコケ。よく道端で見かけるやつです。
e0035757_23385112.jpg

少し大きなコケ。
一見同じように見えたコケですが、大きさと葉の形状が違います。
e0035757_233936.jpg

水で濡れているコケ。
これも、よく見ると葉の形状が違う。
e0035757_23391517.jpg

同じようなコケばかり集めてきたかと思いきや、違う種類のコケのようです。
コケの種類を正確に見分けるには、顕微鏡で細胞の形を見ないとわからないと知りました。

何処にでも目にするのに、正確な名前がわからないコケ。
調べると、奥が深そうな植物のようです。

この、粉をまぶしたような物もコケでしょうか?
e0035757_2339364.jpg

緑色をしているので、葉緑素はあるような感じですが・・・
by kou_shino | 2007-02-28 23:49 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(0)

滋賀県甲賀市 成田牧場

日曜日に、滋賀県の成田牧場に行ってきました。

JR草津駅から、草津線に乗り換えて甲南で下車。
1時間に1本しか電車が無いので、大変不便な場所です。

甲南駅にいた、にゃんこ。
e0035757_2135680.jpg

駅前から、忍者屋敷や成田牧場をぐるりと一周する、ロハスな暮らしの里山散策コースがあるようですが、寒々としてひと気がありません。

牧場に行けば、馬や牛がいるだろうと、成田牧場へ。

牧場に入ったら最初に馬が見えました。
e0035757_21105135.jpg

小さいので、ポニーでしょうか。
柵越しに見ていると、草を食みながら、どんどんこちらに近づいてきました。
e0035757_21125038.jpg

残念ながら、馬はこの一頭しかみあたりません。

ヤギがこちらをみています。
e0035757_21143675.jpg

次に牛です。
この牧場では、ホルスタインがたくさん飼われています。
絞りたての牛乳が売っていたので、飲んでみました。
なかなかコクがあり美味しかったです。 1杯100円でした。

子牛舎に入ってみると・・・
e0035757_21225446.jpg

いるいる、子牛がたくさんいます。
頭を撫でようとすると、手を舐めようとします。
e0035757_21241487.jpg

牛の舌は猫みたいにザラッとしていました。

魚眼レンズで撮ると・・・、なんだこりゃ!
e0035757_212533100.jpg

牛の口元でした。
この子牛に、レンズを舐められてしまいましたよ。
e0035757_212709.jpg

しかし、この子牛達も、メスは乳牛、オスは牛肉になる運命?
e0035757_21302361.jpg

こんな子牛を見ていると、しばらく牛肉は食べられそうもありませんね。

こちらは、ホルスタインとは別の牛舎にいた、黒い牛。
e0035757_21333042.jpg

こ・これはひょっとして、近江牛では!?
by kou_shino | 2007-02-26 21:48 | 滋賀県(79頁) | Comments(4)

万博記念公園 自然文化園の梅林

先週に続いて、梅林です。
今週は、万博記念公園にある、自然文化園の梅林に行きました。

電車で行こうと駅まで歩いていると、目の前に小鳥が二羽下りて来ました。
近づくと当然逃げていくのですが、一羽だけ逃げません。

見るとメジロのようです。
しゃがんで手を差し伸べてみても逃げません。

どーなっているのでしょう?
とうとう拾い上げる事に・・・
e0035757_18385013.jpg

手の中で、メジロは眠たそうに目をつぶってしまいます。
えっ!何これ。さっきまで飛んでいたのに。

死んでしまうのでしょうか?
まるで睡魔に勝てず眠り込んでしまうようです。

しかしこのままには出来ません。
この辺りは、野良猫やカラスが多いので、そこらに置くとすぐに食べられてしまいます。
もって帰るわけにも行かないし、どうしょうと思っていたら、
急に目が覚めたように起き上がり、近くに枝に止まりました。
e0035757_18401123.jpg

これで大丈夫?
何だったんでしょうか、いったい。

不思議なこともあるものだ、と思いながら万博記念公園へ
自然文化園の梅林は、ほぼ満開でした。
e0035757_18413978.jpg

小鳥の囀りが聞こえるのでみると。
梅にメジロが止まっています。
e0035757_1842693.jpg

初めて見る梅にメジロ。
e0035757_18423346.jpg

見ていると、メジロの群れが梅林を回っているようです。
e0035757_1842588.jpg

美味しい梅の花があるのでしょうか、メジロが集まるルートがあるような感じです。
e0035757_1843874.jpg

メジロが来ると人が集まる、するとメジロはすぐ外へ移動。
e0035757_18431659.jpg

メジロ以外の鳥はあまり見かけませんでしたが。
ようやくヒヨドリを見つけました。
e0035757_1844997.jpg

しかし、ここの梅林はメジロの縄張りのようです。
e0035757_18435934.jpg

2時ごろに梅林の中央に人だかりが。何でしょう。
見ると見台に膝隠し、落語でもやるのかと見ていると、まさに落語会が始まった。

万博・香梅寄席。本日だけのイベントのようです。
出演は桂福車さんに、笑福亭鶴二さん。
知らない落語家さんでしたが、やはり生は面白い。

後で、笑福亭鶴二さんは6代目笑福亭松鶴さんのお弟子さんと知りびっくり。
実は、万博公園に来るときウォークマンで松鶴さんの「らくだ」を聞きながら来たのでした。
by kou_shino | 2007-02-18 18:52 | 大阪府(89頁) | Comments(4)

神戸岡本 保久良神社梅林~岡本梅林公園

去年の寒さとはうって変わり、暖冬、暖冬といわれる今日この頃、ニュースでタンポポが咲いた、菜の花が咲いた、桜が咲いた、ヒマワリが咲いたと、いろいろな花も咲いているようなので、神戸岡本へ梅の花を見に行ってきました。

まずは、保久良神社の梅林へ。

ちょいとした山登りのような坂道を歩き終えて保久良神社へ、梅林はどこかいなと見ると神社の横にあるようなので、そちらへ足を向けましたが、思わず立ち止まる。

なんと梅林へ行く道に、イノシシが2匹ゴソゴソしているではありませんか。
e0035757_23371695.jpg


地元の人は馴れているのか、あまり気にする様子もなくイノシシの横を通りすぎます。
ここのイノシシはおとなしいと言われますが・・・馴れていない私は、ちょっと躊躇します。

1匹のイノシシが突然5~6mほど突進したのにはビックリ。
神社の人は「まぁ、野生やからそんなこともありますわ」といたって冷静。

イノシシをやり過ごして梅林へ行くと・・・梅林にもイノシシがいた。
e0035757_2344526.jpg

梅は、まだほとんどが蕾の状態、やや気の早いのが、ポツポツと咲いているていどです。

横の藪からゴソゴソと音がするのが気になって、しばらく様子を見ていると。
e0035757_23492596.jpg

ゾロゾロと出てきました、子供4匹、大人4匹。
e0035757_2351468.jpg

去年生まれたウリ坊。背中に縞模様がかすかにあります。
e0035757_23532846.jpg

元気のいいウリ坊は梅林の中を駆け回ります。
e0035757_23562287.jpg

ここでお弁当を食べると、イノシシが駆け寄ってくるので注意が必要。

保久良神社梅林を後にして、岡本梅林公園へ。
こちらの梅ほぼ満開です。
e0035757_011758.jpg

保久良神社の梅林とはちょっとの標高差しかありませんが、違いますね。
e0035757_044694.jpg

野鳥の声は聞こえるのですが、人が多いせいか姿はあまりみられません。
e0035757_065760.jpg

ミツバチがさかんに蜜を集めていました。
e0035757_0171066.jpg

by kou_shino | 2007-02-11 00:31 | 兵庫県(73頁) | Comments(0)

金剛山の野鳥

関西地方は金曜日に冷え込み雪も降ったので、雪中ウォークが出来ると日曜日に金剛山へ行きました。

金剛山の積雪情報では、土曜に霧氷も見れそうな事が書いてあったのですが、土曜日は都合で行けなかったのが失敗で、日曜は霧氷も無し、雪も思ったほど積もってはいませんでした。

日当たりのいい所は、雪はとけています。
e0035757_20231293.jpg

雪景色は期待できないので、どうしたものかと歩いていると、野鳥の餌場にヤマガラが飛び交っていたので、しばらく野鳥観察。
なんとも愛嬌のあるポーズのヤマガラです。
e0035757_20264511.jpg

野鳥用の餌場を見ていると、ヤマガラとゴジュウカラが交互に餌の取り合いをしています。
e0035757_20293277.jpg

あまり2羽同時に来ることはなく、鉢合わせしたときは、お互い牽制しているようです。
e0035757_2031898.jpg

シジュウカラも来ていました。
e0035757_20335460.jpg

餌場の近くに別の小鳥が・・・後で図鑑を見るとアトリのようです。
e0035757_2036874.jpg

ちょいと大きめの鳥も来ました。
最初キジバトかと思いましたが、カケスでした。
e0035757_20402025.jpg

15分くらいじっとしているだけで、けっこういろいろな野鳥が見れるものですね。

山頂付近で、スズメのような小鳥がいました。
最初スズメとばかり思っていたのですが、どうも違う。
図鑑で調べると、カヤクグリという名の鳥に似ています。
e0035757_20485175.jpg

さかんに落葉をひっくり返して、何かを探しているようでした。

かろうじて雪が付いている、ブナ林のブナ。
e0035757_20535837.jpg

天気が良いせいか、春のような感じでしたが、
日陰では、凍りついた木も・・・
e0035757_21102319.jpg

by kou_shino | 2007-02-05 21:17 | 大阪府(89頁) | Comments(2)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧