人気ブログランキング |

カテゴリ:京都西山(25頁)( 25 )

小倉神社から天王山を経て宝積寺へ

去年の暮れから、伊坂幸太郎氏の小説をよく読みます。
というか、伊坂氏の本しか読んでいません。

仙台市を舞台にした作品が多く。
複数の登場人物の視点でストーリーが進み、時間軸も入れ替わる。
伏線が面白く、現在10冊目、しばらくは伊坂作品に浸る今日この頃。

3月9日の土曜日に、天気が良いので天王山へハイキング。
阪急西山天王山駅から小倉神社へ。

小倉神社境内横の天王山登山口から久保川沿いの山道へ。
山道を歩いていると、ヤブツバキがチラホラ咲いています。
e0035757_14350444.jpg
ヒサカキの花も。
e0035757_14351673.jpg
ヒサカキもツバキ科の花ですが、神事に使用されます。

山道をズンズン登ると、柳谷への分岐に到着。
柳谷観音への下山道は、去年の台風21号の影響で、いまだ通行止め。
しかし、柳谷方面へ行く人はいるモヨウ。

少し休憩してから、天王山方面へ。

山道で咲いていたアセビ。
e0035757_14364132.jpg
近くに咲いていたアセビとは、色が微妙に違います。
e0035757_14365664.jpg
アセビには毒があるため、動物の食害が多い地域には、アセビが群生しているらしい。

倒木の横にあったホコリタケ。
e0035757_14370900.jpg
去年の秋に生えたホコリタケなので、胞子はすでに無く、袋状態でした。

黄色と黒のアブが飛んできました。
e0035757_14374498.jpg
オオショクガバエかな。
ヒラタアブの仲間は似たのが多い。

地面を素早く走り回っていたのは、マエトビケムリグモかな。
e0035757_14380141.jpg
ワシグモ科のクモは、巣を作らず徘徊性のクモが多いとの事。

天王山山頂をパスして、下山。

途中、小さな小鳥がすぐ近くにやって来た。
e0035757_14383666.jpg
暗かったので撮りにくかったけど、ヤマガラです。
e0035757_14385056.jpg
マクロレンズで撮ったヤマガラ。

少し下ると、自玉手祭来酒解神社へ。
素盞嗚尊(牛頭天王)を祀った神社で、天王山の名の由来する。

境内で飛んでいたテングチョウ。
e0035757_14390731.jpg
ヒオドシチョウもいました。
e0035757_14392082.jpg
成虫で越冬したせいか、羽はボロボロです。
ヒオドシチョウの翅裏はとても地味。
e0035757_14444178.jpg
どちらも幼虫の食樹はエノキで、成虫越冬。

やがて宝積寺に到着。

近くに生えているホウライシダ。
e0035757_14450568.jpg
JRの踏切近くまで来ると、近くの木々にエナガがやってきました。
e0035757_14452043.jpg
かわいいエナガをしばらく観察してから帰路へ。
by kou_shino | 2019-03-17 14:46 | 京都西山(25頁) | Comments(2)

大原野神社散策

9月4日に上陸した台風21号は、大変強烈な台風で、家の一部が破損するのではないかと、すごく心配しました。
台風、地震、大雨と半端ない強烈な自然災害が続く、大変な時代になってきたなと思わずにいられません。

21号のような台風が、毎年来るのかなぁ、と思っていたら、約1か月後の30日に強烈な台風24号がやってきます。そして25号も…。


台風21号の傷が、少しは癒えたであろうと思われる23日の日曜日に、京都西山の山麓にある大原野神社へ行きました。

阪急東向日駅前からバスに乗り、南春日町で下車。
大原野道を進むと、小さな神社、樫本神社があります。

大原野神社の境外摂社で、仁徳天皇が祀られているらしい。
樫本神社の拝殿横に生えていた、イグチタケの仲間?
e0035757_23393788.jpg
田んぼ沿いの細い溝に生えていた、ジュズ。
e0035757_23395109.jpg
ヒガンバナも見ごろでした。
e0035757_23400322.jpg
大原野神社は、長岡京遷都の際、藤原氏の氏神として奈良の春日神社(春日大社)の分霊を勧請したのがはじまりとされる。とあります。
紫式部も氏神と崇めた神社らしい。

大原野神社境内に入ると、一画で小さなライブ演奏が、
演奏を聴きながら、境内の池を覗いてみると、スイレンの葉にトノサマガエルが。
e0035757_23403550.jpg
池横の木が、根こそぎ一本倒れていました。
e0035757_23410044.jpg
台風21号のせいでしょう。

倒木は他にもあり、根こそぎ倒れている檜や。
e0035757_23411428.jpg
拝殿手前横に生えていた、民の誇りの木 とある、樹齢450年のモミが根元で折れて倒れていました。
e0035757_23412968.jpg
折れた部分の幹の一部が空洞になっていたせいでしょうか。
折れた樹は拝殿の端に倒れこんでいました。

台風21号の傷は、まだ癒えていません。

境内に生えていた、ジャガイモのようなキノコ。
e0035757_23444500.jpg
こちらのキノコには、エンマコガネの仲間が。
e0035757_23450058.jpg
神社境内から、花の寺への道にもいろんなキノコが生えてます。
e0035757_23451919.jpg
こちらは、カラカサタケの仲間かな?
e0035757_23453584.jpg
かなり大きい。

帰りに見つけたジョロウグモの巣。
e0035757_23454932.jpg
小さいのがオスですね。
by kou_shino | 2018-09-30 23:49 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都西山 ポンポン山から水無瀬

今回も。5月5日にポンポン山の続きです。
ポンポン山から釈迦岳へ歩いていくと、登山道にセンチコガネが。
e0035757_22320565.jpg
何故か、いつも道の真ん中でゴソゴソしています。

釈迦岳でお昼の休憩。ベンチ横で歩き回っているのは、ヒメバチの仲間かな。
e0035757_22321911.jpg
休憩を終えて、大沢方面へ下山。
途中の分岐にある大杉。
e0035757_22323436.jpg
マップに無い道もあるので、道標を確認していないと、間違えそうです。

下山途中、葉っぱに何かいるようなのに、はっきり見えません。
何だろうとカメラで撮ると、ハエトリグモが獲物を捕らえていました。
e0035757_22330541.jpg
デーニッツハエトリに捕まったのは、シリアゲムシのメスかな?

近くにいたヤマトシリアゲのメス。
e0035757_22332935.jpg
翅の模様が違う?…。

さらに歩いていると、小さなクモが巣を作っていました。
5㎜程の小さなクモですが、よく見えません。

近視の度が進んだのか、最近見えづらい事が増えています。
これもマクロレンズで撮ってみたら。
e0035757_22340238.jpg
あれ、誰かいる?
腹の部分の模様、小さな人が、クモ型の乗り物に乗っているような。

山道には、ミスジチョウの仲間、コミスジが飛んでいました。
e0035757_22343756.jpg
谷筋の道沿いには、
キベリトウゴウカワゲラ?と
e0035757_22345260.jpg
ジョウクリカワゲラかな。
e0035757_22350349.jpg
やがて、山道は林道のようになり、舗装道路へ。

舗装道路を進むと、早尾神社。
すぐ近くに、大阪府天然記念物の大沢のスギがあります。
e0035757_22352472.jpg
10年ほど前に、おおさか環状自然歩道を歩いた時に、立ち寄ったことがあるスギ。
樹齢推定800年、とありますが、10年前と同じ。

大阪府の府指定天然記念物のサイトを見ると、昭和52年3月31日に指定されています。
この時、樹齢推定800年だとしたら、40年経過していることになります。

これは樹齢推定850年でもいいのでは。
樹齢の更新はないのかな?

ここから、林道を経て水無瀬に至ります。

途中でちょっと、驚いたことが。

林道を歩いていると、何やら白いモノが。

ゲゲッ。白骨!?
e0035757_22380436.jpg
なんだなんだ、これは事件か!
e0035757_22382333.jpg
足もありましたが、どうもシカのようです。
e0035757_22384071.jpg
これほどの骨が揃っているのは初めてですね。

頭部はないかな、と周りを見渡すと。
あった。
e0035757_22385370.jpg
やはりシカでした。
立派な角付きです。

全部集めると、シカの全身骨格標本ができそう。
by kou_shino | 2018-05-20 22:47 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都西山 川久保からポンポン山

5月5日に、川久保からポンポン山を経て、水無瀬方面へ歩いてきました。
今回は、川久保からポンポン山まで。

高槻市駅からバスで、川久保で下車。
川久保渓谷沿いの、ポンポン山林道を歩きます。

渓谷入り口付近に咲いていたシャガ。
e0035757_22272815.jpg
なんか顔にも見える?

花は咲いていませんでしたが、ユキノシタも。
e0035757_22281359.jpg
薬用にも使われるユキノシタの葉は、天ぷらにしても美味しいらしい。

進んで行くと、全国水源の森百選の記念碑がありました。
道沿いには、ゼンマイの胞子葉や、
e0035757_22283711.jpg
ナンテンショウの仲間の仏炎苞が見られます。
e0035757_22284821.jpg
岩場に生えていたのは、チャセンシダかな?
e0035757_22290093.jpg
川向うに咲いていた、フジの花。
e0035757_22291139.jpg
川久保バス停近くでも、フジの花は見られました。

散策している地元の方に合いました。
話を聞くと、野鳥の渡りを観察に、川久保渓谷に来る人も多いようです。

山道への分岐にまで来ると、クリンソウがさいていました。
さらに登ると、休憩所があり、ここもクリンソウが咲いています。
e0035757_22295123.jpg
上の方は、まだツボミ。
e0035757_22300903.jpg
クリンソウの近くには、ムサシアブミが。
e0035757_22304068.jpg
ナンテンショウ属のムサシアブミ。
e0035757_22305187.jpg
見るのは初めてかも。

他に、ミヤコアオイの花や、
e0035757_22311069.jpg
ヤブレガサ。
e0035757_22312358.jpg
ヤブレガサの花は秋に咲きます。

山道をどんどん登ると、崖側にサンショウの木に花が咲いていました。
e0035757_22313679.jpg
我が家の庭にも、植えた覚えもないのに、サンショウの小さな木が生えています。
たぶん小鳥が運んでくるのでしょう。

谷筋を登り終え、尾根へ出る辺りで、マツの木に小さな影が下から上へ走りました。
何だろう、影になって見えずらい。

最近目が見えずらい事がよくあります。
リスかも、と思い写真を撮って、画像を見てみると。
e0035757_22321090.jpg
二ホンリスです。
西山を歩いていると、たまに森のエビフライが落ちていて、リスがいるのはわかっていました。

今までリスの写真を撮ろうと思っても、ブレたり、ピンボケばかり。
ようやく、ましな写真が撮れましたよ。

山道を進むと、ポンポン山山頂に到着。
多くの人で賑わっていました。
by kou_shino | 2018-05-13 22:35 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都西山 西山古道散策

料理をやり始めて、約1年。
最初に購入した、テフロン加工のフライパンの底に傷が目立ち始めました。

テフロン加工のフライパンは、コーティングが剥がれてくると買い替えなければいけないので、この際に鉄のフライパンを買うことに。
いろいろ考慮した結果、リバーライトの極・炒め鍋28㎝を購入。

極・炒め鍋は、深型の鉄フライパンですが、錆びにくく手入れが簡単な中華鍋。
最初は油慣らしをして、調理の前に油返しをする必要があります。

最初に作った料理は、ラム肉のスパイスカレー。
なんか嬉しくなってしまって、アマゾンでバスマティ米も購入してしまいました。

バスマティ米はインドのお米で、インディカ米の一種。
タイ米(ジャスミン米)より細長い感じ。

バスマティ米を買ってから知ったのですが、炊飯器で炊く他に、湯通しという炊き方があります。
湯通しは、パスタのように、たっぷりのお湯で米を茹でて、お湯をきったあと、蒸すというやり方。

湯通しで作ったバスマティライスは、そのまま食べても、あまりおいしくありません。
カレーと混ぜたり、炒飯にしたりすると、普通に食べられます。
さらに栽培キットで、香菜(パクチー)を栽培し始めた、今日この頃。

3月11日に京都西山 西山古道を歩いてきました。
ここしばらく、山道を歩いていないので、足慣らしを兼ねての散策。

バスで善峯寺下車、善峯寺横の坂道を進んで、西山古道へ。

登り始めの古道沿いに生えているタマゴケ。
e0035757_23592842.jpg
フサフサしたコケに小さな風船のような朔。
見てるだけで癒されます。

進んでいくと、石の上に森のエビフライがありました。
e0035757_23594646.jpg
この石はホンドリスの食卓のようですね。
周りにも松ぼっくりを食べ散らかした跡があります。

しばらく歩くと白糸の滝へ。
e0035757_00000752.jpg
滝の周りには、まだ早いのか春の花は見当たりません。
しかし、しゃがんでよく見ると、ネコノメソウの仲間が小さな花を咲かせていました。
e0035757_00002393.jpg
スギ林に入ると、山道にもスギの葉がたくさん落ちています。
その中に花粉をたっぷり含んだスギの雄花が。
e0035757_00003684.jpg
白っぽいのは、触った時に飛び散ったスギ花粉です。
ちなみにスギの雌花はこちら。
e0035757_00005259.jpg
スギは雄雌同株です。

沢近くには、クリンソウの小さな芽が出ています。
e0035757_00010410.jpg
沢沿いの道を下山していくと、今までなかった柵が作られています。
なんとなく雰囲気が違うなぁと思いながら下っていきます。

道沿いに生えていたシダ植物のウラジロの群生。
e0035757_00012050.jpg
ツバキの花もチラホラ見られます。
e0035757_00013929.jpg
歩いているとき、沢沿いを歩いているはずなのに、沢の音が聞こえないことに気づきました。
おかしいな、下山道もなんか違う、どうやら柵が作られていた辺りから、道を間違えたようです。

少し戻って、沢の音を探していると、ようやくしっかりした山道に出ました。
しかし、新しく作られたような道が見え、なんか雰囲気が違うような気がします。

下山道には間違いないようなので、進んでいくと、前に歩いたルートに間違いないようです。
途中の鬱蒼としたところが、無くなったような気がします。
気のせいかな?

山道から林道に出て、しばらく歩くと、タチツボスミレが咲いていました。
e0035757_00020824.jpg
近くにはタンポポも。
e0035757_00021983.jpg
額が返っていないので、カンサイタンポポだと思います。

帰りに長岡天満宮によると、梅が満開でした。
e0035757_00024509.jpg

by kou_shino | 2018-03-22 00:03 | 京都西山(25頁) | Comments(2)

京都西山 西山古道 粘菌アメーバとカエンタケ

10月2日に西山古道を歩いてきました。
善峯寺でバスを降り、西山古道の入り口へ。

道沿いの彼岸花はもう終わっていました。
川から出てきたサワガニ。
e0035757_16264519.jpg
冬眠の準備かな。

古道入り口から山道へ。
朽木に生える、ホウキタケの仲間。
e0035757_16273500.jpg
粘菌の仲間も。
e0035757_16281980.jpg
ツノホコリの仲間でしょうか。

古道を歩いていると、シダ植物ウラジロの群生地。
e0035757_16285498.jpg
ウラジロは、お正月の注連飾りや鏡餅に使用されている、お馴染みのシダ植物。

スギ林が続く道で、一本のスギの幹に何やら黄色い物体が。
よく見ると、粘菌の粘菌アメーバ(変形菌の変形体)。
e0035757_16333284.jpg
長さ約10㎝程に伸びています。
下に向かって移動中か。

先端部を拡大してみると。
e0035757_16352945.jpg
原始的な命の鼓動が聞こえてきそうな変形体。
不思議な形態の彼らも地球の住人で、人間の隣人です。

1973年、北アメリカでススホコリが大量発生して電柱などに粘菌アメーバが蠢き、宇宙生物の侵略か、とデマが広がった事件があったらしい。スティーブ・マックイーン主演の「人食いアメーバの恐怖」という映画を見た人は、特にそう思うだろう。

木の幹にいた、ムモンホソアシナガバチ。
e0035757_16362762.jpg
ムモンホソアシナガバチは集団で越冬するらしい。

白糸の滝で咲いていた、ツリフネソウ。
e0035757_16370627.jpg
滝を過ぎて少し歩くと、カシノナガキクイムシによってナラ枯れした木の根元に猛毒のカエンタケが生えていました。
e0035757_16373448.jpg
カシノナガキクイムシがカエンタケの胞子を運んでいる、と思われていましたが、直接の因果関係は不明とのこと。カエンタケが、ナラ枯れの環境を好む事は確かのようです。

さらに進んで、クリンソウの群生地へ。
アケボノソウが咲いていました。
e0035757_16384446.jpg
ハナアブの仲間が花びらの密線を舐めている。

クリンソウ群生地から古道とわかれて、小泉川の上流の沿って下ります。
途中で見つけた粘菌ツノホコリ。
e0035757_16393425.jpg
こちらは斜面に生えていた、クチベニタケ。
e0035757_16401817.jpg
なにやら白いモノが出ている。胞子の塊か。

木の幹で、2匹のスズメバチが喧嘩?
e0035757_16405827.jpg
下り道にも、少しカエンタケがありました。
山道から林道へ出た所にあった朽ちた丸太に粘菌ススホコリの子実体。
e0035757_16415858.jpg
他にも菌類など多く見られました。
by kou_shino | 2016-10-09 16:44 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

大阪府 川久保渓谷散策

北摂・京都西山の地図を見ていたら、ポンポン山の南に川久保渓谷があるのを見つけたので、訪れてみました。
川久保渓谷は、大阪府ですが、地形図を見ると、京都西山山系エリア内に見えるので、カテゴリは京都西山とします。

JR高槻駅からバスで川久保へ。
今週も出かけるのが遅くなり、川久保に着いたときはお昼を過ぎていました。

川沿いの細い道を進むと、民家が途切れて、ポンポン山林道の記念碑があり、ポンポン山への分岐があります。
いきなり現れた日本固有種のシマヘビ。
e0035757_2131235.jpg


今年初めて見るヘビ。
帰りには、さらに大きなアオダイショウにも出会いました。

近くにいたニホントカゲ。
e0035757_2132935.jpg


ニホントカゲの幼体は、青く輝く尾を持っています。
こちらも日本固有種。

川沿いの舗装された林道を進むと、動きの早い、黒い昆虫がいます。
オサムシ科のマイマイカブリです。
e0035757_2134799.jpg


カタツムリに頭を突っ込んで、消化液を注入しカタツムリを食べる姿が、カタツムリの殻を被ったように見えるので、マイマイカブリといわれています。
そして、マイマイカブリも日本固有種。

翅がくっついて飛べないので、地域による亜種が多いようです。
その亜種には、金属光沢を持った美しいモノもいて、収集家も多いらしい。
しかし、関西で見られる、基亜種とされているホンマイマイカブリは、地味に黒い。
e0035757_21483.jpg


進んで行くと、ハナイカダの花が咲いていました。
見ていると、ハナイカダの葉の上に小さな蛾がとまりました。

キレイな模様をもったカノコマルハキバガ。
e0035757_2145320.jpg


先端が白い触角をチョコチョコ動かしていました。

すぐ近くにいた、ヤマトシリアゲ。
e0035757_2151375.jpg


春型のメスです。

ジョウカイボンの仲間、ヒメジョウカイもいました。
e0035757_2152595.jpg


渓谷沿いなので、カワトンボもたくさん飛んでいます。
胸が金色に輝くトンボと、
e0035757_2153629.jpg


全身が青く輝くトンボ。
e0035757_2154890.jpg


どちらも、アサヒナカワトンボでしょうか。
アサヒナカワトンボは、色々なタイプがいるもよう。

道沿いの草むらに、網目のような繭がありました。
中にサナギの殻があります。
e0035757_21634100.jpg


これはクスサンとういう、大型の蛾の繭です。
秋に羽化するので、中はすでにカラだと思います。
網目のような繭は、スカシダワラと呼ばれているもよう。

気になった植物は、マムシグサと、
e0035757_2164767.jpg


ミヤコアオイの花。
e0035757_2165615.jpg


全国水源の森百選の記念碑を過ぎた辺りで、バス停に戻りました。
e0035757_217643.jpg


バスの時間が少しあるので、近くの諏訪神社へ。

バス停の横に、毘沙門天と書かれた大きな鳥居がありますが、諏訪神社の鳥居ではないもよう。
どうもこの鳥居は、毘沙門天を本尊とする本山寺の鳥居らしい。

うっかり見落としそうな細い道(一度見落とした!)を登ると、小さな神社の境内に。
境内に生えていた、諏訪神社のケヤキ。
e0035757_2172441.jpg


高槻の古木百選に指定。
ネットの情報によると、樹高17m 目通り周り2m70cmとあります。

社務所の裏に咲いていた、キリの花
e0035757_217364.jpg


今回は時間が足りませんでしたが、次回は朝から来るつもりです。
by kou_shino | 2015-05-21 02:20 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都西山 山崎・離宮八幡宮から天王山・酒解神社へ

9月28日の日曜日に、京都の大山崎町へ行ってきました。

阪急の駅名は「大山崎」ですが、JRの駅名は「山崎」。
同じ地域なのに、何故か呼び名が「大山崎」「山崎」と違う。

今は、大阪府側が山崎、京都側が大山崎と呼ばれているようですが、昔は、山崎の地といわれていました。

阪急大山崎駅から、ぶらりと歩いてJR山崎駅方面に向かうと、離宮八幡宮があります。
離宮八幡宮は、平安時代から室町時代にかけて、荏胡麻(えごま)油の専売特許を持って栄えていました。

司馬遼太郎の「国盗り物語」を読むと、油商人だった斉藤道三と、油座離宮八幡宮との関わりが描かれえています。
離宮八幡宮の栄華は、斉藤道三の娘婿となる、織田信長の楽市楽座政策と、菜種油の広がりで徐々に衰退しました。

離宮八幡宮境内奥の石垣に根を広げていた木。 
e0035757_01033447.jpg
枝振りからみると、エノキでしょうか。

離宮八幡宮を出て、少し歩くとJR山崎駅前にでます。

駅前には、国宝の茶室「待庵」がある妙喜庵が。
「待庵」は、千利休作と信じうる唯一の現存茶室らしい。

駅から路線沿いに歩き、踏切を渡ると、天王山の登山口へ。
登山口には、俳句の祖・山崎宗鑑の句碑がありました。

きつい坂道を登り、アサヒビール大山崎山荘美術館へ。
途中に生えていた、ブドウのような実。
e0035757_01051470.jpg
エビズルかな、と思いましたが、どうやらアオツヅラフジの実のようです。

夏目漱石も訪れた事があったという、山崎山荘を過ぎ、山道にはいります。
だらだらと登っていくと、山道にヌマダイコンが咲いていた。
e0035757_01054835.jpg
ヌマダイコンは、キク科の植物で、種はひっつき虫になるらしい。

展望台に飛び回っていた、ヒカゲチョウ。
e0035757_01060896.jpg
天王山の中腹あたりに、山崎の合戦の石碑があります。

この山崎は、本能寺で信長を討ち取った明智光秀と、中国大返しで戻ってきた羽柴秀吉が激突する地でもあります。
勝ったほうが天下を制する、「天下分け目の天王山」は、ここから来た言葉。

実際は、山の中ではなく、天王山麓の小泉川を挟んで陣をとったらしい。
大河ドラマ「軍師官兵衛」でも描かれていましたね。

山崎山荘から天王山山頂までの間に、6枚の巨大な説明入りの陶板絵図があり、本能寺の変から秀吉の天下統一までを解説しています。
山頂まで歩く間、陶板絵図を見ながら当時の状況を想像しながら登るのも、また一興。

天王山にも、ナラ枯れがありますが、カエンダケは駆除されているらしく、見当たりません。
朽木に、付いていたのは、粘菌のキフシススホコリでしょうか。
e0035757_01070343.jpg
山道を進むと、やがて酒解神社に到着。
入り口近くの朽木に生えていたキノコ。
e0035757_01072239.jpg
何故か、拝殿にはブルーシートがかけられていました。
拝殿の裏にあった、御神木と思われるモミノキ。
e0035757_01074130.jpg
近くの植物に、ツマグロオオヨコバイがたくさんいました。
e0035757_01080202.jpg
天王山山頂には、山崎の合戦後に秀吉が城主となった山崎城(天王山城)跡があります。

帰りは宝積寺へ下山。
宝積寺の近くで見つけた、ヤブマメ。
e0035757_01083250.jpg
そして、変わった葉を持つ、ホウライシダも。
e0035757_01094800.jpg
葉は、不規則な2~3回羽状複葉とありますが、まるで小さなイチョウの葉ですね。
ホウライシダは、自生もしているようですが、江戸時代より観賞用に栽培されていて、それが野生化したものも多い。

ホウライシダの近くにいた、キセルガイの仲間。
e0035757_01101285.jpg
住宅地に出ると、塀からトケイソウの花が覗いていました。
e0035757_01103604.jpg

by kou_shino | 2014-10-07 01:12 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都西山 西山古道にカエンタケ大発生

6日の土曜日に、TVを見ていると、関西に猛毒のカエンタケが増えているというニュースが何度もありました。どうも、カシノナガキクイムシによるナラ枯れの木の周りに生えるらしい。

西山古道にも、確かナラ枯れの木があったはずなので、確認しようと、9月7日の日曜日に行ってきました。
阪急バスで吉峰寺まで行き、西山古道へ。

古道沿いの湿った地面に生えていたシロソウメンタケ。
e0035757_18064506.jpg
こちらは、ニカワホウキタケでしょうか。
e0035757_18075706.jpg
これらは、姿がカエンタケに似ていますが、普通に見られるキノコです。

朽木には、粘菌のマメホコリ。
e0035757_18091000.jpg
ツノホコリの仲間、タマサンゴホコリも。
e0035757_18094685.jpg
前日の雨で、いろいろなキノコも生えています。
ツチグリの仲間、フクロツチガキ。
e0035757_18102381.jpg
これは、テングタケの仲間の幼菌かな。
e0035757_18103709.jpg
白糸の滝までくると、毎回この時期に咲いているツリフネソウの群落がありません。
土砂で流れてしまったもよう。

滝の横にひと株生えていたツリフネソウ。
e0035757_18112920.jpg
しばらく進んだところに咲いていた、ギンリョウソウモドキ。
e0035757_18133304.jpg
前回来た時も咲いていましたね。

歩いていると、ナラ枯れの木が増えてきました。
カエンタケは生えているのでしょうか。

とぼとぼ歩いていると、いきなり真っ赤な指のようなキノコを発見。
触るだけでも皮膚がただれる、といわれる猛毒のカエンタケです。
e0035757_18140768.jpg
周りを見ると、小さいのも含めていっぱい生えていました。
後ろの木がナラ枯れの木で、その周囲にカエンタケがたくさん生えています。
e0035757_18142863.jpg
ナラ枯れの木は、何年も前から見られましたが、カエンタケを見るのは初めてです。
写真を撮る時も、触らないように注意が必要。

カエンタケは、今年になってから、各地で大発生しているもよう。
夏に雨が多く降り、発生しやすい環境になったためでしょうか。

クリンソウ群落地から、小泉川上流の谷を下ります。
確かこの下り道には途中に、ナラ枯れの木が多かったはず。

谷を下っている途中で見つけた、粘菌ツノホコリ。
e0035757_18145209.jpg
途中のナラ枯れの木は、ほとんど伐採されていましたが、切り株の周りに数本カエンタケが生えていました。
e0035757_18164592.jpg
小さなカエンタケは、赤い棒のような姿ですが、成長すると様々な姿に変わるようです。

まさか、ハイキング道沿いだけで、こんなに多くのカエンタケが見られるとは。
西山全体に、どれだけのカエンタケが生えているのでしょうか。

他に見つけた赤いキノコ。
ベニタケの仲間と、
e0035757_18175770.jpg
ベニチャワンタケ。
e0035757_18191450.jpg
カエンタケは、ハイキングコースの足元にも生えている場合があるので、うっかり触らないよう注意してください。
by kou_shino | 2014-09-13 18:32 | 京都西山(25頁) | Comments(0)

京都北山 西山天王山駅から西山古道散策

阪急京都線の長岡天神駅と大山崎駅の間に、去年の年末開業した新しい駅、西山天王山駅から西山古道へ行くハイキングコースがあったので、出かけることに。

西山天王山駅で降りたのは初めてでしたが、近くまでは何度か来たことがあります。
まずは、駅前から小倉神社へ。

小倉神社は、西山南端の天王山の麓にあり、小倉神社境内奥から天王山への登山道があります。
小倉神社の鳥居の近くに咲いていた、ムラサキカタバミ。
e0035757_23401090.jpg
参道を進み、境内近くに来ると、たくさん飛び回っていた蛾。
e0035757_23412455.jpg
ハグルマエダシャクでしょうか。
異常に多くいました。

境内の奥にいた、オオベニヘリコケガ。
e0035757_23414745.jpg
コケガの仲間は、幼虫が地衣類を食べる蛾の仲間。
翅の模様が個性的なモノが多い。

近くに、ナナフシモドキの幼虫もいました。
e0035757_23421811.jpg
橋を渡り、境内横の天王山へ続く林道へ。
林道横にいたアカシジミ。
e0035757_23430489.jpg
西山山麓にも、ゼフィルスの仲間がいるようです。

林道から山道に入り、しばらく登り坂が続きます。
坂を登っていると、何種類かの蛾が舞い飛びました。

その中の、一匹の蛾が、まるで半分に千切れた葉っぱのようです。
e0035757_23393444.jpg
ミドリリンガでしょうか。
多くの蛾は飛んだ後、草木の葉の裏に隠れますが、擬態しているような蛾は平気で地面にとまりますね。

地図よりも長いような気がする坂道をひたすら登ります。
朽ち木についていた赤いキノコ。
e0035757_23470830.jpg
天王山との分岐へ登りきり、柳谷観音へ。
ここから緩やかな尾根道。

葉っぱに付いていたのは小さな甲虫?
よく見るとカメムシの仲間みたい。
e0035757_23474001.jpg
ネットで調べてみると、ムラサキナガカメムシに似ていますが、胸部の模様が少し違うような気がします。

下り坂に入り、やがて車道へ。
車道を進むとやがて柳谷観音、眼病に効くといわれる楊谷寺(ようこくじ)に着きます。

柳谷観音から獣よけのゲートを2つ越え、西山古道へ。
古道の入り口辺りにいた、モヒカン頭の変わった蛾は、アカイラガでしょうか。
e0035757_23492081.jpg
こちらは、ツバメエダシャクの仲間。
e0035757_23494297.jpg
ウスキツバメエダシャクかな。

西山古道に入り、大石橋へ足を進めます。
山道の朽ち木についていた、謎の黒い塊。
e0035757_23572314.jpg
何でしょう、粘菌?菌類?
小さなツブツブがあり、小さなキャビアみたいです。

やがて山道が終わり、川沿いの林道へ。
ヒメジオンにいたハナバエの仲間。
e0035757_23580853.jpg
大石橋を渡り、阪急長岡京駅へ歩いて今回はこれで終了。
このコースにも、テングチョウはたくさんいました。
by kou_shino | 2014-06-22 00:00 | 京都西山(25頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧