人気ブログランキング |

京都府 唐櫃越(からとごえ)沓掛山~みすぎ山

北方版水滸伝の文庫本ですが、去年の夏頃10巻まで読み終えたところで一度中断していました。
その当時、1ヶ月に1回出る文庫版が待ち切れなかったからです。

全巻揃ってから一気に読もう、そう思って寝かせていました。

今まで北方謙三氏の小説を読んだこともなく、また中国物の本も西遊記しか知らなかったので、これを機会に北方版三国志や楊家将も読んでみました。
いやはや結構面白かったです。

北方水滸伝を全19巻揃えてからしばらく経ちましたので、1ヶ月ほど前から再び1巻から読み始め、そして一気に10巻まで読み終えたところです。

次からは未読の11巻から。
一気に読もうか、ゆっくり読もうか、などと思案している今日この頃…


今回は、室町時代から軍道として利用されていた古道、唐櫃越を歩いてきました。
上桂から亀岡の馬堀までの尾根道で、明智光秀が本能寺を襲撃した際も利用したとされています。

阪急上桂駅から、西へ進み住宅地を抜けて竹林の坂を登ると墓地が現れます。
墓地を横切った所が山道への入口。

山道への入口付近で飛び回っていた小鳥。
e0035757_2195249.jpg

ジョウビタキのメスかな。

山道は、前日までの雨で湿っています。
山道の朽ちて苔が生えた倒木に、鹿の角のような形のキノコ?
e0035757_21102537.jpg

ホウキタケの仲間でしょうか。

枯れ落ち葉の道をズンズン歩いて行くと、突然ガサッと音がした。
何か木から落ちたのか、と思っていたら、突然大きなシカが坂を駆け上がって森の奥へ逃げていくのが見えました。

歩いていると、やがて桂坂野鳥遊園の裏山の遊歩道に合流。
展望台からは桂坂の町並みが一望できます。
近くの学校で運動会をやっているようで、賑やかな歓声と共にアンパンマンやポニョの歌が聞こえてきます。

桂坂野鳥遊園の遊歩道から離れて、山道を進むとやがて沓掛山の山頂。
木々の合間から見えた愛宕山。
e0035757_21134258.jpg

さらに尾根道をひたすら歩いて行くと、舗装された道路に出ました。

天気予報では晴れでしたが、空一面雲に覆われ、薄らさびしい秋風が吹くと、ススキが靡き、アスファルトの上で枯葉がカラカラと転がります。

紅葉しはじめているのは、ヌルデの葉っぱでしょうか。
雲の合間からこぼれた日差しがほんの少しだけ葉っぱに降り注ぎました。
e0035757_21192574.jpg


しばらくの間、味気ない舗装道路をトボトボと歩きます。

道路の横には、なぜかヘビがたくさんいました。
ヤマカガシ5匹とシマヘビ1匹。冬眠の準備?

途中で、アケビのような大きな豆のサヤを見つけました。
e0035757_21333687.jpg

ジャケツイバラのサヤです。

こちらはマムシグサの実が赤くなっていました。
e0035757_21225575.jpg

舗装道路を歩いて行くと駐車場のような開けた場所に着きました。
そこからは、林道歩き。

途中、旧ハイキングコースと書かれた山道へ入るも、再び林道へ。
歴史のある古道の一部が、利用目的のよくわからない舗装道路や林道にされているのはちょっと残念。

林道終点から山道へ入り、少し歩くと鉄塔がある、みすぎ山山頂に到着。
山頂付近から見る愛宕山。
e0035757_21343725.jpg

あとは、馬堀まで下山するだけ。
下山途中でキノコの写真を撮っていたら、森のエビフライを見つけました。
e0035757_21345482.jpg

リスがマツボックリを食べた跡です。

こちらはキノコにしがみ付くコガネムシの仲間。
e0035757_21351981.jpg

もうすっかり動きも鈍い。

急な下りの斜面の朽ちた倒木からスギヒラタケがいっぱい生えています。
e0035757_21353569.jpg

以前は食べられていたようですが、2004年に死者を含む中毒患者が出たようです。
食用だったキノコが、突然毒キノコになるとは、ちょっと驚きですね。

足もとには、見落としてしまいそうな小さなセンブリの花が咲いていました。
e0035757_21361055.jpg

センブリは薬草として有名で、薬効は胃腸虚弱、下痢、腹痛など。
また、とても苦いことでも有名。
「千回降り出してもまだ苦い」からセンブリと名付けられたとか。

花びらが5枚の花と4枚の花がありました。
花びらの数は花によって決まっているかと思っていましたが、そうでもないようです。

最も苦い薬草といわれていますが、左のツボミに小さな虫が付いていますね。

山を下り終わると宝泉寺というお寺の横に出て、住宅地を抜けてJR馬堀駅へ。
お寺の近くに生えていた、バナナの大きな木が、妙に印象に残りました。
by kou_shino | 2008-10-26 22:02 | 京都府(98頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧