人気ブログランキング |

小笠原紀行4 父島 海のツアー

父島3日目。
本日は海のツアー。
ホエールウォッチングをしたくて参加いたしました。

海のツアーは、他にもイルカと泳ぐドルフィンスイムやサンゴ礁と熱帯魚を見るシュノーケリング、南島への上陸などがあります。

私は一眼レフで写真を撮るだけのつもりで来ましたので、全く海に入る予定も準備もしておりませんでした。
しかし、小笠原は年中、海に入れるところだったのです。

クルーザーに乗り込む前に、海水を少し浸した箱の中を歩きます。
これは、ニューギニアヤリガタウズムシという外来種を他の島に持ち込まないためです。

土などにまぎれて父島に持ち込まれた外来生物のニューギニアヤリガタウズムシは塩分に弱いので、海水に靴を浸して他の島に持ち込まないようにします。
小笠原では、常に外来生物に気を使わなければならないようです。

クルーザーが出発する時、太陽の周りに虹のような輪が出ていました。
e0035757_1845763.jpg

「かさ」というのでしょうか。

二見湾の外に出ると、たくさんのカツオドリが海面にダイビングしています。
e0035757_1852393.jpg

さて肝心のホエールウォッチングですが、クルーザーとは別のボートで沖に出て行き、海中の音を探りながらクジラを探します。
まあ、その間にクルーザーは海中公園でシュノーケリングしたりイルカを探したりして観光客を満足させます。

本日のホエールウォッチングですが、結論から言うと、悲しいことに、この日はクジラを見つけることはできませんでした。前日はいたらしいのですが…
南島も波が高くて、船で上陸することができず、泳ぎでしか上陸できないようです。

これでイルカがいなければ、ただクルーザーに乗って終わるところでした。

しかし、イルカはいてくれましたよ。ここからはイルカの撮影会です。
e0035757_1855416.jpg

ハシナガイルカの群れです。ガイドの方は300頭の群れと言っていましたが、少なくとも100頭近くいるのではとい群れです。
ハンドウイルカより少し小型ですが、水族館では見られないイルカです。

ハシナガイルカは、水面を移動したかと思うと、4~5分海中に潜って出てこない、という動作を繰り返しています。
e0035757_1861054.jpg

半睡眠と言うのでしょうか、片目をつぶって片方の脳を休ませるということを、左右繰り返しています。
e0035757_18124813.jpg

イルカは哺乳類なので、息が続くまで潜り、苦しくなると息つぎに海面に出てきます。
小さな子どものイルカは、親ほど長く息が続かないので、少し早めに海面に現れます。

一時イルカたちと離れ、再びハシナガイルカの群れに出会った時、イルカたちは完全に目覚めていました。
e0035757_18132453.jpg

もうバンバン海面に姿をあらわして、泳ぎます。
e0035757_18141799.jpg

時々、くるくる回転しながらジャンプまでしてくれます。

また時には、船の真横に並んで泳ぎます。
e0035757_1816981.jpg

しかし、クルーザーの上からイルカを撮るのは非常に難しいです。

イルカも素早く動きますが、クルーザーも激しく揺れるので、イルカを画面に入れているつもりが、画面からはみ出してしまいます。
e0035757_18162421.jpg

それにジャンプのタイミングが全くわかりません。
ジャンプしてからシャッターを切ると、水しぶきしか写らない。
写ったのは、偶然としか言いようがありません。
e0035757_18164093.jpg

まあ、イルカだけでも姿を見せてくれて良かったです。
by kou_shino | 2007-11-09 18:21 | 小笠原(16頁) | Comments(2)
Commented by m-hir at 2007-11-09 23:17
いーですね〜、イルカのジャンプ!
オイラが小笠原に行った時は仕事だったのであまり時間もとれず・・・しかも後半お天気も悪くなって残念でした。
Commented by kou_shino at 2007-11-10 18:38
m-hirさん
仕事で小笠原とはうらやましい限りです。
私は、人生最初で最後と覚悟をきめて行きましたよ。
しかし天候は全体的にあまり良くなかったですね。


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(99頁)
京都西山(25頁)
大阪府(89頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(7頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(249)
(215)
(201)
(156)
(107)
(98)
(87)
(85)
(77)
(74)
(72)
(48)
(48)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 摂津峡散策 (博物館..
at 2019-08-05 01:22
奈良盆地周遊ウォーク07 葛..
at 2019-07-28 23:52
奈良盆地周遊ウォーク06 飛..
at 2019-07-19 22:09
大阪府 枚岡公園 初めてのキ..
at 2019-07-13 23:38
奈良盆地周遊ウォーク05 桜..
at 2019-06-30 11:26

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧