人気ブログランキング |

ファーブルフォト ルイスアシナガオトシブミ

今年最初の、今月のファーブルフォトは、オトシブミシリーズ9種類目、ルイスアシナガオトシブミです。
e0035757_17594668.jpg

以前も書きましたが、オトシブミの仲間には、ルリオトシブミ族、アシナガオトシブミ族、オトシブミ族、マダラオトシブミ族、クビナガオトシブミ族の5種類。
今回は、オトシブミの仲間では、首のくびれがないアシナガオトシブミの仲間、ルイスアシナガオトシブミ。
e0035757_1804035.jpg

姿は、アシナガオトシブミに似ていますが、一回り小さい。
e0035757_181423.jpg

体色はアシナガオトシブミより薄いオレンジ色で、とにかく顔の様子が違います。
e0035757_1812979.jpg

アシナガオトシブミの頭部全体が黒いですが、ルイスアシナガオトシブミは、頭部全体が黒くありません。
目から口元にかけて黒いだけです。
e0035757_1814673.jpg

特に前足のチカラコブが目立ちます。
e0035757_1821791.jpg

オトシブミの中でも、一番チカラコブがあるのではないでしょうか。
e0035757_1823434.jpg

ルイスアシナガオトシブミ、この名前の「ルイス」は、人名ではないか、と思われます。
気になるのでネットで調べて見ました。

やはりルイスは、明治初期に日本に訪れた、イギリス茶の貿易商で昆虫学者、ジョージ・ルイス氏の名前から付けられたもよう。
ジョージ・ルイスというと、ニューオーリンズ生まれのジャズ・クラリネット奏者を想像しますが、同姓同名。

昆虫学者のジョージ・ルイスさんは、1869~1871年と、1880~1881年の2回来日していて、茶の貿易を営むかたわら、日本各地で昆虫を採集したようです。
昆虫界のシーボルトともいわれ、その成果は、日本の昆虫研究の基盤を作ったともいわれています。

ルイスアシナガオトシブミに出会うまで、ジョージ・ルイスさんのことは知りませんでした。
e0035757_183230.jpg


調べてみると、「ルイス」の名を持つ日本の昆虫は多い。
ルイスジンガサハムシ、ルイスハンミョウ、ルイスオサムシ、ルイスオオゴミムシ、ルイスツブゲンゴロウ、ルイステントウ…。
「ルイス」の名前を持つ昆虫は、数十種類いるもよう。

すべて、ジョージ・ルイスさんが発見し、命名した昆虫たちなんでしょうか。
もし、そうだとしたら、ジョージ・ルイスさんは、とてもスゴイ人です。

とてもスゴイ人なのに、小説にもなっていないし、大河ドラマにもなっていません。
もっと、クローズアップされてもよいのでは、と思うのですが…。

この、ルイスアシナガオトシブミですが、どこで見つけたかよく覚えていません。
山を歩きながら、あちらこちらでオトシブミの揺籃を集め、プラケースに入れておいたら、気がついたら羽化していました。
e0035757_1833379.jpg

ケヤキやハルニレ等の葉を揺籃にするもようです。
e0035757_1835692.jpg

by kou_shino | 2013-01-21 18:17 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)
Commented by 顕微鏡下のふしぎ at 2013-01-23 19:21 x
ジョージ・ルイスのことは、私も知りませんでした。
日本の甲虫学の先達だったのですね。
シーボルトやモースに比べて著名でないのは、在野の研究者だった
ためでしょう。
Commented by kou_shino at 2013-01-25 00:35
顕微鏡下のふしぎ さま
ルイスの名を持つ多くの甲虫たちも、マイナーな種類がほとんどですしね。
ルイスアシナガオトシブミに出会わなければ、G・ルイス氏のことは知らないままだったかも。


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧