兵庫県 書写山 赤トンボとコハナバチの仲間

書写山は中腹から山頂にかけて平安時代初期に創建された、西の比叡山ともいわれる、西国三十三箇所第27番の圓教寺があります。
自然の中に佇む威厳のある境内はハリウッドも気に入ったらしく、映画「ラストサムライ」のロケ地にもなったんだとか。

JR姫路駅からバスに乗り書写で下車。
書写から東坂参道を登ります。

山の入り口にいた、赤とんぼの仲間、たぶんマユタテアカネ。
e0035757_1855169.jpg

まだ赤くはありませんが、夏の終わりには赤くなると思います。

山の中に入ると、風が涼しく、少し気温が下がったような気がしました。
ニイニイゼミやアブラゼミ、たまに聞こえるクマゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシなどのセミの声は賑やかですが。

岩場が多い道を登っていくと、崖地の一部が色が違う。
よく見ると、小さな穴がたくさんあいていて、小さなハチが入っていきます。
e0035757_18553682.jpg

色が違うのは、穴を開けるために土を掻きだしので、粉のような土に覆われているためだと思います。
土に中に巣を作るハチは、ミツバチを小さくしたような感じのハチで、後ろ脚に花粉を付けたのもいます。
e0035757_18563545.jpg

巣穴を眺めていると、地元の方がやってきて、「これはジガバチです」と言われました。
しかし、私の知ってるジガバチと全然姿が違います。

跡で調べた結果、このハチはコハナバチの仲間ではないか、と思います。
姫路では、コハナバチの事をジガバチというのでしょうか。
地域的な表現なのかもしれません。

このコハナバチのアパートのような場所は、帰りの西坂にもあり、そこでは、同じ穴に入ろうとする別のハチを見つけました。
先ほどのコハナバチより小さくて黒っぽい。
e0035757_18575247.jpg

コハナバチの仲間には、コハナバチの巣に、勝手に卵を産んで育てさせるという、ヤドリコハナバチという寄生蜂もいるらしい。

この黒っぽい小さなハチは、穴に入っては出てきて、また別の穴をねらっているような感じ。
まぁ、実際どうなのかは、ファーブルのごとくじっくりと観察する必要はありますね。

ロープウェイ駅山上駅で、一休み。
ロープウェイまで登ってくる途中、気になる植物を見つけました。

木の幹に寄生する植物です。
e0035757_18593781.jpg

花は咲いていませんが、なんとなく、木に寄生する野生ランのセッコクに似ているような。
野生のセッコクは見たことがないので、何ともいえませんが、気になります。

入山料500円を支払い、圓教寺境内へ。
とりあえず、摩尼殿へ。

途中で見えた、眼下の田んぼ。
e0035757_1901580.jpg

姫路城が絵ががれているのかな。

摩尼殿の周辺は、観光客が多く、バスでもこれるようです。
摩尼殿を過ぎて、白山権現への自然観察路を登ります。

白山権現の裏が書写山の山頂。
そこからぐるりと歩いて、大講堂へ。

山頂付近で見つけた、赤とんぼ。
e0035757_1905610.jpg

ミヤマアカネかな。
こちらもまだ赤くなっていません。

大講堂まで来ると、小さな子どもたちが団体でやってきました。
この暑い盛りに、ハイキングでしょうか。

展望台の方へ行こううとすると、子どもたちもそちらへ向かう感じ。
展望台はあきらめて、シダ植物に覆われたタカオモミジを眺め、西坂より下山。
e0035757_1913036.jpg

西坂分岐近くにいた、アミガサハゴロモ。
e0035757_1914646.jpg


西坂は、車も通る道のようで、幅が広い。
道を下る途中にいた、尾が赤くなった赤とんぼ。
e0035757_1921465.jpg

これは、リスアカネかな?

下り坂を、時々通る車をよけつつ、ブラブラと下山。
丁石にとまっていたアブの仲間。
e0035757_1923178.jpg


下りの崖地のへこみに、コケで作られた鳥の巣のようなものを見つけました。
e0035757_193369.jpg

上に、直径約7㎝、深さ約3㎝のへこみがあり、フカフカとして鳥の巣としか思えません。

しかし、作られた場所が変。
車や人が行き来するであろう道のすく横で、しかも低い位置。
こんなところに鳥が巣を作るのか?

作るのは作ったが、やっぱり駄目だぁ、と捨てられた巣かも知れませんね。
[PR]
by kou_shino | 2011-08-10 19:10 | 兵庫県(72頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(78頁)
京都府(96頁)
京都西山(23頁)
奈良県(58頁)
大阪府(82頁)
兵庫県(72頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(8頁)
花札(8頁)
干支(12頁)
その他(9頁)

タグ

(234)
(206)
(192)
(147)
(107)
(92)
(85)
(83)
(73)
(72)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(26)
(14)
(6)

最新の記事

京都西山 ポンポン山から水無瀬
at 2018-05-20 22:47
京都西山 川久保からポンポン山
at 2018-05-13 22:35
大阪府 茨木市 北山自然歩道..
at 2018-04-29 23:35
奈良県 葛城山麓の道
at 2018-04-15 22:56
京都西山 西山古道散策
at 2018-03-22 00:03

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****
写真家 米美知子

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い
さんちゃんのぶらっと関西

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

■ニコン・ファーブルフォト■
ファーブルフォト入門
ファーブルフォト活用術

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39
> はーしぇる様 あり..
by kou_shino at 23:32
今年もレポートを楽しみに..
by はーしぇる at 21:42
はーしぇるさま 野菜に..
by kou_shino at 23:18
「今日の料理ビギナーズ」..
by はーしぇる at 21:29
はーしぇるさま ユキノ..
by kou_shino at 18:09
店の庭でもユキノシタが花..
by はーしぇる at 00:18

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧