人気ブログランキング |

大阪府 水無瀬渓谷散策 菌類とオオケマイマイ

今回は、大阪府島本町にある水無瀬渓谷を歩いてきました。

阪急水無瀬駅から若山神社を目指して進みます。
若山神社は、スサノオノミコト(牛頭天王)を祀った神社で、創建は701年というから平城京より少し古い。
若山神社から、おおさか環状自然歩道に沿って、水無瀬渓谷へ。

若山神社までは、結構暑くて、汗をかきましたが、渓谷に入るとスッと気温が下がって涼しい。
e0035757_160206.jpg

渓谷沿いの散策道は湿度が高く、枯葉の合間からいろんな姿のキノコ達が顔を出しています。
e0035757_1603624.jpg

ホコリタケが並んで生えています。なんか顔みたい。
e0035757_1605161.jpg

どこかで見た事ある顔なんですが、何だろう。
カッパでしょうか、それともウッドペッカー?、スネ夫?

いろんな種類のキノコが生えていましたが、赤くてお皿型のキノコが目につきました。
これはニクアツベニサラタケでは。
e0035757_1622128.jpg

こちらは、ベニチャワンダケか、それともベニチャワンダケモドキか。
e0035757_1625810.jpg

外側が白っぽいので、ベニチャワンダケモドキかも。

最後に、これも真っ赤。
おそらく、ベニサラタケでしょう。
e0035757_1633274.jpg

ニクアツベニサラタケとベニチャワンダケモドキは、チャワンダケ科のキノコですが、ベニサラタケはピロマネキン科のキノコ。
まぁ、赤いキノコはよく目立ちます。

朽木を見ていると…、ありました、粘菌(変形菌)ウツボホコリ。
e0035757_1641443.jpg


こちらの白いのは、何でしょう?
e0035757_165168.jpg

約1~2mmの小さな白い物体。
色が変わる前の粘菌の子実体のようにも見えるし、キノコの一種なのかもしれない。

よくわからない生命体は、他にもあります。
何でしょう、この赤いゼリーが潰れたようなモノは。
e0035757_1653463.jpg

粘菌(変形菌)の変形体が子実体に変わろうとしている過程でしょうか。
よくわかりません。

ミンミンゼミの死骸にカビのようなモノが、これは冬虫夏草のセミノハリセンボンか?
e0035757_166133.jpg

と思ったら、違うようです。セミカビかな。

渓谷沿いの岩には小さなクモの巣も多い。
ゴミグモの仲間でしょうか、かくれ帯の形もそれぞれ違います。
e0035757_167234.jpg

クモの巣で、頭を上にしている種類は、ギンナガゴミグモやギンメッキゴミグモ等数は少ないようですが、見たところ2匹のクモの姿はまったく違います。
右のクモのお尻は赤いですね。

大きさといい、模様といい、テントウ虫の仲間だと思っていたのがこの虫。
e0035757_167365.jpg

しかし、体の質感がテントウ虫とは違うし、なんか目玉も大きい。
なんとこれは、ウンカの仲間のキボシマルウンカ。
テントウ虫に擬態しているといわれていますが、どうなのか。

見慣れぬ白い蛾もいました。
シロツバメエダシャクらしい。
e0035757_1682348.jpg

小さな尾状突起がついているので、ツバメの名前が付いています。

最後に、去年から見て見たい、と思っていた生き物をついに見つけました。
約1年ほど前に放送された、探偵ナイトスクープのガチャピンにそっくりな虫を探す、という回で、ちらりと姿が映った毛の生えたカタツムリ、オオケマイマイです。
e0035757_16203855.jpg


カタツムリと一口にいっても、実は種類は結構多い。
扁平な貝や、三角形にとがった貝、貝殻の色の違いなど今まで見てきましたが、キセルガイ以外は決め手となる違いが良くわからず、みんなカタツムリとして一括りにしていました。

でもこれは明らかに違いますね、なんたって貝殻に毛が生えています。
この毛は、毛状殻皮といわれているモノで、老生するとはがれていまうらしい。

何故毛のようになる必要があったんでしょうか。
ネットで調べても、毛の存在はよくわからないらしい。

私の想像ですが、このカタツムリは、他のカタツムリたちよりも、より多くの水分を求めていたのではないでしょうか。

オオケマイマイは、渓谷などの湿度の多い場所に生息しているといわれています。
もっと水分がほしい、でも陸上生活に適応してしまったので、もう水の中に入る事はできません。
では、どうすればいい?

朝露などを考えた場合、つるんとした貝殻よりも、毛の生えた貝殻の方が、より多く水滴を集める事ができます。オオケマイマイの「もっと水分がほしい」という意思が貝殻に毛をはやさせたのではないか、という気がします。
違うかな。
by kou_shino | 2010-10-17 16:52 | 大阪府(87頁) | Comments(5)
Commented at 2010-10-20 11:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なりひら at 2010-10-24 18:03 x
よくそれだけ丹念に路傍の「キノコ」と「昆虫」を撮られましたね。水瀬は、京都に行く時、阪急電車で通りますが、山間にそんな渓谷があったとは・・知りませんでした。
Commented by kou_shino at 2010-10-25 17:37
なりひら さま
あまり丹念でもありません。
眼が悪いもので・・・。
水無瀬渓谷は、摂津峡に比べたら有名でないかも知れませんが、ハイキングコース沿いなので、何度か歩いています。
Commented by kwhiro at 2010-10-29 00:13
Shinoさん、お邪魔します。確かにスネオの顔の様に見えますね!
最近毒キノコを間違えて食べて食中毒起こされた人がいてニュースになっていましたが、shinoさんはお元気ですか?
粘菌の写真撮っていらっしゃる方はなかなか他におられないのでしょうか?植物なのか動物なのか不思議な生物ですよね。
Commented by kou_shino at 2010-10-29 18:16
kwhiro さま
キノコを探す多くの方々は、食べる事が前提のようですが、私はまだ食べた事はありません。
撮り専門なもんで。
粘菌は、テレビなどで取り上げられる機械もあるようなので、興味がある人も、増殖しているのではないでしょうか。


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧