人気ブログランキング |

ファーブルフォト オカダンゴムシ

今月のファーブルフォトは、子供のころオモチャ代わりに遊んだダンゴムシです。

ファーブルフォトを買ったとき、最初の被写体候補にあがったダンゴムシ。
しかし、恐ろしい姿を見てしまうんじゃないか、と想像してしまい、今まで見る事ができませんでした。

いざ見て見ると、今まで昆虫のアップ画像を見てきたせいか、そんな恐ろしい姿ではありません。
多少強くつまんでも潰れない、いやな汁や匂いを出さない、咬まない、刺さない、丸まるとコロコロと転がって面白い。
e0035757_0552784.jpg

子供のころは、マルムシと言っていたように思いますが、人里にいるダンゴムシの正式な名前はオカダンゴムシ。
節足動物甲殻網の生き物で、エビやカニの仲間。エラ呼吸もできるらしい。
e0035757_0564792.jpg

上が頭で、下が尾です。
こうして見ると、尾節は何となくエビの尾扇のような形をしています。

昔から日本にいるような感じですが、オカダンゴムシは明治以降にヨーロッパから渡ってきた帰化生物といわれています。
日本固有ダンゴムシも山や海辺にいるらしいので、一度探してみようかと思います。

頭部の横にある黒いツブツブがダンゴムシの複目。
e0035757_1105176.jpg

エビやカニの眼玉も複眼だったって知ってました?

オスは黒っぽい体をしていますが、メスには黄色い斑紋が並んでいます。
e0035757_1114880.jpg

触手を動かしている様は、ナウシカに出てくる王蟲(オーム)のようですね。

足には小さな爪があり、垂直な場所でも登れます。
e0035757_1125178.jpg


ダンゴムシの行動で、有名なものに交替性転向反応があります。

ダンゴムシが歩いているときに、何度か障害物にあたった場合、最初右に曲がれば次は左、その次は右、と交互に向きを変える行動の事です。
最初左だったら次は右、その次は左、といった感じです。

ダンゴムシが移動する場合、食べ物を求めて移動する、繁殖場所を広げるために移動する、敵に追われて移動する、というような理由が考えられます。
このような時、右、右、右、と同じ方向に曲がると、同じ場所に戻る確率が高くなるので、より遠くへ移動するために、交互に移動するのではないでしょうか。

丸まったダンゴムシを、まっ平らな所に転がすと、体を伸ばそうとする時必ず裏返ります。
e0035757_122532.jpg

(オスのダンゴムシ)
体を反らしたり、触覚で起き上がろうとするのですが、なかなか元の状態に戻れません。
自然の中では、起伏があるのですぐに戻れるようですが。
裏側も、エビに似ています。

腹の部分。
e0035757_1234958.jpg

(メスのダンゴムシ)
腹もエビの腹のようです。

腹を見ても、オスメスの区別がつきますね。

裏側から顔を見ると。
e0035757_1244211.jpg

ちょっとダース・ベイダーみたい。

口の部分を拡大すると…
e0035757_1262767.jpg

角度を変えて…
e0035757_1263954.jpg

かわいいダンゴムシが、モンスターに見えてきました。

こちらは、ダンゴムシの子供。
e0035757_1275444.jpg

親と比べると、色も大きさは違いますが、姿は変わらず。
e0035757_1284283.jpg

しかし、子供はちょっとカワイイ?

ダンゴムシの事をネットで調べていると、気になる事が書かれていました。
ボルバキアという、節足動物の細胞に感染し、宿主の性を操作する恐ろしい細菌がいるらしいのです。

ダンゴムシのオスがボルバキアに感染すると、メスに性転換するという。

ボルバキアは宿主の卵に感染する事ができるので、宿主(メス)が卵を産むことによって、子孫を残す事ができます。
オスの存在は、ボルバキアには意味が無いので、繁殖能力のあるメスに変えてしまう、というわけです。

オスがいなくてどうして卵が孵るのか、と思いましたが、ダンゴムシがボルバキアに感染すると、単為生殖する事ができるようになるらしい。
つまり、オスがいなくても、メスだけで繁殖する事ができ、生まれたダンゴムシはすべてボルバキアに感染したメスとなるらしい。

ボルバキアに感染したテントウムシやハエ等の昆虫の中には、オスは死に、メスだけが生き残るという事もあるという。

これって、どういうこと?
オスが死に絶え、ボルバキアに感染したメスのクローンが増え続けるって事でしょうか。

こんな細菌が地球上にいるとは!
しかしまだ、脊椎動物に感染した例はないらしい。
by kou_shino | 2010-04-09 01:50 | ファーブルフォト(107頁) | Comments(2)
Commented by 顕微鏡下のふしぎ at 2010-04-18 22:08 x
私のファーブルフォトのはじめてのサンプルは、オカダンゴムシとクロアリでした。
この二種類はどこにでもいますし、シャーレに閉じ込めると撮影もしやすいですね。

ボルバキアという細菌のこと、はじめて知りました。で、早速いろんなサイトから検索したところ、ボルバキアはオスを残したまま感染している宿主を増やす戦略もあるようです。

ご存知かと思いますが、下記に参考URLを添付します。

このメカニズム、なんとなく納得ということで、完全に理解しているわけではありませんが。(笑)

http://livacomi.jp/item_1272.html
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ken/news-back/030117a.html
Commented by kou_shino at 2010-04-19 16:36
顕微鏡下のふしぎ さま
ボルバキアに感染した宿主は、世代交代するたびに感染率増えていくことになりますよね。
ボルバキア関連のサイトによると、全昆虫の約60%が感染しているとか。
恐ろしい感染率です。

ホントかなぁ。


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
大阪府(87頁)
奈良県(58頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
奈良盆地周遊型ウォーク(3頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(244)
(213)
(199)
(155)
(107)
(95)
(85)
(85)
(77)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

奈良盆地周遊ウォーク03 天..
at 2019-06-15 19:18
奈良盆地周遊ウォーク02 山..
at 2019-06-09 21:35
奈良盆地周遊ウォーク01 春..
at 2019-06-02 20:07
大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧