人気ブログランキング |

京都府立植物園 ナンバンギセルとツリフネソウの盗蜜者

シルバーウィークも仕事がある、と聞いていたのですが、土壇場になって5連休となりました。
連休の予定は何も考えていませんでしたので、とりあえず植物園へ。

京都府立植物園は、行くたびに興味深い植物に出会えるので面白い所です。

家でヒョウタンを育てているので、最初にヒョウタンコーナーへ行くと、時期が遅いせいか、ヒョウタンのちょっと少なかった。ヒョウタンのような形をした、ブツブツのカボチャは多くぶら下っていましたが。

その中に、話題の?ヒョウタンが一つありました。
岡部マリヒョウタンです。
e0035757_16473387.jpg

「岡部マリ」という名前の中に、何か別の意味があったとしても、あきらかに探偵ナイトスクープを意識したネーミングではないでしょうか。

ヒョウタンの横には、ウコンの花が咲いていました。
e0035757_16475752.jpg

ターメリックですね。白い花を咲かせるようです。

かわいらしい実をたくさん付けていたのは、オキナワスズメウリ。
e0035757_16481643.jpg

プチトマトくらいの大きさで、熟れると赤くなるようです。
カラスウリやスズメウリとは別属で、別名ヤマゴーヤと呼ばれているそうです。
食べることはできず、もっぱら鑑賞用との事。

ススキの根元には、ナンバンギセルが咲いていました。
e0035757_16484534.jpg

ナンバンギセルはハマウツボ科の寄生植物。
ススキやミョウガなどの根に寄生しています。

葉緑素をもたず、花を咲かす姿はギンリョウソウに似ていますが、ナンバンギセルの花には色が付いています。
一度自然の中で見つけてみたい植物。
なるほど、こんな感じに咲いているのか。
e0035757_16491518.jpg

今後、ススキの根元も要チェックする必要があるようです。

水辺の近くではツリフネソウが咲いていました。
白いツリフネソウ。
e0035757_16585090.jpg

見ていると、ホシホウジャクやクマバチが盛んに蜜を吸いに来ていました。

観察していると、クマバチは花の中に入らず、花の後ろに回り込み、裏がから蜜を舐めているようす。
これでは花粉がクマバチに付かず、ツリフネソウは受粉できません。
e0035757_16592733.jpg

このように、蜜は舐めるが花粉媒介はしない、という行動を「盗蜜」といいます。
昆虫といえば花粉媒介者というイメージがありますが、盗蜜をしている者も多いようです。

ホシホウジャクも、ホバリングしながら長い口吻を入れて蜜を吸っているので、花粉媒介しません。
これも盗蜜です。
e0035757_16595858.jpg

同じように長い口吻で蜜を吸う蝶たちはどうなんでしょう。
改めて植物園にいた蝶たちを見てみると。
キク科の花にアカタテハ。
e0035757_1704419.jpg

こちらはカラスアゲハかな。
e0035757_171423.jpg

そしておなじみアゲハチョウ。
e0035757_1711650.jpg

胸に毛を持つタテハチョウの仲間は、なんとなく花粉を運びそうですが、アゲハの仲間は花粉がつきそうにありません。
少なくとも、大型の蝶が小さな花の蜜を吸う時は、盗蜜している可能性が大きいようです。

最後に見かけたネコノヒゲ。
e0035757_171513.jpg

シソ科の植物でオシベとメシベが長く伸びているのでネコノヒゲです。
誰が付けたのか、面白い名前です。
by kou_shino | 2009-09-22 17:06 | 京都府(98頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(79頁)
京都府(98頁)
京都西山(25頁)
奈良県(58頁)
大阪府(87頁)
兵庫県(73頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(9頁)
花札(8頁)
干支(13頁)
その他(10頁)

タグ

(241)
(210)
(199)
(155)
(107)
(93)
(85)
(85)
(76)
(73)
(72)
(48)
(47)
(41)
(35)
(35)
(29)
(27)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 宝塚 中山ハイキング..
at 2019-05-26 23:06
京都北山 山菜採りの会
at 2019-05-19 23:04
滋賀県 鏡山5月上旬 ヘビノ..
at 2019-05-06 21:24
大阪府 車作から長谷口へ 北..
at 2019-04-29 21:46
大阪府 三好山から摂津峡
at 2019-04-21 23:59

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

フォロー中のブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

はーしぇる様、 それは..
by kou_shino at 20:52
医療事故で2月中旬から1..
by はーしぇる at 19:56
はーしぇる様 明けま..
by kou_shino at 09:24
明けまして、おめでとうご..
by はーしぇる at 22:53
はーしぇる様 まだ、毎..
by kou_shino at 20:11
白内障の方は多いですね。..
by はーしぇる at 20:50
コケをじーっと見ていると..
by kou_shino at 23:26
こんなに見事なタマゴケは..
by はーしぇる at 22:22
はーしぇるさま 私も..
by kou_shino at 18:41
ヘラサギは初めて見ました..
by はーしぇる at 20:39

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧