タグ:森林 ( 6 ) タグの人気記事

兵庫県 姫路自然観察の森散策

三寒四温といいますが、今年はその差が激しいように思います。
今までなかった現象としては、寒いと雪が降る事。

まぁ、降るというより、ちらつく程度ですが、こんなに雪を見る3月は記憶がありません。
今回は、姫路自然観察の森へ散策に行きました。

JR姫路駅からバスに乗り自然観察の森で下車。
まだネイチャーセンターは開いていませんでしたが、地元方は散歩に来ておられます。
山の山腹を整備して造られた自然公園のような所で、一周するといい運動になりそうです。

山に入ると独特の匂いがするヒサカキの花をよく見ました。
e0035757_1911881.jpg

通常白い花ですが、赤花も多い。

ネイチャーセンター横の広場にいたジョウビタキのメス。
e0035757_1913497.jpg


木の枝を見上げると、何やら丸いモノが付いている枝があります。
e0035757_192027.jpg

左は、土で作られているようで、ドロバチの巣では。
右はよくわかりません、鳥の巣にしては小さいし、まして折れそうな枝です。
単なる枯れ葉の集まりにしてはきれいに丸いし?

しばらく坂を登っていくとヤマツバキが咲いていました。
e0035757_192236.jpg

この辺りまで天気は良かったんですが、しばらくすると急に雲が増え、気温が下がり、なんとまさかの雪が。
しばらく雪がチラついた後、雲が去りまた暖かな春の日差し。
これが3回ほど繰り返しました。
変な天気です。

北口方面に歩いていると、コブシが咲いていました。
e0035757_192542.jpg

しかし、まだまだツボミの方が多いようです。
コブシのオシベとメシベ。
e0035757_193952.jpg

北口から山頂へ。
丸太階段の横に生えていたキノコ。
e0035757_1933044.jpg

しばらく登ると山頂に到着。

山頂の東屋でお昼をしていたら、エナガのペアが近くまで来ました。
e0035757_194382.jpg

近くまで来てくれる小鳥は、ジョウビタキとエナガくらいです。
スズメも近くに来てくれません。

ネイチャーセンター方面へ歩いていると、よくビロードツリアブを見かけました。
e0035757_1943815.jpg

これはオスでしょうか。
メスは目と目の間が離れているようです。

ビロードツリアブの成虫が見られるのは春だけ。
気温が低いせいか、日向で休んでいました。

他の昆虫の痕跡は。
e0035757_19592.jpg

左:ガの蛹の抜けがら。
右:ウスタビガの繭の抜けがら。(たぶん)

山道にチラホラ咲いていたのは、タチツボスミレ?
e0035757_1953287.jpg

ネイチャーセンターでしばらく休憩。
センターにある野鳥の餌場に来ていたヤマガラとカワラヒワ。
e0035757_1955416.jpg

センター横の貯水池には、水鳥の姿は見られません。
センター近くの森で、テンとシカに遭遇しましたが、すぐに逃げちゃいました。

再び折り返し、湿原があるという方面へ。
湿原近くに咲いていたスミレ。
e0035757_1961321.jpg

こちらは葉が細いのでナガバノタチツボスミレかな。

さらに歩くと東の出口へ。
出口付近で咲いていた、ヒイラギナンテン。
e0035757_1962980.jpg

山を出て少し歩くと、JR余部駅へ。
余部駅からだと、けっこう近いようですね。
[PR]
by kou_shino | 2011-03-29 19:13 | 兵庫県(67頁) | Comments(2)

京都西山 大原野森林公園 地面に向かって咲く花

連休中、京都市内へ出る用事があったので、ついでに松栄堂で開かれていた京都西山の草花を紹介する写真展を見に行きました。

西山といえば、大原野神社から善峰寺辺りは、子供のころよく自転車で遊びに行っていた場所で、山歩きをするようになった時期にも、ポンポン山辺りをよく歩き回っていました。
しかし、あまり小さな草花に目をやることもなく、ただひたすら歩いていたような記憶があります。

当時は、ポンポン山周辺のカタクリやフクジュソウの存在すら知らず、森林公園もありませんでした。
カタクリの花を見に、わざわざ大和葛城山まで行っていたくらいです。
したがいまして、西山は私にとって何の変哲もない普通の裏山という印象が強く残り、だんだんと歩きに行くこともなくなってしまいました。

写真展では、西山に咲くいろいろな花を紹介されており、最近うすうす感じていましたが、改めて西山に残る自然を再認識。
今回はポンポン山と小塩山の間にある、大原野森林公園という場所を歩いてきました。

地図を見ると、森林公園へ入るためには、まずポンポン山へ行かねばならないので、善峰寺から杉谷の集落を経るコースをとりました。
このコースは、かって何回もたどったコースです。

歩きながら、土の盛り上がった部分を見ると、ここにもギンリョウソウが生えていました。
e0035757_16105546.jpg

今年、穂谷で初めて出会い、岩間山に続き、3回連続のギンリョウソウです。
今年は、ギンリョウソウの当たり年なのか、それとも、単に今まで見落としていただけなのか。

帰りに同じコースをたどって見た時、さらに多くのギンリョウソウを見つけました。
そこらじゅうに、ニョキニョキと生えています。
e0035757_16115011.jpg

こんなに群生しているのに、行く時には、完全に見落としていました。
つまり、ギンリョウソウは毎年足元に生えているのに、今まで見つけることが出来なかっただけのようです。

ギンリョウソウの近くの土手に、白っぽい部分が見られます。
肉眼で見てもよく分からないので、マクロレンズで撮影して、拡大してみました。
e0035757_16121382.jpg

どうやら、粘菌の子実体のようです。
変形菌のウツボホコリの仲間に似ているような気がします。

渓流沿いの斜面には、ミヤコアオイでしょうか、花が咲いています。
e0035757_16123437.jpg

花は地面に這いつくばるような感じで、ちょっと花には見えません。
これが花。
e0035757_16131069.jpg

なぜ、このような咲き方をするのでしょうか。
花といえば、植物にとって、子孫繁栄のための大切な繁殖器官。
きっと何か意味があるはずです。

ポンポン山の山頂は、ハイカー達がとても多くて大変賑やか。
早々に横断して、大原野森林公園の入口へ。

リョウブの丘で一休み。
ポンポン山山頂とは違い、人も少なくとても静か。
木漏れ日の中で昼寝がしたくなるほどです。

リョウブの丘からは西尾根コースをたどり、森の案内所を経由して、東尾根コースに入り、イヌブナの丘を経て、杉谷へ出る予定。
ただ、森林公園内でゆっくりするはずだったのですが、リョウブの丘に入るまでに時間がかかりすぎてしまい、あまり観察する余裕がありません。

西尾根コースを歩いていたら、やたらとヘビに遭遇しました。
道の横でトグロを巻いて日向ぼっこをしていたマムシ。
e0035757_16142557.jpg

太短く、もう少し胴が太ければツチノコのように見えます。

さらに進むと、今度は、舌をペロペロ出しながら、木に登って行くアオダイショウを見つけました。
e0035757_16145333.jpg

上に鳥の巣でもあるのかな。

近づいて写真を撮ろうとしたら…、ギョエ!こっちを見てる。
e0035757_1615115.jpg

口を開けなくても、舌を出し入れできるように、口の先に穴が開いていますね。

ツツジの丘、アカマツの丘を経て、シダ植物が生える渓流沿いに出るともうすぐ森の案内所。
e0035757_1615363.jpg

所々に、赤いツバキの花が落ちています。

森林公園とはいっても、木が間伐されている他は、他の山と変わりがないなぁ、と思っていましたが、森の案内所の周りは、なんとなく公園ぽい。
というか、どうやらここが大原野森林公園の入口のようです。

案内所の近くで見つけた、小さなキノコ達。
e0035757_16161788.jpg

案内所でゆっくり休む暇もなく、再び東尾根コースへの登りをたどり、イヌブナの丘へ。

新緑のイヌブナ。
e0035757_16163331.jpg

植物の名前に「イヌ」がつく時は、たいていイヌと付かない植物に比べると「役に立たない」という意味があるようです。
したがいまして、イヌブナはブナよりも材木として劣っている、ということなのでしょうか。
「イヌ」が付いて、差別化された植物は意外に多い。

イヌブナの丘から少し登り、鉄塔のあるピークから杉谷へ出る車道までひたすら下山。

途中の沢沿いで見つけた、フタバアオイの群生。
葵祭でおなじみの植物です。
e0035757_16182114.jpg

花は、といえば、ミヤコアオイと同様、地面に向かって咲いています。
葉を掻き分け、フタバアオイの花を少し持ち上げてみました。
e0035757_1618592.jpg

上から花を見ることが出来ないので、通常花粉媒介をするチョウやハチを避けているようです。
いったいどのようにして、受粉しているのか。

ネットで調べると、ナメクジやカタツムリが受粉するという説あり驚きました。
彼らは、単に花を食べに来ているだけなのではないかと思うのですが…

他のサイトで、フタバアオイは自己受粉している、という説明がありましたが、こちらの方が納得できます。
しかし、どうもミヤコアオイの場合は違うようですね。

この件に関しては、すぐにわからないので、後でゆっくりと調べることにしましょう。

ヤブデマリの花が見えてくると、杉谷へ続く舗装道路はすぐ近く。
e0035757_1620821.jpg

なんとか日没までに山から出ることができました。
[PR]
by kou_shino | 2009-05-10 16:36 | 京都西山(19頁) | Comments(0)

兵庫県 布引の滝~森林植物園~再度山

10月に受けたメタボ検査の結果が送られてきました。
それによると、メタボリックシンドローム判定は非該当、ということで、なんとかギリギリセーフ。
ダイエットのおかげで、メタボからの脱出に成功したようです。
検査が1ヶ月早ければ、メタボに該当していたかも知れません。

禁酒ダイエットで、体重が減ったのはいいですが、お酒を止めているせいか、甘いものを食べることがひじょうに増えました。
饅頭にチョコレートなどは、毎日のように食べています。
違う症状が出ないかと心配する今日この頃。

日曜日に、六甲へ散策に出かけました。

新神戸から砂子橋を経て少し歩くとすぐに布引の滝雌滝へ。
e0035757_17125044.jpg

さらに進むと、布引の滝雄滝が現れます。
e0035757_17132516.jpg

初めて来ましたが、新幹線新神戸の駅からすぐ近くに自然に囲まれた滝が見られるんですねぇ。
布引の滝は、雄滝、鼓ヶ滝、夫婦滝、雌滝の4つの滝の総称だそうです。

布引の滝から神戸市街を一望できる展望台を経て、猿のかずら橋を横目に川沿いの道を進むと明治時代に作られた布引貯水池に出ます。
貯水池には、カワセミやオシドリが見られると書かれていますが、マガモ一羽いませんでした。
ただただ、冬の冷たい風が、枯れ葉を舞いあがらせているだけ。

貯水池の近くには、国指定重要文化財の橋や水路等が見られます。

市ヶ原を過ぎて山道を進むと、トゥエンティクロスと呼ばれる沢沿いのコースへ。
トゥエンティクロスの入口付近にある謎のトンネル。
e0035757_1715235.jpg

開けたコナラ林。
e0035757_17151656.jpg

いくつか沢を渡渉すると、神戸市立森林植物園(有料)の東口に到着。
e0035757_17152852.jpg

大きな鯉がいる池には、カイツブリが一羽いました。
e0035757_17154255.jpg

森林植物園のカモシカ広場にいた特別天然記念物のニホンカモシカ。
e0035757_17162776.jpg

最近では、各地でカモシカが飼育されているようですが、昔は飼育がとても難しい生き物だったらしい。人に与えられた餌を食べずに餓死を選ぶ、といような事もあったようです。

この森林植物園には、日本国内で飼育されている最高齢のニホンカモシカもいるようです。

長谷池の横で一息いれてから、園内を横断しウサギ園を経て森林植物園の西口へ。
ウサギたちはちょうど食事中。
e0035757_1717244.jpg

森林植物園を出て、学習の森を経て再度公園の修法ヶ原池へ。
池のほとりから飛び立つカラス。
e0035757_17174858.jpg

修法ヶ原池の近くに再度山があります。
日本自然100選に選ばれたり、毎日登山の発祥地、などといわれている再度山ですが、ガイドブックによると、山頂にまで登る人は意外と少ないらしい。

せっかくなので、登ってきました。
大竜寺の横から、石仏が並ぶ坂を進み、奥の院の右横から山道を登る。
短いながらも鉄梯子や補助ロープもある坂を上がると、展望の無い山頂に到着。
再度山(470m)の山頂。
e0035757_1718161.jpg

再度山(ふたたびやま)ですが、再び登りに来る事はないかも…

下山後は、干上がった猩々池を経て諏訪神社まで歩き駅へ。
[PR]
by kou_shino | 2008-12-15 17:58 | 兵庫県(67頁) | Comments(0)

芳山 ~春日山原始林~

本日訪れたのは、春日山原始林のさらに奥の芳山。
深山のようですが、山すそには集落もある里山です。

去年も訪れた春日山原始林の遊歩道を歩きます。
特別天然記念物に指定さているだけでなく、世界遺産にまで登録された春日山原始林は、奈良公園からすぐ近くなのに、大台ケ原のような山深い雰囲気があり、なかなか素晴らしいところです。
e0035757_22522037.jpg

ここらあたりの鹿は、公園の鹿と違い人馴れしていないのですぐに逃げてしまいます。
e0035757_22523348.jpg

原始林抜け、ドライブウェイを越えて石切峠へ、
舗装された山道を歩いていると江戸時代からやっているという石切峠の茶屋が現れました。
e0035757_22524533.jpg

最初こんな山奥にお客は来るのか、と思いましたが、結構繁盛している様子です。

茶屋を越えると集落があり、そこから芳山へ。
赤いテープなどのしるしを頼りに、芳山山頂へたどりつきました。
展望はありません。
来た道を折り返し、ドライブウェイから若草山方面へ向かいました。
ちょうど原始林を一周する感じです。

原始林にあった木、顔のようなあとが・・・
e0035757_2253162.jpg

けっこう歩いている人は多いようです。
道なりに歩いていると、やがて若草山に着きました。

若草山から見た原始林。紅葉していませんね。
e0035757_22533223.jpg

周囲を見渡しても、まだ部分的にしか紅葉はみられません。
e0035757_22535159.jpg

若草山から、春日山遊歩道を経て奈良公園へ。
せっかくなので、紅葉をバックに鹿を撮ってみましたが・・・
e0035757_2254717.jpg

e0035757_22542182.jpg

e0035757_22543361.jpg

歩きつかれたので、鹿と別れて帰りました。
e0035757_22544492.jpg

[PR]
by kou_shino | 2006-11-12 22:59 | 奈良県(46頁) | Comments(0)

栗東自然観察の森のモウセンゴケ

朝、7時頃に起きたので、どこに行こうか考えているうち、睡魔に襲われ、また寝てしまいました。結局昼から栗東自然観察の森に行くことにしました。

ここに行くことに決めた理由は、モウセンゴケが生えているということが分かったからです。
食虫植物があると聞いたら、やはり行くしかないです。

最初にであったのは、トンボでした。
e0035757_20332664.jpg

今回は、時折雨が降る曇りで、薄暗いので、マクロレンズにフラッシュで撮影しています。

雨宿りするヒグラシ。
e0035757_2034062.jpg

ようやく、モウセンゴケがあるという所に来ましたが、どこにあるのかよくわかりません。
何回も見直していると・・・ようやく分かりました。
コモウセンゴケ!しかし小さい!これは・・・
e0035757_20342127.jpg

他の草にまぎれて、探すのに苦労しました。
たぶんこのピンク色のつぼみが、モウセンゴケのつぼみです。
e0035757_20353231.jpg

以前、山で見たモウセンゴケと比べても小さすぎです。
やはり、土中の栄養分の差でしょうか・・・
e0035757_20372789.jpg

雨の後、なのでキノコがたくさん生えています。
e0035757_20382381.jpg

トンボ池には、トンボがいます。
e0035757_20391552.jpg

こちらはイトトンボ・・・
e0035757_20394762.jpg

e0035757_20401943.jpg

ヒグラシもかなり近くで見れました。
e0035757_20411283.jpg

天候が悪くなければ、面白いところです。
[PR]
by kou_shino | 2006-07-29 20:42 | 滋賀県(70頁) | Comments(0)

春日山原始林

暑い日が続くので、春日山原始林に行きました。
奈良公園の奥に、こんな所があるとは、知りませんでした。

歩きやすい遊歩道が森の奥へと誘います。
D70+18~70mm(以下同じ)
e0035757_7334480.jpg

樹のキャンバス。
e0035757_735778.jpg

地獄谷の新池で、大きな白い布を広げて地面に這わすようにして歩いている人がいました。「何かの採集ですか?」と聞くと、「ええ、ダニを採集しています」
ダニ・・・、
次の言葉が出てきませんでした。

池を撮影していると、対岸で、先ほどの養老孟司に似たダニ採集の人が、捕まえたダニをピンセットでつまみ、プラステックケースに入れる、コンコンという音が物悲しく聞こえてきました。
e0035757_7462068.jpg

樹はやがて倒れ、新たな森が生まれます。
e0035757_755148.jpg

ニイニイゼミ・アブラゼミ・クマゼミ・ミンミンゼミ・ヒグラシ・ツクツクボウシ・・・
いろんなセミの鳴き声が聞こえます。(私が判別できるセミは以上で全て)

ミンミンゼミの「ミーン、ミンミンミンミーン」という鳴き声を聞くと、冷やしそうめんが食べたくなるのは、私だけでしょうか。
[PR]
by kou_shino | 2005-08-07 08:02 | 奈良県(46頁) | Comments(5)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(74頁)
京都府(92頁)
京都西山(20頁)
奈良県(55頁)
大阪府(77頁)
兵庫県(69頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(8頁)
花札(8頁)
干支(11頁)
その他(9頁)

タグ

(225)
(193)
(176)
(142)
(107)
(87)
(83)
(83)
(70)
(68)
(67)
(48)
(47)
(41)
(35)
(34)
(29)
(24)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 高槻 里山・古道コース
at 2017-03-19 22:39
今まで出会った猫たち8
at 2017-02-21 22:35
今まで出会った猫たち7
at 2017-01-09 21:46
2017年 酉 トリ
at 2017-01-01 00:27
今まで出会った猫たち6
at 2016-12-25 23:40

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****
写真家 米美知子

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い
さんちゃんのぶらっと関西

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

■ニコン・ファーブルフォト■
ファーブルフォト入門
ファーブルフォト活用術

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

TGokuraku-TO..
by kou_shino at 20:24
こんにちは。はじめまして..
by TGokuraku-TOMBO at 18:41
白い塊を背負った虫はクサ..
by Z at 18:43
恵美子 さま ハエトリ..
by kou_shino at 17:52
(((o(*゚▽゚*)o..
by 恵美子 at 07:09
TAKA さま 水..
by kou_shino at 00:56
こんばんは。 ご返..
by TAKA at 22:54
TAKA さま はじめ..
by kou_shino at 19:14
はじめまして。 今..
by TAKA at 00:32
まーしーてんしん さま ..
by kou_shino at 20:43

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧