カテゴリ:大阪府(77頁)( 77 )

大阪府 高槻 里山・古道コース

膝の痛みも出なくなったので、久しぶりに出かけました。

阪急高槻市駅からバスで磐手橋下車。
ぶらぶら歩いて、春日神社を目指します。

バスを降りた辺りから、新名神高速道路関係の工事が広範囲で行われているので、ルート確認が必要です。

田畑にいたヒヨドリ。
羽を怪我しているのか、少ししか飛べない感じ。
e0035757_22271687.jpg
畑の野菜をついばんでいました。

この日の天気は良くて、スズメも元気。
e0035757_22273595.jpg
細い川にはホオジロが。
e0035757_22275064.jpg
春日神社によった後、桧尾川沿いへ。

途中の畑で、キンカンを食べようとしているヒヨドリ。
e0035757_22281783.jpg
桧尾川沿いの道に入ると、「通り抜けできません、人も車も」という看板が

このまま、桧尾川沿いを進み、原の集落に出る予定でしたが、新名神高速道路関連の工事で通行できないらしい。
高槻市のHPからプリントしたコースマップにも、よく見ると書いてある。

しかし、看板があっても、実際に行ったら通れる場合もあります。
行けるところまで行こうか、別ルートから原へ移動するか、川にいる野鳥を観眺めながら悩みました。

桧尾川にいた野鳥は、
e0035757_22284598.jpg
左上がハクセキレイ
右上がセグロセキレイ
左下が少し小さなキセキレイ
右下は、シロハラかな。

コガモもいました。
e0035757_22290207.jpg
結局、一旦バスでJR高槻駅まで戻り、原大橋行きのバスで原集落へ行く事に。

原集落の八坂神社横の細い道から、萩谷へ続く林道へ。
八坂神社の境内に生えていた、赤っぽいシダ。
e0035757_22292323.jpg
何シダ?

林道沿いに杉の木があったので、揺らしてみると大量の花粉が!
e0035757_22295139.jpg
うへっ、鼻がムズムズする、触るんじゃなかった。

林道は、山の中なのに家がポツンとあり、田畑もあります。
畑の隅に生えていた、フキノトウ。
e0035757_22300854.jpg
萩谷に近づくと、ススキの一群が、もちろん枯れススキ。
e0035757_22302773.jpg
枯れススキもよく見ると、一つ一つの形が面白い。

萩谷に入り、諏訪神社に寄ってから萩谷バス停へ。
諏訪神社鳥居の上に枝を伸ばすカゴノキ。
e0035757_22354097.jpg
バスが来るまで時間があったので、近くに咲いている梅の木に来ていたメジロを撮影。
e0035757_22355844.jpg
バス停に戻ると、道路に二ホンザルがいました。
近づくと、道路から横の空地へ逃げていく。
e0035757_22361971.jpg
空き地で草を食べているもよう。
群れがいるようですが、現れたのは3匹。
e0035757_22363460.jpg
萩谷に来たのは3回目ですが、サルを見たのは2回目。
二ホンザル遭遇確率は結構高いところですね。
[PR]
by kou_shino | 2017-03-19 22:39 | 大阪府(77頁) | Comments(0)

大阪府 高槻市 粘菌林道散策

7月18日の海の日に高槻市の北部林道コースを歩きに行きました。
JR高槻駅からバスで山の中の空谷橋へ、バス停横に林道の入り口があります。

車止めのゲートを越えて林道を進むと、道沿いに獣の頭蓋骨が!
e0035757_07433809.jpg
いきなり、骨です。鹿の頭蓋骨かな?

舗装された林道ですが、湿気があり、路肩に朽ちた倒木が転がっています。
倒木を見ると、粘菌の子実体を見つけました。
e0035757_07441231.jpg
シロウツボホコリのようです。

次に見つけたのは、ウツボホコリか。
e0035757_07444191.jpg
でも、前回見つけたウツボホコリより小さい気がします。

林道は、基本一本道、でもたまに分岐があるので、迷います。

こちらの朽木には、粘菌タチフンホコリ。
e0035757_07452753.jpg
ダンゴムシがいます。何をしているのかな。

林道田能線出会いを過ぎると、展望が開ける場所に出ます。
時々見晴らしの良いところがありますが、基本同じような景色です。

こうなると朽木に粘菌・変形菌を探す散策となります。
こちらはマメホコリ。
e0035757_07465289.jpg
近くに生えていた、カサの中心部がほんのり赤いキノコ。
e0035757_07471116.jpg
何キノコ?

次に現れた大きな粘菌は、ハシラホコリの仲間か。
e0035757_07472767.jpg
胞子が出てきているもよう。

こちらは、ムラサキホコリのような感じですが…
e0035757_07474502.jpg
子嚢がくっついているように見えます。
右下の少しほぐれていますが。

別の丸太には、キウツボホコリ。
e0035757_07482076.jpg
子嚢が大きく膨らんで、フワフワしています。

白いのは、ツノホコリの仲間でしょうか。
e0035757_07484291.jpg
子実体になる途中かな。

そして、またまたいました。
小さい感じですが、これもムラサキホコリの仲間でしょうか。
e0035757_07510623.jpg
枝は、最初からあありました。
枝を巻き込んでいます。

これほど多くの粘菌を見たのは、西谷ノ森以来です。
しかし、アメーバ状態の変形体探すも、見つかりません。
一日早ければ見られたかも。

これは、変形体から子実体になろうとしているところ。
e0035757_07582077.jpg
なんか、小さなムシがいます。
粘菌を食べているのかな。

林道横に生えていた大きなキノコ。
e0035757_07584836.jpg
これは、シロテングタケでしょうか。

地獄谷峠の近くの木の幹に、ナナフシモドキがいました。
見ていると、ヘナッと木から落ちた。

落ちたナナフシモドキはフニャフニャした感じです。
あれ、死んでいたのかな。しかし突っつくと歩き出しました。
e0035757_07592595.jpg
擬態もすごいが、擬死もうまいですね。

林道を下るとやがて萩谷の集落へ。
見たことのある神社に出た、と思ったら、去年の5月に武士自然歩道から阿武山を歩いた時の出発点でした。
[PR]
by kou_shino | 2016-07-31 08:16 | 大阪府(76頁) | Comments(0)

大阪府 竜田古道 高井田から龍田大社へ

7月10日に竜田古道をあるいてきました。

竜田古道は、大阪柏原市の高井田から、竜田越奈良街道も辿りながら奈良の龍田大社へ続く道ですが、すべて舗装道路です。

歩き始めは、以前歩いた山麓史跡コースと同じで、ブドウ畑を見ながら進みます。
e0035757_17224667.jpg


分岐を東へ進み、やや湿気を感じる坂道を上ります。
道沿いの朽木に付いていた、粘菌の仲間、ウツボホコリ。
e0035757_1723463.jpg


こちらは、ベニバナボロギクの上にいたエダナナフシのオス。
e0035757_17232156.jpg


葉っぱの上にいたので、すぐに分かりました。

コンクリートの壁にいたのは、ジャノメチョウの仲間
e0035757_17235523.jpg


たぶんクロヒカゲ。
この仲間は、眼状紋が多い。

木陰の倒木には、粘菌ツノホコリが付いていました。
e0035757_172485.jpg


途中の集落で、道を間違えそうになりながらも、滝田古道の道標を見つけて下り道へ。

葉っぱに付いていたのは、キシタホソバ。
e0035757_17243355.jpg


幼虫が地衣類を食べる、コケガの仲間です。

坂道沿いに咲いていたギボウシの仲間。
e0035757_17245711.jpg


下り道が終わると、山の中に学校が見えてきました。

暑さで、少し気分がすぐれません。
水も無くなりましたが、学校が並ぶ国道へ出るも、周囲に自販機は見当たらず。

幼稚園横の、金山媛神社に寄ってみました。
金山媛神社は、日本最古の製鉄の守護神を祭るとされる古社です。
近くに金山彦神社もあるらしい。

神社の駐車場で、少し長めの休憩。
再び歩き出し、竜田古道里山公園にたどり着くと、ようやく自販機がありました。

里山公園の近くに咲いていた、ハーブのウイキョウ?
e0035757_17252013.jpg


離れたところに、シダ植物のトクサ。
e0035757_17252648.jpg


公園からの逸出植物かな。

見晴らしのよい場所に出ると、大和川が見えます。
ここから再び下り道。

道沿いに咲いていたヤナギハナガサ。
e0035757_1726246.jpg


帰化植物です。

工事中なのかよくわからない道路を下り、坂が終わると峠八幡神社へ。

近くの葉っぱで、二ホンミツバチがいました。
e0035757_17261790.jpg


口元に滴があるので、水を飲んでいるもよう。

奈良県に入ると、道標の看板が、竜田古道から龍田古道に変わります。

JR三郷駅を過ぎると龍田大社が現れます。
龍田大社の鳥居近くにあった、ツルンとした大きなキノコ。
e0035757_17264668.jpg


ツボも大きく、一瞬人工物に見えました。
テングタケの仲間でしょうか?
[PR]
by kou_shino | 2016-07-24 17:29 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 堺市 鉢ヶ峯ウォーキングコース

7月3日に、ネットで見つけた泉北のウォーキングコースを歩いてきました。

南海泉北高速鉄道の栂・美木多駅からウォーキングコースに入ります。
コースは、歩道用と自転車用に分かれ、車道と交差することなく幾つかの公園をつなぎます。

最初の公園に咲いていたハナハマセンブリ。
e0035757_18431636.jpg

ネジバナも一輪咲いていましたが、かなり小さい。

フラフラとチョウたちも飛んでいます。
こちらは、マグロヒョウモン。
e0035757_18433737.jpg


公園の少し起伏のある所へ行こうとすると、オオスズメバチが前方に現れました。
オオスズメバチがこれより先へ行くな、というような行動をする時は、すぐにその場を離れます。

オオスズメバチというと、百田尚樹著の「風の中のマリア」を読みました。
オオスズメバチのワーカー(働き蜂)の一生を擬人化して描いた小説です。

秋の終わりに、ワーカー(働きバチ)達のよる、女王バチ殺し(マトリサイド)が行われる話は知らなかったので、驚きました。「遺伝子の意志」に沿った行動とはいえ、本当にそうなのか?と思ってしまいます。

途中に果穂をつけたシナサワグルミがありました。
e0035757_18443153.jpg


草むらにカサカサ動くムクドリ。
e0035757_18444299.jpg


御池公園に生えていたキノコ。
e0035757_18445267.jpg


御池公園から先もウォーキングコースは続きますが、ここで分かれ、ハーベストの丘方面へ。
鉢ヶ峯里山と呼ばれている田畑が見えてきます。
e0035757_18451450.jpg


里山を越えると、墓地が見えてきて、広大な霊園が現れます。
霊園の看板がある所に咲いていたネジバナ。
e0035757_18452860.jpg


霊園を過ぎて、田園の中を進みます。
田園に広がる、積雲。
e0035757_18453759.jpg


ルネ・マグリッドの雲みたい。

田園を過ぎて、丘陵を下ると、櫻井神社の石塔があり、真っすぐ進むと、櫻井神社に到着します。

何故か鳥居のない神社境内に入ると、右手に堺市指定保存樹木のエノキ。
e0035757_18455287.jpg


本殿内にはたぶんクスノキ。
e0035757_1846526.jpg


拝殿左に、ムクロジ。
e0035757_18463161.jpg


櫻井神社は延喜式内社で、古い神社ですが、織田信長の根来攻めで荒廃しますが江戸時代に再建されました。

受付近くの木の上に、フウランが沢山咲いていました。
e0035757_18464433.jpg


フウランは、英名サムライオーキッドとも呼ばれますが、あまりサムライらしくありません。

櫻井神社からさらに歩いて、泉が丘駅へ。

途中、雲がウサギのように見えました。
e0035757_18465669.jpg


撮るのが遅かったのか、やや崩れてしまいました。

池がある公園の、葉っぱの裏にいたムラサキウスアメバチ。
e0035757_18472976.jpg


スタートレックのエンタープライズ号のような施設(ビックバン)が見えて来たら駅はもうすぐです。
[PR]
by kou_shino | 2016-07-13 18:51 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 高槻市原から摂津峡散策

4月2日の土曜日に高槻市の原から摂津峡を歩いてきました。

JR高槻駅からバスで原大橋で下車。
芥川上流沿いの道をぶらぶらと歩きます。

やがて、スサノオノミコトを祭神とする、八坂神社へ。
境内には地元の方が多くいて、春祭歩射神事(大蛇祭)の準備が行われていました。

境内奥にあった高槻の古木「ツブラジイ」
e0035757_00174677.jpg
幹内が朽ちていて、幹も途中で切られていますが、新たな枝も伸びていました。

拝殿前で咲いていたのは、ハクモクレンかな。
e0035757_00193859.jpg
もちろん境内のサクラも満開です。
e0035757_00211719.jpg
境内には、花崗岩をくりぬいた石槽がありました。
昔の風呂桶だったらしい。

神社を出て、歩いていると、田んぼのあぜ道にタンポポが咲いていました。
e0035757_00293657.jpg
ここのタンポポもカンサイタンポポとセイヨウタンポポが混在しているもよう。
アブラナには、モンシロチョウが舞っています。
e0035757_00295737.jpg
元々クロモンシロチョウだったのが、ややこしいのでモンシロチョウになったのだとか。
シロチョウ科の蝶の羽は、サナギの時の老廃物を色素として再利用しているらしい。

少し山手に入ると、ヤマネコノメソウの種子を乗せたさく果。
e0035757_00304219.jpg
雨が降ると種子が飛び散る、雨散布方式を採用した、ユニークな構造です。

近くに咲いていた、カテンソウの小さな花。
e0035757_00314383.jpg
小さくて見落としそうです。

原地域周辺の芥川は、釣り人が賑わうマス釣り場が多い。
なだらかな芥川も、摂津峡に入ると、古生層の固い岩で険しい渓谷となります。
e0035757_00323593.jpg
芥川の支流の白滝。
e0035757_00325107.jpg
ハイキングコースに向かうとタラの芽が。
e0035757_00333121.jpg
途中で道を間違えて住宅地に出てしまい、困っているとバスが来たので帰りました。

[PR]
by kou_shino | 2016-04-18 00:36 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 万代池から住吉大社へ

2月7日に大阪の万代池から住吉大社を歩いてきました。

南海高野線の帝塚山駅で下車、西には帝塚山古墳があります。
東へ少し歩き、路面電車が走る道路を渡ると、周囲700mの万代池を囲む、住宅街の静かな公園へ。

池の真ん中に小さな島があり、アオサギやカモの姿が見られます。
カラスも多い。

池のほとりで遊ぶスズメ。
e0035757_00330066.jpg
ヒドリガモの群れもいました。
e0035757_00331554.jpg
小魚を食べるシロサギ。
e0035757_00332608.jpg
島の近くで水が跳ねる音がするので、魚が跳ねているのかな、と見ていると。
カワセミがダイビングしていました。
e0035757_00334639.jpg
久しぶりに見るカワセミ。
e0035757_00340611.jpg
距離があるので、小さな姿しか撮れません。

池を半周して、再び路面電車の道路を南西へウロウロ。
やがて生根神社へ。

境内に生えていたモチノキ。
e0035757_00342961.jpg
樹齢500年以上、幹周り2.40m、高さ12.5m、大阪市名木指定。

本殿の裏側に、御神木のクスノキがありました。
e0035757_00344418.jpg
生根神社から、南に歩くと、すぐに住吉大社へ。

境内入り口部分に細長い池があり、豊臣秀吉の側室・淀殿の寄進とされる反橋(太鼓橋)が架かっています。
昔は、住吉大社の近くまで海岸線があり、本殿と対岸の入り江を結ぶ橋だったらしい。

住吉大社前の海岸風景は美しかったようで、日本の原風景「白砂青松」の絵模様を「住吉模様」というらしい。

入り江の名残とされる細長い池の横には、3本の古そうなクスノキがあります。
太鼓橋近くの、クスノキ。
e0035757_00352117.jpg
ほとんど枯れ木のようですが、表皮が少し残っていて、そこから伸びる枝には葉が付いています。

左側のクスノキ。
e0035757_00353911.jpg
元々巨樹だったようですが、主幹部が損失し、表皮部で生き残っている感じ。

右側のクスノキ。
e0035757_00355779.jpg
コケやシダ類をたくさん付けていました。

住吉大社は人が多く、皆さん並んで神様に拝礼しておられます。
神輿の周りを取り囲む人々も。

にぎやかな境内を抜けて、五大力の小石を探している人たちの後ろを通り、境内の裏側に進むと、さらに大きなクスノキが現れました。
楠珺社(なんくんしゃ)の御神木、千年楠です。
e0035757_00362144.jpg
樹齢約1000年、幹周9.8m、樹高18.5m。
e0035757_00364256.jpg
何本かの長いポールが、広がった枝を支えています。

拝殿の前に回ると、こちらのも大きなクスノキが。
夫婦楠。
e0035757_00370003.jpg
樹齢約800年、幹周7.9m、樹高19.5m。
こちらも赤い幟がたくさん並んで、大きな幹が見えづらい。

一度、「おもかる石」を見るために、境内を出ます。
出る途中の池にいた、障子前の松にアオサギ。
e0035757_00371554.jpg
おもかる石は、一度石を持ち上げた後、願掛けをし、再び持ち上げます、軽く感じれば「可」、重く感じれば「否」なのですが。
重さは変わらなかった気がします。
[PR]
by kou_shino | 2016-02-22 00:39 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 近つ飛鳥風土の丘から弘川寺へ

10月4日の日曜日に、大阪南部の近つ飛鳥ふるさとの丘から弘川寺まで歩いてきました。
しかし約1ヶ月程、この時の内容をブログに載せる事が出来ませんでした。

理由は、この2日後に交通事故に遭い、救急車で病院に運ばれる事態となったからです。
骨折はしませんでしたが、あちこちに痛みが残り、出かけるのはしばらく控える事にしました。

もう少ししたら、またカメラを持って出かけることが出来ると思います。

さて、気持ちを切り替えて。

近つ飛鳥風土の丘は、古墳時代の古墳が102基もある古墳群を中心とした史跡公園で、40基の古墳が見学できるもよう。
飛鳥という地名は、大阪の河内飛鳥と奈良の飛鳥の二つあり、難波宮から近い河内飛鳥を「近つ飛鳥」、遠い奈良の飛鳥を「遠つ飛鳥」と呼ぶらしい。

丘を登ると、古墳の石室近くにヒヨドリバナが咲いていました。
e0035757_20173363.jpg
後に写っている大きな石は石室の蓋石です。

展望台を過ぎると、小さな出口があり、高貴寺へと続く尾根道へ入ります。
尾根道にいたカタツムリ。
e0035757_20180681.jpg
殻の入り口部分に穴が開いていますが、これはたぶん呼吸するための気門です。
大型で、貝殻がまだら模様、調べてみましたが、種類は不明。
コベソマイマイかな?

山道にはドングリがたくさん落ちていて、まとまって落ちている事があります。
まるで、誰かが集めたみたいに。

何ヶ所か集まっているので、雨で流されてまとまったのかな?と思いましたが、ゴルフ場が見える尾根に大量のドングリが。
e0035757_20184302.jpg
クヌギやシバグリ等何種類かのドングリたくさんあります。
人が集めたとしか思えませんね。

尾根道沿いにいたヤドリバエの仲間。
e0035757_20190381.jpg
通常、昆虫の翅は4枚ですが、ハエの仲間は、後翅が退化して2枚しかありません。
しかし、このヤドリバエの仲間は、白い翅があり、4枚翅があるように見えます。
この白い翅のようなモノは胸弁といい、後翅の基部が変化したモノらしい。

このヤドリバエの仲間、他のブログでも何件か紹介されているのに、和名はまだついていないもよう。

尾根道をしばらく歩いている分岐があり、右に進むと平石城跡があります。
この地の豪族平岩茂直が、楠木正成の赤坂挙兵に応じて築いた城との事。

再び山道に戻り、山道を進むと磐船神社へ。
鳥居の前にも獣よけの電気柵が張られていました。

境内の横に生えていた大きな木。
e0035757_20195575.jpg
たぶんコナラの仲間では。

神社からさらに進み、線香の匂いがしてきたら、役行者の開基といわれる高貴寺へ。
寺の前に、木の柵で囲われた所があり、中にヒツジやヤギがいました。
e0035757_20201940.jpg
お寺が飼っているのかな。

お寺の前から舗装道路となり、集落を抜けて「河内ふるさとのみち」を歩きます。

田んぼの横を歩くと、アカトンボが多く飛んでいます。
田んぼの柵の止まるアカトンボ。
e0035757_20203798.jpg
アキアカネでしょうか。

10月21日の新聞に、最近農薬の影響でアキアカネが激減している、という記事がありました。
大阪を中心に7府県がレッドリストに載せているらしい。

田んぼ沿いの道横に生えていた、エビズルか?
e0035757_20214273.jpg
少し歩くと、笹に巻きついているカニクサを見つけました。
e0035757_20220860.jpg
カニクサはシダ類の仲間で、シダ類では珍しくツル植物です。
シダの中では変わった個性を持っていますが、カニクサ自体は珍しいシダ植物ではありません。
よく見かけます、というか、我が家の庭にも雑草として普通に生えています。

いきなり飛んできたのは、カマドウマの仲間、ハヤシウマか。
e0035757_20231013.jpg
道沿いにクジャクシダの姿も多い。
e0035757_20232979.jpg
関西でも見かけるクジャクシダは、秋田県が一番多く自生しているらしい。
クジャクシダの中には、赤い新芽が出ることもあるという。
e0035757_20235183.jpg
近くの朽ち木には、粘菌の仲間エダナシツノホコリ。
e0035757_20240506.jpg
小さなニョロニョロ達です。

貝殻に毛が生えたカタツムリ、オオケマイマイもいました。
e0035757_20241721.jpg
再び集落横を通り、磐船神社(分社)へ。
ここの狛犬は金属製で、猟犬のボクサーっぽいスタイルでした。

神社から細い道を下ると、車道に出ます。

車道をトボトボ歩いて、ようやく終点の弘川寺に到着。
西行法師終焉の地です。

「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」

西行が詠んだ歌の通り、桜が咲く頃に弘川寺で入滅したらしい。

再び入り口に戻ると、弘川寺の石碑がなんかおかしい。
史跡の「跡」と弘川寺の「弘」に何か詰まっています。
e0035757_20251040.jpg
何だろう、よく見てみると、
e0035757_20252485.jpg
なんと、アマガエルでした。
色まで石に溶け込んでいますよ。
[PR]
by kou_shino | 2015-11-03 20:35 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 武士自然歩道 ウサギ追いし阿武山

5月17日の日曜日に、大阪府の武士自然歩道を歩いてきました。

JR摂津富田からバスで萩谷へ。
バス停から少し進んで、諏訪神社へ寄道します。

信州諏訪一族の畿内活動拠点の一つで、諏訪一族の氏神らしい。
前回の川久保にも諏訪神社がありましたが、同じ系統の神社でしょう。

鳥居横に並ぶ、カゴノキ・スギ・モミノキ
カゴノキと、スギは高槻の古木百選に選ばれています。

カゴノキ。
e0035757_184513100.jpg


樹高16m、目通り幹周り2m40cm。

スギ。
e0035757_18454383.jpg


樹高30m、目通り周り4m。

小さな境内には、土俵があり、12月に奉納相撲が行われるもよう。

神社の裏で、かわいい女の子の姉妹がいました。
姉妹と一緒にいたニャンコ。
e0035757_18455698.jpg


再びバス停まで戻り、武士自然歩道に入る道を探します。
道端のイタドリの葉にいた、カシルリオトシブミのペア。
e0035757_18461797.jpg


小さな体で、器用に葉を切っていました。

東海自然歩道の細い道に入ってすぐの所にいた、ホソオビヒゲナガ。
e0035757_18462811.jpg


触覚がやたらと長いオスです。

近くにいた、ヤマトシリアゲ。
e0035757_18465273.jpg


春型のオスです。

デーニッツハエトリのメスが。小さな虫を捕らえていました。
e0035757_18464434.jpg


デーニッツハエトリのデーニッツは、明治時代に日本に11年間滞在していた、ドイツ人医師でクモ学者のヴィルヘルム・デーニッツからきています。

東海自然歩道を進むと、やがて武士自然歩道との分岐に出会います。
ここから、武士自然歩道を進みます。

途中に咲いていたエゴノキの花。
e0035757_18471128.jpg


ハルゼミが鳴く武士自然歩道を歩いていると、大きな洞がある台場クヌギが何本か見られます。
e0035757_18472437.jpg


かっては、炭を作っていた里山だったのでしょうか。

自然歩道をどんどん進んでいくとやがて車道に出ます。
朝バスで通った、車道です。

車道をさらに進み、阿武山口のバス停がある所から、大型ダンプの為に作られたような幅の広い道へ。

入り口付近に咲いていた、ノイバラの花?にいたアカガネハムシダマシ。
e0035757_18474126.jpg


山を切り崩して作られた、だだっ広い造成現場の横を歩いていると、本当にこんな所に入り込んでよいのだろうか?と、不安に感じます。
誰もいない造成現場を、すごく不安に思いながら進んでいくと、突き当たりに自然歩道が現れたのでホットしました。

自然歩道を進んでいくと、やがて阿武山山頂へ。
山頂は整備されていて、モンキアゲハが飛んでいました。

山頂から少し進むと、御神木と書かれた、大きなエノキがあります。

これは、一本の木なのでしょうか。
周辺には、エノキの大きな木が複数生えていますが、このエノキはかなり複雑な姿をしています。
e0035757_18475658.jpg


御神木のエノキから進もうとしたところ、前方にうごめいている動物がいる!
ニホンノウサギです。
e0035757_1848827.jpg


山でノウサギを見たことは、何度かありますが、このブログを始めてからは初めてです。
e0035757_18481914.jpg


しばらくじっとして動きませんでしたが、ゆっくりと近づくと、モソモソ藪の中へ。
追いかけたら、不思議も国にいけるような気がしました。

山道を下ると、やがて阿武山古墳へ。
阿武山古墳は、藤原鎌足の墓ではないか、という説があります。

阿武山古墳から安威方面へ出る予定でしたが、奈佐原へ方面へ出てしまいました。
奈佐原の住宅地にいた、アリハエトリ。
e0035757_18483657.jpg


相変わらずの大きなアゴです。
葉にいる様子は、クロオオアリそっくりです。

バス停を目指して町中を歩いていると、ギャ、ギャ、ギャーとまるで動物園のような鳴き声が聞こえてきました。
どうやら八幡神社横の小さな森の上から聞こえてくるようす。

しかし、下からはよく見えません。
しばらく見ていると、大きな鳥が見えました。
e0035757_18485216.jpg


ダイサギでしょうか。
ダイサギのコロニーですね。

コロニーの様子を見ることは、ドローンでもない限り無理です。
最近何かと話題のドローンですが、野鳥を撮る人もきっと増えるんでしょうね。
[PR]
by kou_shino | 2015-05-23 18:51 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 恩智神社から信貴山朝護孫子寺へ

今年になってから、ちょっと面白いTV番組を見つけました。
もう、数年前から放送しているようなので、ご存知の方もいられるかも知れません。

それは、NHK Eテレで放送している「大科学実験」です。

「誰もが当たり前だと思っている自然の法則や科学の知識、でもそれは本当なのでしょうか。
答えは、やってみなくちゃわからない、大科学実験で」
という細野晴臣氏のナレーションで始まる科学番組。

毎回、シンプルな基礎科学を、大掛かりな実験でおこない、思わず見入ってしまいます。、
さすがNHK、10分の番組なのに、手間とお金がかかっていますねぇ、と思う今日この頃。

4月18日の土曜日に、恩智神社から信貴山へ至る恩智越えルートを歩いてきました。

恩智神社は、去年、大阪府側の山麓沿いに歩いた時、立ち寄った神社。
今回は、大阪府から奈良県へ、山越えのコースです。

近鉄恩智駅で降りて、山が見える恩智神社方面へ向かって歩き始めます。
駅前にいた、野良ニャンコ。
e0035757_22082774.jpg
途中、天王の森と呼ばれる広場がありました。
恩智神社の旧社地跡で、広場の真ん中に、牛頭天王を祀った祇園社の祠があります。

祇園社の後ろに生えていた、八尾市指定保全樹木のムクノキ。
e0035757_22085626.jpg
幹周りは約3.6m。

周囲には、同じくらいの幹周りを持つ、クスノキも何本かありました。
e0035757_22092521.jpg
さらに進むと、恩智神社の一の鳥居。
鳥居近くの道路に、ちょっと邪魔じゃない、と思える所に大きな石が突き出ています。
e0035757_22100579.jpg
車が激突しても破損しないように、鉄のガードパイプで囲まれています。
なんでしょう、この石は。

調べてみると、元々、恩智城の見付石との事で、現在は目ナシ地蔵として祀られているモヨウ。
たまに見かける、路上鎮座物件の一つですね。

そして去年、山沿いを南北に散策した折立ち寄った恩智神社へ。
周辺の桜はすでに散り終わった後ですが、神社の境内に八重桜が咲いていました。
e0035757_22113862.jpg
左近の桜、との名前。

神社横の舗装道路から坂道を上っていくと、道はいつしか山道に。

山道沿いには、ウラシマソウがたくさん咲いていました。
e0035757_22115980.jpg
4月に入っても雨の日が続いたのですが、この日はよく晴れてとても暖かい。
小さな虫たちも活発に活動し始めたようで、小バエがとても多く、煩いくらいです。

コケの中で歩き回るアリ。
e0035757_22121648.jpg
中には、小バエを引きずっているアリもいました。
岩場には、ジンガサゴケが生えています。
e0035757_22123383.jpg
道沿いには、カンサイタンポポ、ムラサキケマン、ヒメオドリコソウ、クサイチゴ等の花も咲いています。

山道を歩いていると、突然マンホールが出現しました。
e0035757_22132628.jpg
なぜ?こんな山の中にマンホール?
マンホールには、電電公社のマークがありました。

大阪環状自然歩道との分岐を越え、奈良県側に入ります。

高安山霊園の横を進むと車道に出てると、信貴山のどか村に訪れる車で、急ににぎやかになります。
のどか村の横を進み、信貴山朝護孫子寺方面へ。

このコースでは、カンサイタンポポをよく見かけました。
峠付近の一部だけ、何故かセイヨウタンポポ。

雨降りが多かった後の晴れた日だったので、カンサイタンポポに、いろんな昆虫が集まっています。
e0035757_22155445.jpg
右下は、タンポポに寄って来た昆虫を捕獲しょうと、潜んでいるカニグモ。

たくさん咲いているカンサイタンポポを見ていると、妙なタンポポが目に留まりました。
ん?このタンポポ何か変。双頭のタンポポ?
e0035757_22163277.jpg
茎の径は丸ではなくて、扁平で通常よりやや大きい。

これは、「帯化現象」と呼ばれる植物の奇形で、通常もっと多くの花がくっ付いた感じで巨大化します。
以前、ガーベラの帯化現象を見たことがありますが、5本以上の花がくっ付いたようになっていました。

ガクの部分を見ると、2つのタンポポの花がくっ付いているのがよくわかります。
e0035757_22171410.jpg
帯化タンポポは、関西では少ないらしく、初めて見ました。

信貴生駒スカイラインの料金所を横切り開運橋を渡って信貴山朝護孫子寺へ。

信貴山は、
「聖徳太子が物部氏討伐を祈願し、寅年、寅日、寅の刻に現れた毘沙門天から、必勝の秘法を授り、討伐に成功したことから、「信ずべき山、貴ぶべき山」信貴山と名づけられた」
という伝承があり、その後お寺が建てられ、寅の寺として賑わっている、との事。

虎のご加護があるとして、阪神タイガースの選手も必勝祈願にくる事があるらしい。
毘沙門天王総本山の本堂に向かって吼えるかのような、巨大な張子の虎が、出迎えてくれます。
e0035757_22180587.jpg
信貴山朝護孫子寺といえば、国宝「信貴山縁起絵巻」が有名。
「鳥獣戯画」とならんで、日本の漫画のルーツといわれています。
境内にある霊宝館でそのレプリカが有料で見られるもよう。

境内は広く、通路が四方に延びているので、迷いそうです。
ウロウロと境内を歩いていたら、巨樹を祀った「かやの木稲荷」がありました。
e0035757_22194704.jpg
樹齢1500年、幹周り4.02m、樹高24m。
蘇我氏と物部氏が権力争いをしていた時代に発芽した御神木。

そのすぐ横にある、千手の公孫樹(いちょう)
e0035757_22201599.jpg
樹齢500年

案内板によると、
「枝振りが千手観音の手に似て、又ギンナンの形が仏の合掌される両手に似ているところから、千手の公孫樹、仏手白果と名づけられた。
中国産の品種で、日本では宮崎県高千穂の岩戸神社の境内にある一本だけとされていたが、昭和五十八年七月学者により偶然発見された。
日本で二本目の極めて珍しい巨木である」
と書かれています。

仁王門の手前にある猪上神社にいたニャンコ。
e0035757_22224853.jpg
仁王門をくぐり、信貴山バス停から、ケーブルカー跡の千本桜並木道を下ります。
廃線になったケーブル跡なので、まっすぐ一直線に700mを下る道。
桜はすべて散った後でした。

途中に生えていたチャセンシダ。
e0035757_22240907.jpg
並木道から車道に出て、住宅地をさらに下れば、信貴山下駅へ。
ケーブルは、元々信貴山下駅まで、1.7キロあったらしい。
[PR]
by kou_shino | 2015-04-24 22:37 | 大阪府(75頁) | Comments(0)

大阪府 五月山ハイキングと動物園

何気なく見ていたTV番組で、大阪府にある五月山動物園のウォンバットの映像が流れていました。
ウォンバットだけでなく、動物園で飼われている他の動物の映像もあり、その中に気になる動物の姿が。

う~ん、コレは見たいなぁ。写真にも撮りたい。
で、ちょっと行ってみるか、と五月山ハイキングコースの散策をかねて、10月18日に池田の五月山へ行ってきました。

阪急池田駅から、トロトロ歩いて、先ずは伊居太神社へ。
伊居太と書いて、「いけだ」と読みます。

伊居太神社は、延喜式内社で由緒はかなり古い。
現在の社殿は、織田信長に焼失された後、豊臣秀頼に再建されたものとの事。

境内に枝を伸ばす、御神木のクスノキ。
e0035757_00491127.jpg
反対側から見ると、雰囲気がかわります。
e0035757_00493042.jpg
社殿前にいたムラサキシジミ。
e0035757_00495489.jpg
神社の隣が動物園ですが、動物園は最後に寄ることにして、五月山ハイキングコースへ。
コースは幾つかありますが、今回は杉ケ谷コースから登ります。

里山の雰囲気を残す山道に入ると、クヌギの樹液の匂いがします。
近くのクヌギを見てみると、スズメバチがたくさんいる!
e0035757_00502903.jpg
これは、ちょっと近づけません。

笹に絡みつく、ツル植物にブドウのような実が。
e0035757_00505571.jpg
これもアオツヅラフジかな。

谷筋を登ると、いろいろなシダ植物が生えています。
よく見ると、ここにもシダの前葉体がありました。
e0035757_00511941.jpg
大きなエノキを過ぎると、やがて尾根沿いを通る「自然とのふれあいコース」に合流。
e0035757_00525604.jpg
展望台付近に咲いていたヨシノアザミ。
e0035757_00531111.jpg
帰りは、自然とふれあいのコースを進み、五月山動物園へ下山。
下山道に咲いていた、コウヤボウキ。
e0035757_00532618.jpg
山道が終わると、すぐに動物園の入り口へ。

五月山動物園は、無料の小さな動物園なので、動物の種類はとっても少ないです。
ウォンバット、アルパカ、ワラビー、エミュー等がいます。

かわいいウォンバットはお休み中で、写真が撮れません。
こちらはポニー。
e0035757_00535453.jpg
そして、TVで見た気になる動物が、このヒツジ。
ツノが凄く立派だと思いませんか。
e0035757_00541193.jpg
今まで見たヒツジのほとんどは、ツノが無い種類で、こんな立派な螺旋系のツノを持ったヒツジを生で見るのは初めて。
e0035757_01120283.jpg
気になった理由は、来年の干支が羊だから。
2015年の元旦の写真は、このヒツジに決定です。
[PR]
by kou_shino | 2014-10-25 01:16 | 大阪府(75頁) | Comments(0)


主に関西の自然を散策しながら、出会った生き物や風景の写真と、ファーブルフォトで撮った顕微鏡写真のアルバムです。


by kou_shino

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ

全体
ファーブルフォト(107頁)
小笠原(16頁)
山梨県(4頁)
石川県(4頁)
愛知県(6頁)
岐阜県(2頁)
三重県(12頁)
滋賀県(74頁)
京都府(92頁)
京都西山(20頁)
奈良県(55頁)
大阪府(77頁)
兵庫県(69頁)
和歌山県(9頁)
岡山県(2頁)
京都一周トレイル(8頁)
おおさか環状自然歩道(25頁)
琵琶湖一周(18頁)
伊勢街道(6頁)
東海自然歩道(2頁)
猫(8頁)
花札(8頁)
干支(11頁)
その他(9頁)

タグ

(225)
(193)
(176)
(142)
(107)
(87)
(83)
(83)
(70)
(68)
(67)
(48)
(47)
(41)
(35)
(34)
(29)
(24)
(14)
(6)

最新の記事

大阪府 高槻 里山・古道コース
at 2017-03-19 22:39
今まで出会った猫たち8
at 2017-02-21 22:35
今まで出会った猫たち7
at 2017-01-09 21:46
2017年 酉 トリ
at 2017-01-01 00:27
今まで出会った猫たち6
at 2016-12-25 23:40

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
人気blogランキングへ

*****リンク*****
写真家 米美知子

日の出日の入り
巨大動物図鑑
翡翠との出会い
さんちゃんのぶらっと関西

大阪市立自然史博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

骨董品買取・古美術やかた

■ニコン・ファーブルフォト■
ファーブルフォト入門
ファーブルフォト活用術

-----------------------
掲載写真の無断使用はお断り致します。著作権放棄していません。
-----------------------
リンクはフリーです。
報告なしでもOK。

記事ランキング

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
晴れ時々?日記
水・水・水 No.2
♪一枚のphotograph♪
ライフノート
SOLO*WALKER
銀色のピストルで
葦と棚田と自転車と、それ...

外部リンク

最新のコメント

TGokuraku-TO..
by kou_shino at 20:24
こんにちは。はじめまして..
by TGokuraku-TOMBO at 18:41
白い塊を背負った虫はクサ..
by Z at 18:43
恵美子 さま ハエトリ..
by kou_shino at 17:52
(((o(*゚▽゚*)o..
by 恵美子 at 07:09
TAKA さま 水..
by kou_shino at 00:56
こんばんは。 ご返..
by TAKA at 22:54
TAKA さま はじめ..
by kou_shino at 19:14
はじめまして。 今..
by TAKA at 00:32
まーしーてんしん さま ..
by kou_shino at 20:43

最新のトラックバック

ガメラ:13年2月第二週..
from ガメラ医師のBlog
たま駅長 ブログ
from インフルエンザに注意
【報告】沖島の祭り「サン..
from 「近江八幡お茶の間ランド」に..
なぜ「更新されたお気に入..
from ちいさいのに出会いました
ニイニイゼミ
from Heliograph(太陽の..
名前で動物占い
from 占い・相談のご案内
滋賀 県立 大学 健康 ..
from 滋賀 県立 大学 健康 診断..
コゲラ
from 浪日記
国指定天然記念物 深泥池
from VR Podcast 京都 ..
登山とウォーキング体験
from フィットネス器具で、魅せるカ..

ライフログ


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん


粘菌―驚くべき生命力の謎


冬虫夏草ハンドブック


コケのふしぎ なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは? (サイエンス・アイ新書)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)


オトシブミハンドブック


カビ図鑑―野外で探す微生物の不思議


田んぼの生き物図鑑


クマムシ?!―小さな怪物


野鳥の羽ハンドブック


僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)


巨大津波は生態系をどう変えたか―生きものたちの東日本大震災 (ブルーバックス)


栗林慧全仕事―独創的カメラでとらえた驚異の自然


ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)


クジラ・イルカ大百科


自然紀行 日本の天然記念物

ファン

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

画像一覧